予約 TOPへ戻る

【最新版】おすすめ人気キャットフードベスト5

アニホック往診専門動物病院

【最新版】おすすめ人気キャットフードベスト5

そもそもキャットフードってどう違うの?

キャットフードコーナーは、様々な種類のご飯で溢れかえっています。ざっくり分けたとき、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。 年齢別:子猫・成猫・老猫では必要な栄養素が異なる為、きちんと選ぶ必要があります。 毛玉ケア:毛ずくろいが毎日の習慣である猫は、毛玉を作り出すのが上手です。毛玉ケアは食物繊維が通常より多いので、吐き出されず体内に残った毛玉を便で出しやすくなります。 病気別:それぞれの病気に対応したキャットフードです。 特化型:無添加やアレルギー物質不使用等、何かに特化しているキャットフードです。健康にはばっちりですが、その分値段も・・・ 国産:添加物が入っている可能性はあるものの、日本産の原料から製造されるので中国産等に比べれば遥かに安全です。

どうやって選ぶ?

餌選びは、飼い主さんが何に重点を置いているのかで大きく異なります。ここではいくつかあるポイントをさくっと紹介します。 ○○ミール:糞まみれの肉です。そのため消毒液が大量に使われています。○○ミールと書いてあるキャットフードは避けましょう。 無添加:添加物が体に悪いのは猫も同じです。猫の死因第一位が腎臓病ということから考えても、添加物は避けた方がいいですね。 下部尿路疾患対応:猫の病気で腎臓系に次いで多いのが、下部尿路疾患です。予防するためには、この表記があるキャットフードはオススメです。 疾患用・療養食:病気を持っていると、摂取してはいけない栄養素が存在します。疾患用はその栄養素を含まないように作られています。 カリカリ・缶詰:添加物等を多く含む缶詰は、なるべくなら避けるべきです。

おすすめキャットフードランキング

第1位 モグニャン 添加物不使用・尿路疾患対応はもちろんのこと、猫に必要な栄養をばっちりとれるキャットフードです。味にもこだわっているため、偏食がちな猫にも好評のようです。 第2位 カナガン 添加物不使用・尿路疾患対応です。審査基準の厳しい国際規格「SAI GLOBAL」のAランク取得。バランスのよいキャットフードで、ダイエット・皮膚病等でも効果があるようです。 第3位 シンプリーキャットフード 添加物不使用の高タンパク質キャットフードです。グルコサミン・コンドロイチン配合で関節ケアにも対応しています。 第四位 ファインペッツ 無添加・尿路対応です。徹底した情報開示からもわかるよう、品質に絶対の自信を持っています。 第五位 オリジン 添加物不使用・尿路疾患対応です。北米のキャットフードに関する賞の受賞も多く、値段設定は高めですがその分得られる安全・安心感は世界最高峰です。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院