予約はコチラ

犬・猫

当日診療希望の場合はお電話にてご予約ください

03-5730-1335(電話対応 10時〜19時)

大型犬の犬に、かかりやすい病気があるって知ってた?

犬がかかる病気は、神経系疾患、消化器系疾患、循環器系疾患、内分泌系疾患など、種類はさまざまです。こちらでは、大型犬に多くみられる病気を紹介します。

股関節形成不全

生後一年以内に発症することが多く、遺伝的なものや、カルシウムの過剰摂取や、体重増加が原因と言われています。

急速に大きく成長する大型犬に多くみられ、股関節の発育不全や、大腿骨の変形が起こります。

症状

ほとんどは、両側の股関節とも発症することが多く、歩く時に腰が左右に振れたり、歩幅が小さいという症状がみられます。

他には、うまく座ることが出来ずに、横座りになってしまったり、うさぎ跳びのように走ったり、ジャンプや階段の昇り降りを嫌がるようになったりします。

重症になると、大腿骨が脱臼した状態から、元の位置に戻らなくなってしまうこともあり、股関節脱臼をおこしてしまいます。

かかりやすい犬種

ゴールデン レトリーバー、ラブラドール レトリーバー、バーニーズ マウンテン ドッグなどの大型犬に多くみられます。

拡張型心筋症

心臓の心筋が弱くなり薄くなってしまい、十分に収縮できず、心室腔が拡大してしまう病気です。

タウリンが欠乏していたり、甲状腺機能亢進症や、遺伝的なものが原因で発症します。

症状

元気が無くなったり、食欲の低下、呼吸数の増加、咳、腹水などもみられます。

初期症状に気付きにくいこともあり、突然死してしまう場合もあります。

タウリンが欠乏しても、なりやすいので、タウリンが含まれているフードを選んであげましょう。

かかりやすい犬種

ドーベルマン、グレート デーンなどの大型犬に多くみられます。

胃捻転

胃捻転は、胃がねじれてしまい、ショック状態になってしまい、短時間で死亡してしまう、とても危険な病気です。

ごはんをたくさん食べた後に、すぐに運動してしまうと、勢いよく胃がゆれて、ねじれてしまうことで起こります。

遺伝的なものや胃下垂が原因で起こることもあります。

90度から180度回転してしまう軽度のものから、360度回転してしまう重度のものまであります。

症状

胃の入り口、出口が塞がれると、胃の中にガスが充満して胃が膨満します。

その後激しい痛みに襲われ、脾臓が腫大し、嘔吐や粘膜蒼白、血圧の低下が起こります。

数時間ほど放置してしまうと、そのまま死亡してしまうので、緊急の処置が必要になります。

胃捻転になりやすい犬種の犬は、食後2時間ほどは激しい運動をさせないことが予防に繋がります。

他には、ごはんを1日を1回ではなく数回に分ける、水を一度に大量に飲ませない、早食いをさせないなどが予防になります。

かかりやすい犬種

シェパード、ドーベルマン、セントバーナードなどの、胸の深い大型犬に多くみられます。

前十字靭帯断裂

後ろ足の膝の関節に、前十字靭帯という靭帯があります。大腿骨と脛骨を繋いでいる靭帯です。

老化や肥満、外傷などにより、膝に負担がかかると、断裂してしまいます。

こちらは、若い大型犬にもよくみられますが、肥満の小型犬にも多くみられます。

症状

突然、後ろ足を床につかなくなったり、痛がります。膝関節の内側に腫れがみられることもあります。

しかし、痛みは3日くらいでなくなっていくことが多いです。

慢性化すると、激しく遊んだあとに、また後ろ足を挙げたまま歩いたり、繰り返すようになります。

10キロ以下の小さな犬種は、安静にするか手術を行いますが、中型犬以上は、手術をするをすることがおおいです。

肥満が原因で発症することも多いので、しっかりと体重管理してあげることが大切です。

かかりやすい犬種

ラブラドール レトリーバー、ゴールデン レトリーバー、ロットワイラーなどの大型犬や、肥満の小型犬に多くみられます。

ボールなどによる腸閉塞

腸閉塞は、大型犬に限らず、小型犬にも見られますが、大型犬は、ボールや靴下などを簡単に飲み込んでしまうことが出来ます。

ボールや靴下が、胃まで入ったとしても、腸で止まってしまい、腸を塞いでしまいます。

症状

元気がなくなり、食欲不振や嘔吐、脱水がみられ衰弱していきます。

異物が腸までいってしまうと、外科的な処置が必要になります。

大型犬の異物の飲み込みには、十分に気をつけてあげましょう。

大型犬に多くみられる、主な病気を紹介しました。

犬種別にかかりやすい病気は、もっと多くの病気があります。

適度な運動も大切

かかりやすい犬種だからといって、必ずかかるわけではありませんが、大型犬の犬は、体重管理には気をつけて、適度な運動をさせてあげましょう。

定期的な健康診断も、とても大切です。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

タグ

無料相談受付

病気・介護・予防などLINEで無料で相談できます。
「病院にかかるほどではないけれど…」とお悩みでしたらまずはこちらからお気軽にご相談ください。獣医師がお答えします。