予約 TOPへ戻る

あなたは知ってた?猫がコードを噛んでしまう理由と対策

アニホック往診専門動物病院

あなたは知ってた?猫がコードを噛んでしまう理由と対策

猫がコードを噛んで、ボロボロになってしまう

家の中のいろいろな場所に這っているコード類。スマートフォンやパソコン、ドライヤーなど、日常生活には欠かせない電化製品のものが多くありますね。そんな大事な電化製品のコードを、飼い猫にひどく噛まれてしまった経験はありませんか? 猫のいたずらとはいえ、猫が噛んでコードが脱線して感電する可能性もあり、また、大事な電化製品が使えなくなってしまうと大変ですよね。飼い主さんにとっても猫にとっても危険で面倒なこのクセ、一体どうやって治したらいいのでしょうか。

猫はなぜコードを噛んでしまうのか?

猫がコードを噛んでしまう理由とは一体何なのでしょうか?まず、コードを噛んでしまう猫に多いのは、生後半年ぐらいまでの子猫が挙げられます。子猫は歯が生え始める時はどうしても歯や歯茎がかゆくてムズムズしてしまい、何かを噛まずにはいられなくなってしまうことがあります。 そのため、人間の赤ちゃんと同じく歯固めのような感覚でコードを噛んでしまうと言う訳です。家の中に噛んで遊べるおもちゃがないから、ついつい目の前にみえるコードを口に…というのがよくあるパターンのようですね。 また、好奇心旺盛な子猫はぶらぶら垂れ下がっているコードにじゃれるのが大好きなのです。その狩猟本能からか、ついつい噛みついて遊んでしまうことがあるようです。また、噛み癖があるのは子猫だけにはとどまらず、大人の猫にもいます。 飼い主さんの愛情不足を感じた時や飼い主さんが留守の時など、甘えで寂しさを紛らわすためにコードを噛んだりする猫もいるようです。大人の猫になると噛みちぎる力も強いため、コードを破損させてしまうこともあるため大変危険です。

コードで遊ぶことには危険がいっぱい

コードで遊ぶ室内猫は、実は少なくありません。 留守の時など、おもちゃ代わりに床に這っているコードにじゃれたり、かみかみ噛んだりすることで不安や寂しさを紛らわす猫もいます。しかしこの行為は、危険がいっぱいです。 コードが極端に長かったり細い場合、じゃれて遊んでいるうちにぐるぐる体に巻きついて窒息してしまったり、引っかかって転倒してけがをする恐れがあります。 そして何より怖いのが、コード自体を噛みちぎってしまうことにより起こる『感電』です。特に歯がしっかりした成猫や、小さい歯がとげのようにとがっている子猫がコードを噛むと、細いコードなどは簡単に食いちぎることができてしまいます。 感電すると体に電流が流れ、やけどなどの傷を負います。付近が水に濡れている場合は特に危険で、重症の場合は肺水腫や心停止などになり死んでしまうこともあるからです。このような遊びを、猫に何としてでもやめさせないといけませんね。

家の中でできる噛む対策とは?

猫がコードの噛み癖を持っている場合は、出来る限りコードを噛まれないような対策を取る必要があります。猫に噛まないようしつけをすることももちろん大切ですが、まず飼い主さん自身が出しっぱなしのコートを片づけ、原因を排除することです。 コードをまとめるのには100円グッズを使うのがお手頃で効果的です。ごちゃごちゃと毛玉のようになっているコード類は結束バンドなどでしっかりまとめてしまいましょう。 飼い主さんにとってはちょっと面倒なコードの抜き差しですが、できればスマートフォンなどの充電器は使ったら外して、引き出しなどにしまっておくといいでしょう。 コードを抜いたまま放置しておくのは、まさに猫に遊んで!といっているようなものだからです。そして、よく噛まれるコードにはプラスチックやチューブなどの素材でできたコードカバーをぐるぐると巻きつけておくといいでしょう。 コードカバーをつけていれば、例え遊んだりじゃれりされても、コード自体をひどく噛まれることは回避できます。また、テレビなど常に使っている電化製品のコードは片づけるのが大変なので、思い切って壁側にくっつけてしまうといいでしょう。 100円ショップなどでも手に入るコードクリップやフックで壁に取り付けてしまうことで、じゃれるのを防ぐことができます。また、床を這うコードはカーペットの下などに隠して這わせるのも有効です。 もう1つ、裏ワザ的に使える方法が猫の嫌がるニオイをコード自体につけてしまうこと。ビターアップルなど、猫の嫌いな匂いがついた「忌避剤」をコードにふっておくと、遊んだり噛んだりするのを抑止できます。 日頃から使っていないコードは見えないところに隠しておくこと、使ったらかならず元に戻すこと、出しっぱなしにしておかなくてはいけないコードはまとめるか保護する。 この3つを飼い主さん自身がしっかり守っているだけでもかなり危険は回避されますよ。愛猫と家族を危険から守るためにも、家族みんなで心掛けるようにしましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院