予約 TOPへ戻る

自宅でできる正しいブラッシング方法

アニホック往診専門動物病院

自宅でできる正しいブラッシング方法

犬がブラッシングを嫌がるのは、犬にとって自然なことです。なぜかというと、ブラッシングは犬が本来慣れ親しんでいる行動ではないからです。犬がブラッシングを受け入れられる状態をつくり、犬が嫌がらない楽しいブラッシングを目指しましょう!

なぜ、犬にはブラッシングが必要なのか

ブラッシングをすることで、毛が抜け落ちることを防ぎ、被毛が毛玉になることを防ぎます。また、皮膚の角質が剥がれることで発生するフケも除去でき、ノミやダニの予防になったりするので、皮膚病の予防にも繋がります。

また、愛犬の毎日のケアとしてしなければならないことの一つと認識し飼い主さん自身の習慣にもできればベストです。

犬には換毛期があり、春には夏に向けて毛量を減らしたり、秋には冬に備えて毛量を増やしたりするため、抜け毛が多くなります。 犬に抜け毛が付いたままでは、不衛生であるだけでなく、新陳代謝が妨げられたり、体温調節がしづらかったり、蒸れてしまって皮膚炎を起こしたりすることもあるので、換毛期には特に念入りにブラッシングを行いましょう!

ブラッシングの道具の種類

〇スリッカーブラシ

短毛種のアンダーコート(下毛)を除去、毛玉をほぐすときに使用します。先がとがっているので、ブラッシングするときには、気を付けましょう。持ち方は、鉛筆を持つような持ち方で、軽くとかしてください。

〇ピンブラシ

先の丸まったピンがたくさんついているものです。スリッカーブラシよりも被毛を傷めずにブラッシングできます。

〇アンダーコート除去ブラシ

ダブルコート(1つの毛根に毛が二本生えている)の犬種に使用し、アンダーコートを除去するためのものです。換毛期にたくさん抜けるので、その時に使用すると、たくさんの抜け毛が落ちることを防ぐことができるでしょう。

〇ラバーブラシ

テリア犬種のような毛をもっている犬種に使用します。切れ毛や、毛を除去しすぎるのを防ぐことができます。マッサージ効果もあるので、血行促進にもなります。

〇オイルブラシ

飾り気のある犬種に、ラッピングやつやだしに使用します。

ブラッシングを行うタイミングはいつがいい?

基本的にはいつでもいいですが、散歩に行く人は、散歩の後がオススメです。 散歩で付いた汚れも落とせるし、散歩で付いてしまったノミやダニなどに気づくこともできるからです。 散歩後の習慣としてブラッシングをしてあげるといいでしょう。

ブラッシングの頻度はどれくらい?

基本的には1日1回ブラッシングをしてあげましょう。飼い主さんと犬とのコミュニケーションの時間でもありますし、毎日ブラッシングすることで毛玉などを予防することもできます。

ブラッシングの順番は、どこから始めるの?

ブラッシングは、デリケートな箇所を最後に行うようにするのが基本です。 胴体→首・胸→お腹→頭→手足といった順番です。

愛犬のブラッシングは、楽しみながら続けましょう!!

ブラッシングでは、決して無理強いをしてはいけません。 「ブラッシングで痛い思いをした」、「毛玉がありブラッシングで長時間拘束された」などの不快な経験をして、ブラッシングを嫌がるわんちゃんもいます!最初から完璧を目指さず、犬の状態を整えて、犬の様子を観察しながらゆっくり進めることが、楽しいブラッシングへの近道です。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院