予約 TOPへ戻る

わんちゃんにとって危ないおもちゃとは?

アニホック往診専門動物病院

わんちゃんにとって危ないおもちゃとは?

わんちゃんにとっておもちゃは、「狩りをしたい」という本能的な欲求を満たしてくれるものです。
正しく使えば、
・追う
・捕まえる
・振り回す
・噛む
といった欲求を満たすことができるので、ストレスの発散はもちろんのこと、運動不足の解消や退屈しのぎにもなります。

一方で、適さないものを与えたり、間違った使い方をしてしまうと、命に関わる大事故にもなりかねません。わんちゃんにとって、どんなおもちゃが危険なのか、その理由と共に理解しておきましょう。

1.口にすっぽり入るサイズのおもちゃ(ボールなど)

わんちゃんが丸ごと呑み込んでしまうことがあるため(誤飲)、口にくわえた際に、全体が口の中にすっぽり入る大きさのものは絶対にやめましょう。
個人的には、想定した大きさよりプラスαの気持ちで、と感じています。というのも、わんちゃんがおもちゃをくわえているときは、かなり興奮していることが多く、 私たちの想像を超えたことをしてしまう場合があるからです。
かといって、あまり大きすぎても上手に遊べませんので、
・くわえたときに口の両端からはみ出るサイズ
・くわえて運べるぐらいの大きさ
ぐらいのものが安心だと思います。

~事故の一例~

「健康診断で、たまたま胃の中にボールが見つかったわんちゃん」

飼い主も気がつかないうちに呑み込んでしまっていたようです。しかも数年経過していたとのことで、無症状だったのは不幸中の幸いだったのかもしれません。

「スーパーボールを吞み込んでしまったわんちゃん」

一緒に遊んでいたときに吞み込んでしまったとのこと。全身麻酔下での内視鏡でスーパーボールを取り出しました。

「子供のおもちゃを丸呑みしてしまった小型のわんちゃん」

お子さんと取り合いの遊びをしているうちに、丸ごと呑み込んでしまったとのこと。 私たちの想定を超える大きさでも吞んでしまうことがあるのだなと実感した一例です。

2,わんちゃん用ではないおもちゃ

飼い主の持ち物(ぬいぐるみや子供用おもちゃなど)をわんちゃんのおもちゃにすることは避けましょう。
わんちゃん用として作られているものの多くは、わんちゃんの安全性を重視し、耐久性などにも優れているものが多いと思います。
一方で、人の物は人のために作られたものであり、わんちゃんが力強く噛んだり、振り回したり、破壊することを想定して作られてはいません。そのため、わんちゃんが遊んでいるうちに、思わぬ形で体の中に入ってしまったり、傷つけてしまうことがあるのです。
身近にあり、大好きな飼い主さんの匂いもついていたりして、ついついわんちゃんのおもちゃとして使われがちですが、きちんと危険性を理解しておきましょう。

~事故の一例~

「飼い主のぬいぐるみを破壊して、下痢が続いたわんちゃん」

大好きな飼い主の匂いがするぬいぐるみで一人遊んでいたようですが、縫い目から破壊し、中綿も食べてしまいました。 ぬいぐるみに付いていた部品も呑み込んでしまったようで、便と一緒に出てきました。

3,硬すぎるおもちゃ

おもちゃ(おやつ)の硬さにも注意しましょう。その子にとって硬すぎるものは、歯を傷つけてしまうことがあります。手で曲げるなどして硬さを確認しましょう。 体型や年齢なども考慮してあげてくださいね。

~事故の一例~

「ひづめを噛んでいて歯が折れてしまったわんちゃん」

上の奥歯が折れてしまっていました。幸い時間もたっており、痛みなどもなかったようですが、もし歯の神経が出ていたらと痛みも強く、感染を起こしていたかもしれません。(この子はその後、抜歯となりました)

4,壊れやすいおもちゃ

安全に遊んでもらうために、壊れにくく、出来るだけシンプルなものを選んであげましょう。

・壊れてしまった場合に角が鋭利になるもの(木製やプラスチック製のもの)
→わんちゃんを傷つけてしまうことがあります。(食道に穴があいてしまうこともあります)

・取れやすい部品が付いていたり、切れやすくほつれやすいもの(ロープ状のものなど)
→呑みこんでしまうことがあります。(腸重積といって、緊急事態になることもあります)

~事故の一例~

おもちゃではないのですが、驚いた一例です。大きなジャーキーを齧っていたようですが、鋭利な状態で体内に入ってしまったようです。ジャーキーを与えるときはなるべく小さく切って与えた方が安全だと感じました。

5,安価すぎるおもちゃ

もちろん値段ですべてが決まるわけではありませんが、安価すぎるものは安全性よりも経済性を狙ったものが少なくありません。 そのうえ、人のおもちゃの場合は、安全基準が策定されていますが、わんちゃんのおもちゃにはそういった基準が今のところなく、製造側に委ねられています。

わんちゃんにとって安全なものかどうかを判断するのは、飼い主次第ということになります。値段もですが、必ず手に取って、色や匂い、触り心地などを確認し、製造元や原材料もぜひチェックしてください。そして、気になる点などは、メーカーに問い合わせるのがよろしいでしょう。

6,その他注意が必要なおもちゃ

おもちゃ兼おやつと言えるかもしれませんが、わんちゃん用のガムも大きさには注意しましょう。

唾液で粘り気が出たガムは食道にくっつきやすく、閉塞を起こしてしまうことがあります。そのため、ガムを使う場合はなるべく目を離さないようにする、丸呑みできるサイズになったら交換するなどして、未然に事故を防ぎましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・介護・予防など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院