予約 TOPへ戻る

種類が多すぎて選べないという飼い主様必見!!おすすめのキャットフードをご紹介!!

アニホック往診専門動物病院

種類が多すぎて選べないという飼い主様必見!!おすすめのキャットフードをご紹介!!

キャットフードの種類

キャットフード販売店に足を運ぶと、色々な種類のキャットフードが販売されているため、どのキャットフードを選んだら良いか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、キャットフードも、【種類】を覚えてしまえば、そんなに悩むことなく購入ができるのです。

ウェットフード・ドライフードの違い

キャットフードには、大きく分けて【ウェットフード】と【ドライフード】の2種類があります。 ドライフードは、よく聞く【カリカリ】のフードで、水分含有量が10%以下と少ないのが特徴です。そのため、ギブル(粒)は固く、重量当たりの栄養価が高いだけでなく、保存性も高いという利点があります。 また、各ライフステージに応じて販売されているだけでなく、嗜好性が高い猫のために、ギブルの形も飽きないように様々な工夫がされています。 ウェットフードは、水分含有量が75%程あることから、やわらかく食べやすいフードです。また、ドライフードよりも嗜好性が高いことから、多くの猫は好んでウェットフードを食べますが、ウェットフードばかり与えていると、ドライフードを食べなくなってしまったり、歯のトラブルを発症しやすくなるため、注意が必要です。 なぜなら、ドライフードは噛むことによって歯垢や歯石が分解されるのですが、ウェットフードは固さがないことから、噛んで分解することができません。そのため、歯垢が溜まりやがて歯肉炎など歯のトラブルに繋がるからです。

子猫・成猫・老猫向けキャットフードの違い

キャットフードには、【子猫用】【成猫用】【老猫用】と大きく分けて3種類のフードが販売されています。これは、ドライフードとウェットフードも同じで、各ライフステージ毎に商品ラインナップがあります。 猫は、ライフステージ毎に必要な栄養素が異なります。 子猫用に関しては、エネルギー要求量が全ライフステージの中で最も多いことから、高たんぱくのフードに仕上がっています。また、キャットフードによってはDHA・EPAなどが配合されているものも販売されています。 成猫用に関しては、健康や体重の維持がメインとなるため、子猫のフードと比較するとたんぱく質の含有量が低くなります。 そして老猫用に関しては、消化機能の衰えから低脂肪のフードが多くなる他、加齢による関節維持を目的としてグルコサミン・コンドロイチンなどが配合されることが多いです。

キャットフードの選び方と注意点

キャットフードを選ぶポイントは、やはりライフステージ合ったものを選ぶことです。また、ギブルの大きさも年齢やフードの種類によって異なるため、愛猫の歯の状態と年齢を考え選ぶと良いでしょう。 キャットフードを与える際の注意点が、【食べないからといってすぐに違うフードに替えない】ということです。猫は嗜好性が高くグルメで気分屋さんなところがあるため、日によって食べムラがあります。そのため、替えたばかりのフードを食べないこともあります。 しかし、ここでフードをすぐに替えてしまうと、【食べなければもっと良いものをくれる】と猫が学習してしまうため、よりグルメになってしまい、食べるフードが限られていってしまいます。 そのため、一度替えたフードは数日様子を見ましょう。健康状態が良好であれば、2~3日は食べなくても問題ないと言われています。また、その頃にはしぶしぶでも食べ始めるので、根気強く与え続けましょう。

おすすめのキャットフード5選!

ここでは、おすすめのキャットフード5選を紹介していきます。ぜひ、キャットフード選びの参考にしてみて下さい。

ピュリナワン

ネスレグループが販売しているキャットフードで、ピュリナワンの他に【プロプラン】【モンプチ】【フィリックス】などのブランドが販売されています。 ピュリナワンは、猫が飽きないようにギブルや味が工夫されている他、栄養バランスが各ライフステージ毎にしっかりと整っています。また、価格も比較的リーズナブルなのが特徴です。

黒缶パウチ

黒缶のパウチは、ウェットタイプの総合栄養食です。黒缶は、DHA・EPA・ビタミンが通常の約2倍、鉄分・タウリンが約5倍も配合されている他、嗜好性も高いのが特徴です。 ウェットフードだけで与えるのも良いですし、ドライフードと一緒に与えても良いでしょう。

モグニャン

モグニャンは、他のキャットフードと違い、全年齢に対応したキャットフードです。また、原材料にもこだわりを持っているため、栄養価が高いだけでなく人口添加物も使用していません。 もし、年齢に応じた栄養をプラスしたい場合は、サプリメントなどで補うことも可能です。

BLUE

アメリカで人気を誇っているBLUEシリーズのキャットフードで、各ライフステージに対応しています。また、栄養価が高いだけでなく、ギブルも小さめなので、高齢猫でも安心して食べることができます。 また、BLUEシリーズに関しては、療法食(動物病院で購入可能)も販売しているため、処方食が必要になった場合でも、フードブランドを変更せずに与え続えけることができます。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンのキャットフードも、各ライフステージに対応したものが販売されており、栄養価も非常に高いです。また、ロイヤルカナンでも処方食の取り扱いがあるため、処方食が必要になった場合でも抵抗なくフードの変更が可能です。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院