予約 TOPへ戻る

アメリカンショートヘアの子猫をブリーダーから譲り受けるには?

アニホック往診専門動物病院

アメリカンショートヘアの子猫をブリーダーから譲り受けるには?

アメリカンショートヘアの子猫の特徴は?

アメリカンショートヘアは人気の猫種ランキング上位にランクインしている日本でも人気の高いアメリカが原産国の猫種です。 テレビCMなどでも出演する事が多く、とても知名度の高い猫種です。アメリカンショートヘアを略して「アメショー」や「アメショ」とも呼びます。 ペットショップで多くの種類の猫が販売されている中でも、アメリカンショートヘアは断トツの人気で他の品種の猫と比較して高い値段で販売されている事が多くあります。 特に子猫のアメリカンショートヘアは人気が高く成猫のアメリカンショートヘアよりも高価です。 アメリカンショートヘアの子猫を飼いたいという人が多い魅力の理由は、愛情深い性格や見た目のかわいさでしょう。 ここでは、そんな人気のアメリカンショートヘアの特徴について解説を致します。

アメリカンショートヘアの子猫の性格

アメリカンショートヘアは比較的人懐っこく穏やかな性格をしていますが、好奇心旺盛で活発に運動をします。おもちゃで遊ぶ事も大好きでやんちゃな部分もあり可愛い要素でもあります。 アメリカンショートヘアは他の品種の猫と比較して運動能力が高いと言われています。 飼い主には非常に懐き甘える姿を見せます。飼い主以外の人には最初は警戒しますが、懐くのにあまり時間が掛からないため比較的懐きやすい猫種と言えるでしょう。 人懐っこく甘えん坊な性格ですが、慣れた飼い主でさえも「抱っこは嫌」という抱っこが苦手な子が多いと言われています。 子猫のアメリカンショートヘアの場合は、子猫の内から抱っこに慣れていると、抱っこ嫌いの問題が解消される事が多いです。 また、非常に知能レベルが高いため、しつけがしやすい性格である事が人気の理由の一つでもあります。 他の猫や動物とも仲良くできる友好的な性格なので、多頭飼いにも向いている猫種です。 アメリカンショートヘアを飼育する際には、十分な運動スペースやおもちゃ、キャットタワーなどの上下運動など運動や遊ぶ事ができる環境を作りましょう。 運動好きで活発ですが、のんびり屋な一面もありマイペースな性格も持っています。 そのような性格からか、新しい環境への変化にも対応しやすいと言われており、転勤などで引っ越しが多い家庭にも向いている猫種です。 また、要求など意味の無い「無駄鳴き」は他の猫種と比較して少ないので、近隣を気にするマンション暮らしなどにも向いています。 このような様々な環境にも飼いやすく優しい性格が、アメリカンショートヘアの人気の理由なのでしょう。 アメリカンショートヘアに限らず猫は「子猫の時期の育つ環境で性格が変わる」とも言われていますので、成猫のアメリカンショートヘアよりも子猫のアメリカンショートヘアの方が人気です。 アメリカンショートヘアの性格はたくさんの魅力がありますが、外見的な特徴にも魅力があり、人気の理由の一つです。 次に、アメリカンショートヘアの外見的な特徴について解説を致します。

アメリカンショートヘアの子猫の外見的特徴

アメリカンショートの見た目の最大の特徴として、縞模様柄の綺麗な毛の模様や毛色など毛に特徴があります。 アメリカンショートの毛色はシルバー、レッド、ブルー、ブラウン、カメオ、バイカラー、トーティー、パッチドなどの様々なカラーのタビーがあり、約100種類の毛色があります。 たくさんの種類の毛色がありますが、特に人気のあるカラーはクラシックタビーという縞模様です。 綺麗な縞模様や毛色はアメリカンショートの見た目の魅力の一つです。短毛種にも関わらず、厚い被毛で覆われている暖かい毛質も特徴です。 体格はセミコビータイプで、太い手足でがっしりとした体付きをしており、尻尾が長く顔立ちはスクエア型の見た目をしています。 運動神経抜群で活発に運動をするため、筋肉質で丈夫な体をしています。 一般的な猫の平均体重と比較してメスのアメリカンショートヘアはやや小さめの体重で、アメリカンショートヘアの平均寿命は約10~13歳とやや短いと言われています。 アメリカンショートヘアは食欲旺盛のため肥満になりやすいと言われています。肥満が原因で様々な病気に掛かりやすい事なども寿命に関わるので、健康管理には注意が必要です。 アメリカンショートヘアはたくさんの魅力があり「飼いたい」という人も多く、人気の高い猫種ですが、アメリカンショートヘアを実際に買うには、ペットショップ以外にもブリーダーやキャッテリーから購入する方法があります。 次に、評判の良いブリーダーやキャッテリーについて解説を致します。

アメリカンショートヘアのブリーダーやキャッテリーで評判がいい人とは?

ペットショップ以外にも猫を買う方法として、ブリーダーやキャッテリーから購入するという方法があります。 「ブリーダー」は聞いたことや知っているという人は多いと思います。猫好きの方は「キャッテリー」を知っているという人が多いでしょう。 ここでは、キャッテリーとブリーダーの評判のいい人、キャッテリーとブリーダーの違いについて解説を致します。

キャッテリーとブリーダーの違い

キャッテリーもブリーダーも繁殖を行う人の事を意味し、猫を繁殖しているという事自体に違いはありません。 キャッテリーは「猫の繁殖をする人」や「猫の飼育所」という意味です。ブリーダーも同じ意味を持ちますが、大きな違いとして「世界的有名なTICAやCFTなどの猫血統団体に認可されているかどうか」という違いがあります。 猫血統団体に認可されていなくても「ブリーダー」と名乗る事が出来ますが、キャッテリーはいずれかの猫血統団体に認可されたブリーダーだけが「キャッテリー」と名乗る事が出来ます。 そのため、キャッテリーはブリーダーよりも質が高く、ハイクラスのブリーダーになります。 猫血統団体に認可されているキャッテリーは、猫種の血統を守る繁殖を行わなければいけません。 そのため、キャッテリーの繁殖により誕生した猫種は、世界的有名なTICAなどの猫血統団体が認めた純血統の猫という事になるので、信頼性もあり安心でしょう。 ブリーダーが質が悪いという訳ではありませんが、猫血統団体に認可されているというキャッテリーはハイクラスである事は確実です。 認可されていない普通のブリーダーの中でもちゃんとした正しい繁殖を行い質の高いブリーダーもいます。 しかし、ブリーダーというものは資格が無くても名乗る事ができるため、中には質の悪いブリーダーや悪質なブリーダーがいる事も事実です。 ブリーダー選びには気を付けて譲り受けるように注意が必要です。では、どのようなブリーダーがいいのかについて解説を致します。

ブリーダーで評判がいい人とは?

キャッテリーはいくつかの条件をクリアし、猫血統団体に認可されているため、信頼性が高く安心して購入する事ができます。 ハイクラスのブリーダーなので、評判も良く質の高い良い人である事は確実でしょう。 しかし、資格が必要で無い一般的な普通のブリーダーの中には悪質なブリーダーがいます。猫の血統を守る事無く純血統でない猫を繁殖させる事もあります。 血統を証明できる血統書が無いと信頼性に欠けてしまいますので、信頼できるブリーダーであるかどうかを確かめる必要があります。 ちゃんとした繁殖を行っている質の良いブリーダーさんもいるので、しっかり見極める必要があります。 「どのようなブリーダーがいいのかどうか」というのは「購入者が何を重視するのか」によっても異なるでしょう。 「価格」を重視するのか「純血統である事」を重視するのか「飼いたい猫種の性格や見た目」を重視するのか、その人によって様々でしょう。 まず、どのような猫を飼いたいのかを考え、純血統や信頼性を重視する場合はキャッテリーをおすすめします。 やはり、キャッテリーの場合は猫血統団体が認めている純血統の猫なので、信頼性もあり価格も高くなります。 価格を重視する場合はブリーダーやお住まいの地域の保健所などから里親になる事がおすすめです。 一般的に評判が良いブリーダーやキャッテリーというのは口コミなどで広がり「評判の良いブリーダー、キャッテリー」という人がいて、評判の良いブリーダーやキャッテリーを探す場合は、このようなサイトで検索すると良いでしょう。

ブリーダー、キャッテリー専門販売サイト

https://american-shorthair.koneko-breeder.com/ こちらは、アメリカンショートヘアのブリーダーが紹介されています。評判の良いブリーダーを探す事ができ、口コミなども掲載されています。 このようなサイトなどを利用して、口コミや過去の取引実績などを参考にした上で、信頼ができ安心して譲り受ける事ができるかどうかを実際に訪問に行くなどして話を聞く事をおすすめします。 ブリーダーやキャッテリーも人なので様々な考えがあり育て方も異なります。まず、愛情深く育てているかどうか、きちんとした環境なのかどうか、説明が丁寧なのかどうかなどのポイントを重視すると良いでしょう。 一つのブリーダーやキャッテリーだけで決めるので無く、いくつかのブリーダー、キャッテリーを訪問したり話を聞くなどし、比較をして自分に合ったブリーダー、キャッテリーを見つけましょう。 特にアメリカンショートヘアは純血種の猫種の中でも代表的な猫種です。純血種の猫は体が丈夫で、遺伝疾患などの病気も少ない事は人気の理由の一つでもあります。 評判など口コミを参考に自分にとって良いブリーダー、キャッテリーを見つけて譲り受けましょう。

アメリカンショートヘアのブリーダーやキャッテリーを選ぶ基準は?

上記で評判の良いブリーダー、キャッテリーについて解説を致しましたが、ここではどのような基準や見極めポイントがあるのかについて詳しく解説を致します。 まず、ブリーダー、キャッテリーを選ぶ時は、一つだけでなくいくつかのブリーダー、キャッテリーを訪問して情報収集をし、時間を掛けて慎重に決めましょう。

ブリーダー、キャッテリーの見極めポイント

口コミなどの評判を参考にして良いブリーダー、キャッテリーを探す事も一つですが、実際に具体的な基準についても把握をしましょう。 ブリーダー、キャッテリーを選ぶ基準としていくつかのポイントを解説致します。

見学・訪問可能なのか

口コミや評判も重要ですが、実際に見学・訪問ができるかどうかも重要です。実際に見学・訪問をして、どのような人にどのような環境で育っているのかどうかなどを確かめましょう。 また、親猫と子猫の両方に合わせてくれるブリーダー、キャッテリーを選ぶ事をおすすめします。 見学・訪問可能の場合は、環境を良く衛生管理がしっかりしている事が多く、猫自身の健康状態も良いと考えられます。 しかし、見学・訪問不可の場合は、対面を避け直接質問に答える事を拒んだり、詳しい説明を避けたがるケースが多く、専門的な知識の無い悪質なブリーダーの可能性が高い事が考えられます。 実際に見学・訪問ができると、ケージ飼いなのかどうかなどのどのような環境で暮らしているのかを確認する事が出来ます。 特に、アメリカンショートヘアは非常に遊び好きで活発に運動をする猫種です。元気があるかどうか、活発に運動ができストレスの無い環境で暮らしているかどうかなどをチェックしましょう。 子猫のアメリカンショートヘアはより活発な時期です。子猫期に親猫や兄弟猫との生活によっても性格が大きく異なるとも言われています。 子猫期から他の猫との関わりが無い単独生活で暮らしていると、多頭飼いに向かない性格であったり、甘嚙みの加減が分からず噛み癖が強かったりとやや野性的で凶暴な性格、粗相や悪さなどの行動が多く見られる事があります。 元々の生まれつきの性格や個体差はありますが、子猫期の環境で性格が決まるとも言われていますので、どのような環境なのかどうかも選ぶ基準に重要です。

どのような環境なのか

実際に見学・訪問ができるとどのような環境なのか確かめる事が出来ますが、見学・訪問ができない場合は、販売されている猫の写真や動画を見るなどして情報収集しましょう。 飼育環境のスペースの広さや清潔感があるかどうか、ケージなどの狭い環境に閉じ込められていないかどうか、おもちゃやクッション・毛布などがあるかどうかなどに注目しましょう。 こまめに綺麗に掃除をされているかどうかなども猫の健康状態に大きく関わります。また、繁殖の数と室内の広さが適しているかどうかなども、整った環境であるための重要な要素です。

健康診断・ワクチン接種の証明書

親猫・子猫両方の健康管理をきちんとしている事はとても重要です。 健康診断やワクチン接種を行っている事を証明する証明書の提示をしてもらえるブリーダー、キャッテリーを選びましょう。 アメリカンショートヘアに限らず子猫は生後1ヵ月を過ぎてから母猫から得た免疫力が薄れてくるため、生後2ヵ月からワクチン接種をする事が理想です。 ワクチン接種は1回だけでなく、1回目のワクチン接種から約1ヵ月後に2回目のワクチン接種をする事が望ましいと言われています。 念のため3回目のワクチン接種を行う必要があるという意見や、副作用を懸念して2回までで良いという意見があります。 ワクチンの種類も3種混合、4種混合、5種混合、7種混合と種類もたくさんあります。必要とするワクチン接種はブリーダー、キャッテリーによって考えは異なります。 最低限の3種混合ワクチン接種は必須ですので、ワクチン接種を行っているのかどうかは必ず確認をしましょう。 いつ、何回、どのようなワクチンを接種したのかが明確に分かる証明書の提示をしてもらうと安心です。 ワクチン未接種の場合は、譲り受けてから動物病院でワクチン接種を行いましょう。 健康診断やワクチン接種をきちんと行っているブリーダーは猫の健康を考えている優良ブリーダーである基準の一つでもあります。

動物関係の資格の有無

資格が無くてもブリーダーと名乗る事が出来ます。そのため、中には必要な知識の無いブリーダーもいます。 愛玩動物飼養管理士、動物看護士、動物介護士、猫健康管理士、キャットシッターなどの猫の関する専門知識を持っている人であれば安心です。 資格が無いから良くないブリーダーという事ではありませんが、資格を保持していると信頼できる材料になります。 愛玩動物飼養管理士は動物取扱責任者の資格を得られるため、取得しているブリーダーはより信頼ができるでしょう。

動物販売の登録

ブリーダーになる事に資格は必要ではありませんが、動物を繁殖して販売を行う事には登録が必要になります。 「動物取扱業」という届け出を各都道府県にする必要があります。「動物取扱業」を登録するためには「動物取扱責任者」という資格が必要です。 必要な登録をせずに繁殖をして販売をする悪質なブリーダーもいますので、気を付けましょう。

ブリーダー、キャッテリーの知識

動物に関する資格を持っていると知識がある事が確認出来ますが、猫種によっても飼育方法やかかりやすい病気などが異なります。 猫種によりそれぞれ特徴が異なり、飼育の注意点も異なるため、猫種の専門知識があるブリーダーを選びましょう。 アメリカンショートヘアの専門知識のあるブリーダーを探す事をおすすめします。 上記のようなポイントを参考にして優良ブリーダーを見つけて、納得してから譲り受けましょう。

アメリカンショートヘアの子猫の値段はどれくらいなの?値段の差は?

ペットショップでアメリカンショートヘアを購入すると約5~30万円と言われています。子猫のアメリカンショートヘアは約8~30万円です。 月齢が低ければ低い程価格は高く、毛色や顔つきによっても価格は異なるため、金額に大きな差があります。 親猫がキャットショーで賞を受賞している場合はとても高額な値段で販売されています。 子猫のアメリカンショートヘアを扱っているペットショップ販売サイトを見ていると、子猫のアメリカンショートヘアは約17~28万円で販売されています。 ブリーダーから子猫のアメリカンショートヘアを購入する場合は、約9~23万円程度の価格で多く販売されています。 ブリーダーにより価格は大きく異なりますが、優良ブリーダーは価格の高い傾向にあります。 しかし、値段が高いから良いブリーダーという事ではありませんので、価格だけで判断する事はおすすめしません。 キャッテリーからアメリカンショートヘアの子猫を購入する場合は、普通のブリーダーから購入するよりやや高い価格である傾向にあります。 猫血統団体に認可されているため、純血統のアメリカンショートヘアであるという事や良い飼育環境である事などの信頼性が高いため値段が高いのです。 しかし、キャッテリーや個体により値段は異なり、価格を掲載されていない事が多く、直接値段交渉をする事が出来ます。 ペットショップ、ブリーダー、キャッテリーとそれぞれにメリット・デメリットがあり、値段は個体によっても異なります。 販売店に足を運んで直接話を聞く事をおすすめします。また、保健所などから里親になる場合は、個体の価格は無料です。 このように譲り受ける方法により価格は大きく異なりますが、値段だけで判断をしないように注意しましょう。

アメリカンショートヘアの子猫を飼う上での注意点は?

アメリカンショートヘアを飼育する上で注意しなければいけない事があります。ここでは、アメリカンショートヘアの子猫の飼育の注意点について解説を致します。 アメリカンショートヘアは好奇心旺盛で活発に運動をする猫種ですが、食欲も旺盛で肥満になりやすいと言われています。 肥満は高血圧や糖尿病、心臓病、椎間板ヘルニア、関節症など様々な病気の原因となってしまいます。 適正体重の維持は猫の健康管理にとても重要です。食事と運動で肥満の予防をしましょう。 十分な運動をできるようにスペースの広いお部屋での飼育をおすすめします。上下運動ができるキャットタワーを設置すると良いでしょう。 子猫のアメリカンショートヘアの場合は、成猫よりもより活発でやんちゃですので、たくさん運動ができる環境を整える事が飼育の上で大切です。 活発でフレンドリーな性格をしているため、多頭飼いにも向いています。 個体差はありますが、アメリカンショートヘアは「抱っこ嫌い」と言われていますので、子猫期から抱っこに慣れるようにストレスの掛からない程度に慣れさせると動物病院へ受診する時に困らないメリットもあります。 アメリカンショートヘアはマイペースな性格が多く、甘えたい時もあれば、構ってほしくない時もあります。「構い過ぎ」には注意しましょう。 子猫のアメリカンショートヘアの食事は高たんぱくの食事が理想です。肥満には気を付けなければいけませんが、成長期なのでしっかり運動をさせて高カロリー高たんぱくの食事を与えましょう。 その他、お手入れとしてブラッシングやシャンプーは定期的に行いましょう。短毛種の猫種ですが、厚い被毛で覆われている毛質なので抜け毛が多い特徴があります。 このような注意点や、性格や病気など個体により様々な注意点があるので、譲り受ける前に注意点を確認しましょう。

アメリカンショートヘアの子猫はどこで販売しているの?

アメリカンショートヘアは人気の猫種ランキング上位にランクインしている程人気で有名な猫種ですので、入手しやすいでしょう。 ほとんどのペットショップでも取り扱っているので、ペットショップやブリーダー、キャッテリーに問い合わせをすると良いでしょう。 また、他の入手方法として里親として譲り受ける方法があります。お住まいの地域の保健所(動物愛護センター)にアメリカンショートヘアの子猫がいるかどうか問い合わせをする事も一つです。 保健所以外にも、子猫が産まれたり、様々な事情で猫を飼う事ができなくなった人や保護猫のボランティア活動をしている人が里親募集をしている事もあります。 SNSや里親募集掲示板サイトなどを利用する事も一つです。子猫のアメリカンショートヘアが里親募集をしているかもしれません。

アメリカンショートヘアの子猫を安く買う方法は?

アメリカンショートヘアの子猫は成猫のアメリカンショートヘアよりもやや高い値段で販売されています。 親猫がキャットショーで賞を受賞をしている場合は値段が高いです。血統が確実な信頼性のあるキャッテリーや血統書付きの場合も高いでしょう。 安く買う方法で一番おすすめなのは、生体自体は無料である里親になる事です。 しかし、里親募集というのは様々な事情がある事が多いので、人を恐がっている子がいるケースもあります。 どのような方法で譲り受けるとしても「大切に最後まで責任を持って飼う」という事には変わりませんが、里親になる場合は様々な問題がある事が多いですので、より覚悟が必要です。 里親になると無料だからと安易な考えで譲り受ける事はやめましょう。里親として迎え入れると覚悟を決めた場合は、しっかり生体の情報を得てから譲り受けましょう。 里親以外にペット販売店で安く買う方法は、ペットショップではなくブリーダーから直接購入する事です。 ペット販売店の中でもペットショップは特に価格が高いと言えます。 ペットショップで非常に高い価格で販売されている事がありますが、流通経路の関係や広告費、人件費などが掛かるため値段が高くなってしまいます。 実際の猫の原価は販売価格のおよそ3割程度と言われています。ペットショップでお世話をする人の人件費も掛かるため、猫を仕入れた卸値から利益を得るためには高い値段がついてしまうのです。 また、ペットショップの場所によっても価格の設定が異なります。やはり、都心部はペットショップの家賃も高いので都心部のペットショップの価格設定が高い傾向にあります。 ですので、都心部から離れたペットショップでの購入や、ブリーダーから直接購入する事で安く購入する事ができます。 また、猫の月齢や毛色などの見た目によっても価格は異なりますので、特にこだわりが無い場合は、子猫の中でも少し年齢が上の子や見た目にこだわらない事で安く購入できます。 アメリカンショートヘアの毛色は様々なカラーがありますが、どのカラーのアメリカンショートヘアもそれぞれ魅力があります。 やはり、珍しいカラーなどは高い値段ですので、どのカラーでどれくらいの月齢の子猫を飼いたいのかによっても値段は異なります。 実は、性別によっても値段の差があり、メスは出産ができるためやや高い事もあります。性別や血統書付きなのかなどによっても値段の差がありますので、そのような事も考えて決めると良いでしょう。 アメリカンショートヘアの子猫を購入する方法は様々な方法で値段も異なりますが、どのような方法で迎え入れるとなっても飼育してからも飼育費用が掛かりますので、購入後の事もしっかり考えて決めましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院