予約 TOPへ戻る

夏に注意すること

アニホック往診専門動物病院

夏に注意すること

1. 夏バテ

夏バテは、熱中症や脱水を引き起こす可能性があり大変危険です。しかし、しっかり対策をすることで、高確率で防ぐことができます。原因を把握し、嘔吐や下痢など夏バテの症状を理解したうえで予防をしましょう。

夏バテの原因とは

日本は高温多湿な気候の国なので、犬にとっては厳しい時期となります。人間は汗をかき体温調整をすることができますが、犬は汗腺が肉球にしかなく、体温調整があまり得意ではありません。特に長毛種や短頭種の犬は暑さに弱いので注意が必要となります。
日本は高温多湿な気候の国なので、犬にとっては厳しい時期です。人間は汗をかき体温調整をすることができますが、犬は汗腺が肉球にしかなく、体温調整があまり得意ではありません。特に長毛種や短頭種の犬は暑さに弱いので注意が必要です。

水分補給

まず、何より注意したいのが「水分補給」です。老犬になると若い頃に比べて、体の水分量が減ってしまうため、積極的に水分補給を心掛けてあげる必要があります。特に、ドライフードを主食にしている犬、猫は、食事に含まれる水分量が少ないので、積極的に水分を補給させる方法をとる必要があります。ただ、氷水など冷たすぎる水はお勧めできません。腸を冷やすことは免疫力を低下させてしまいます。常温の水をいつでも飲めるようにしてあげましょう。

温度調整

温度調整にも配慮が必要です。ただ、暑いからと1日中、エアコンが効きすぎた部屋にいると、クーラー病のようにホルモンバランスを崩し、逆に体調を崩しかねません。冷えは、免疫力を低下させてしまいます。
出来る限り、エアコンの冷気がとどまらないよう、サーキュレーターなどで空気を循環させたり、適度に体を動かせてあげたりと冷え過ぎにも注意をしてあげてください。

2. 肉球やけど

夏場はアスファルトの上は60度もの高温になります。60度というのは、フライパンに卵を落として白身が固まるくらいの熱さです。犬用の靴は肉球の火傷防止だけでなく、災害時やシニア犬の踏ん張るときのサポート、ナックリング(加齢や病気によって足を引きずるように歩いてしまう)によるケガの防止など、さまざまなシーンで利用することができます。

3. 食中毒から守るために

犬は人間と違い、食中毒に強いと言われていますが、細菌、ウイルス、カビに汚染されたフードを食べる事で、それらの病原菌が腸内で異常繁殖を起こし、慢性的に下痢が続いてしまう事があります。

フードの管理方法

梅雨の時期から夏にかけては、特に気温が温かく湿気も多くなるため、食中毒は年中起こる可能性があります。湿気の多い環境に放置しておくと、カビが生えることもあるので、フードの管理方法には気をつけなければなりません。

ドライフードの場合

フードは開封すると確実に酸化が進んでいくので、大袋ではなく小袋の製品を選ぶと安全です。なるべく30日以内に食べきれる量をこまめに購入し、その都度使い切るのが理想的です。

ウェットフードの場合

蓋を開けた缶のウェットフードは、保存容器などに移して必ず冷蔵庫に入れ、すぐに使い切るようにしましょう。

4. 皮膚病

日本は梅雨から夏にかけて湿度と気温が高くなるため、 細菌や真菌が増えやすい環境になります。 犬猫ともに春から夏にかけて皮膚病が急増します。 皮膚病は原因によっていくつかに分類されます。

細菌性皮膚炎

ブドウ球菌や大腸菌などが皮膚の表面で増えることによって発症します。 白や黄色のカサブタ状のものが毛の根元に出てカサブタと一緒に毛が抜けることがあります。

真菌性皮膚炎

糸状菌やマラセチアというカビの一種が原因になることが多いです。 皮膚糸状菌症では円形に脱毛が広がっていくのが特徴です。 糸状菌は人間にも感染する可能性があります。 マラセチア性皮膚炎は皮脂の多い犬種で特になりやすく、 独特の脂臭い匂いがします。

外耳炎

細菌やマラセチアが増えることによって黄色や茶色の耳垢が増えたリ、 耳の中が赤くなってかゆみがでたりします。 耳を掻く仕草や、 頭を振る動作を多くしたら要注意です。 特にタレ耳の犬種や猫種での発生が多いです。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院