予約 TOPへ戻る

安心・安全で飼い猫もうれしいキャットフードをご紹介!

アニホック往診専門動物病院

安心・安全で飼い猫もうれしいキャットフードをご紹介!

キャットフードに含まれる添加物は危険?

猫が毎日口にするキャットフードには、肉や魚などの主原料の他に、たくさんの添加物が含まれています。 添加物と聞くと身体に良くないと思ってしまいますが、そんな添加物の中には、猫の身体のことを考えてバランスの取れた栄養を含んだものもあります。 しかし、添加物を含んだものの中には、発がん性や毒性のものまであるので注意が必要です。

キャットフードの含まれている注意すべき添加物

ペットフードの安全法は、メインの総合栄養食だけでなく、大切なペットが食べたり飲んだりする全ての物が対象となります。 ペットフードの外袋などにきちんと表示されていますので、購入の際に確認しましょう。

着色料

着色料は、ペットフードの見た目をよくするために使われています。ドライフードは、製造過程においてどうしても茶色や灰色などと言ったあまり美味しくなさそうな色になります。 しかし、市販されているドライフードの色は、色鮮やかで美味しそうなものが多いです。そんな色鮮やかで美味しそうなドライフードなら、きっと美味しそうに食べてくれるに違いないと思って私たちは購入してしまいます。 猫がフードを美味しそうだと判断するのは、見た目よりも嗅覚によるものです。着色料には、化学合成によって生産された合成着色料と植物性や動物性の自然由来のものを原料とした天然着色料とに分かれます。 どちらの場合も健康に対する危険はありますので、できるだけ避けるべきでしょう。

保存料

キャットフードに含まれている保存料は、開封後に傷んだり腐ったりしないように添加されているものです。すぐに傷まないキャットフードは、飼い主にとってはありがたいものですが猫の身体にとってはいいとは言えませんよね。 保存料にも着色料と同じく合成のものと天然のものとがあります。合成保存料は、賞味期限を延ばすことだけを目的としていますが、天然保存料は、自然由来の材料でできていますので安全性が期待できます。

酸化防止剤

酸化防止剤は、油分や脂肪分などの酸化を防ぐことでキャットフードを長持ちさせることができますが、発がん性の危険があるものが多く身体にいいとは言えません。 酸化防止剤の代表的なものには、酸化による変色を防ぐBHAや化粧品などにも使われているBHT、殺虫剤にも使われているエトキシンなどがあり、発がん性やアレルギーを引き起こす可能性のものまであります。

甘味料、調味料、香料

猫がキャットフードを良く食べるように入れています。基本的に甘味料や調味料、香料といったものは、危険な毒性も問題ですが、猫が本来なら食べないであろうと思われる素材に味付けをして食べるようにしたものです。 これらが多く入っているキャットフードは低栄養の可能性が高いのでおすすめできません。

添加物以外にも危険な成分が?

キャットフードの原材料の中には、添加物以外にも危険な成分が含まれています。それは、肉類と炭水化物の穀物です。 猫は肉食動物なので体質的に穀物を消化する消化酵素を持ち合わせていません。穀物を取り過ぎてしまうと泌尿器系の病気や食物アレルギーを引き起こしてしまうことがあります。 意外に思いますが、肉類が良くないというのはなぜなのでしょうか?それは、人間が食べる食品には絶対に使われない4Dミートと呼ばれる危険な肉の可能性があるからです。 4Dとは、死んでしまった(Dead)、病気だった(Diseased)、死にかけだった(Dying)、障害のあった(Disabled)状態の動物の肉を使った原材料のことで、頭文字の4つのDをとってそう呼んでいます。 アメリカで4Dは、肉のランク付けで食品として不適切な肉類であるとされています。最低ランクの肉処分のため、ペットフードに使われている場合があります。 肉類や魚類といった表示は危険ですが、鶏や七面鳥、サーモンなどと書かれている場合は安心して選べます。

安全なキャットフードの見極め方!選び方!

キャットフードを選ぶとき、いったいどのような基準で選べばいいのでしょうか?価格が安い、口コミ評判がいいなど安易な選び方ではなく愛猫のことを考えてじっくり選びたいものですね。 キャットフードの記載に、穀物や○○ミール、○○エキス、着色料、酸化防止剤などとあれば、危険のサインです。 グレインフリーやヒューマングレード、人口添加物不使用といったキャットフードなら安心です。 猫のために身体に安全で安心できるものを選びましょう。

安全でおすすめのキャットフード5選!

たくさんあるキャットフードの中でも、安全で安心できる良質な食材が使われているおすすめのキャットフードをご紹介します。

モグニャン

プレミアムフードの中でも食いつきが抜群な有名キャットフードです。動物性たんぱく質と同時に魚のDHAも補給できます。

カナガン

プレミアムフードの中でも大人気で、キャットフード業界売り上げ1位です。猫の食いつきの良さはもちろん、高い栄養価と安全性も納得のキャットフードです。

ファインペッツ

ファインペッツは、安心安全をスローガンに掲げていて、必須栄養素を補給しながら肥満予防にも特化した人気のあるキャットフードです。

ねこはぐ

ヒューマングレードと国産の極上品質を掲げているキャットフードです。使用しているすべての原材料は人間が食べられるもので、栄養もバランスよく十分にとることができるキャットフードです。

シンプリー

「愛猫といつまでも一緒に」がキャッチフレーズのプレミアムフードです。猫の体質を研究しつくしたおすすめのキャットフードです。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院