予約 TOPへ戻る

チワワにメロンは大丈夫?アレルギーのリスクは?

アニホック往診専門動物病院

チワワにメロンは大丈夫?アレルギーのリスクは?

チワワにメロンを与えても大丈夫?アレルギーのリスクはない?

チワワにメロンを与えても良いのか説明してきたいと思います。

チワワにメロンを与えるときは適切な量にする

チワワにメロンを食べさせても大丈夫です。しかし身体の小さいチワワは糖分の摂りすぎや、成分の過剰摂取の原因にもなります。適切な量を与えることを心がけましょう。

アレルギー反応を起こすこともあるので注意する

メロンには「ククルビタシン」という成分が含まれています。このククルビタシンはメロンが熟すことによって増えていく成分です。 完熟メロンを食べたときに広がる独特の苦味がククルビタシンの正体ですが、この成分は犬にとって毒性があるので注意しましょう。 大切な愛犬に与えるならあまり熟していない頃のメロンを与えるようにしましょう。 さらにメロンは道端に生えているヨモギなどのブタクサ花粉と反応してアレルギーを起こすことがあります。 アレルギーは私たち人間と同じく血液検査をしてみないと分からないものです。目の周りが赤くなったり、からだを頻繁にかく、また下痢や嘔吐、顔がはれるなどの症状があるチワワにはメロンを与えずに一度病院でアレルギー検査をすることをオススメします。 飼い主であるあなたが良質なペットフードをしっかり与えている場合はメロンを食べさせなくても栄養が足りている状態です。無理に食べさせる必要はなく、チワワにとって特別な日などのご褒美に与える程度で大丈夫です。

メロンの成分、効果とは?

ここでは、メロンの成分や効果に関して解説していきます。

ビタミンCで免疫力を高める

メロンの成分で最も多く含まれているのがビタミンCです、ビタミンCはコラーゲンを作る働きがあるので丈夫な軟骨や腱をつくるのに欠かせない成分です。また抗酸化作用があるため免疫力の強化にも役立ちます。 犬は高齢になったり病気などストレス状態がある場合はビタミンCを体内で生成する量が減ってしまいます。 ビタミンCがチワワにとっても積極的に摂取したほうが良い成分なので、メロンでビタミンCを補うこともできます。

カリウムで代謝を良くして疲労を回復

メロンにはカリウムも多く含まれています。カリウムは細胞のなかにある成分で、細胞の外にあるナトリウムとバランスを取りながら代謝をあげ、生体機能を支えています。 さらにカリウムは体内の余分な塩分を排出する作用もあるので、塩分過多によって引き起こされる病気の予防となります。 このカリウムが不足すると、神経が過敏になったり不整脈や疲労が溜まりやすくなる原因のひとつになります。そのためカリウムを摂取することで代謝を上げて疲労を回復する役割をしてくれます。

食物繊維で腸内を整える

メロンには食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは腸内の悪玉菌を身体の外に出す働きがあります。 さらにコレステロール値や血糖値の上昇を抑える働きもあります。私たち人間が摂取したときと同じように便秘を予防する効果があるので、ペクチンを摂取することで腸内を綺麗にし免疫力を高めることができます。

メロンで水分補給ができる

私たち人間のように、チワワにとっても水分は生きていくうえでとても大切なものです。日ごろからしっかりとした水分補給を行う必要がありますが、水を飲むことが苦手な犬もいます。 そのため、約87%の水分を含んでいるメロンで水分を補うことができるのです。果汁たっぷりのメロンを上手に活用することによって足りていない水分を補うことができます。

チワワにとってメロンの適切な量、あげ方、おすすめメニューとは?

ではここで、チワワにとっての適切な量のメロンを取ることができるおすすめメニューとあげ方を紹介していきます。 メロンを過剰に与えすぎないことがポイントになるので量には十分に注意して与えてください。

メロンは人間の一口大の大きさより小さくする

メロンには糖分が含まれており、私たちにとっておいしく感じる甘さでも犬にとっては甘すぎて肥満になる原因となってしまいます。 チワワはからだが小さい犬なので与える量は私たちの一口の大きさよりもさらに小さくしたサイズのものを食べさせましょう。 のどに詰まらせるリスクもあるのでさらに小さく刻んで与えることをオススメします。

メロンは特別な日などごくたまにあげるだけでOK

メロンに含まれている成分は過剰に摂取することによって、逆にチワワにとって脅威になる可能性があります。 そのためメロンは毎日あげたい気持ちをグッと抑え、数年に1度など特別な日に与えましょう。

チワワにオススメ「メロンジュース」

口が小さくのどに詰まらせるリスクを回避でき、さらに水分を効率よく取ることができるのがメロンジュースです。 作り方は簡単でメロンをミキサーにかけるだけです。ミキサーにはメロン以外に水を入れてあげると甘さを抑えて飲みやすくなります。 メロンジュースを凍らせてシャーベット状にするとチワワがお腹を壊して下痢の原因となるので適温で与えることが望ましいでしょう。

普段の肉メニューのトッピングとして使用する

メロンにはたんぱく質を分解する酵素が含まれています。その酵素を利用して肉メニューに混ぜれば、いつものお肉メニューの見た目がきれいで鮮やかになるだけではなく、肉をやわらかくすることができます。 消化に優しくなるのでメロンを切って与えるだけでなく、トッピングしてみるのはいかがでしょうか。

チワワにメロンを与える際の注意点、リスクとは?メロンの皮は危険?

チワワにメロンを与える際の注意点を紹介します。

メロンは赤肉種は与えないようにする

夕張メロンのような赤肉腫のメロンには「βカロテン」が多く含まれています。このβカロテンを過剰に取ることはチワワのみならず犬にとってリスクを伴います。 犬は「ビタミンA中毒」になりやすい動物であることはご存知でしょうか。このβカロテンは、犬の体内でビタミンAに変換されて栄養として利用されます。 犬はビタミンAに変換する能力が哺乳動物のなかでも特に強力で、体内に入れたβカロテンが簡単にビタミンAに変換されてしまいます。この性質のせいで中毒になりやすいのです。 メロンを与える際はβカロテンが多く含まれている赤肉腫のメロンではなく、通常の青肉腫のメロンを選ぶようにしましょう。

熟したメロンは与えないようにする

熟したメロンには犬にとって毒性のある「ククルビタシン」という成分が増えてしまいます。完熟メロンを食べたときに広がる苦味がククルビタシンです。 大切な愛犬に与えるならあまり熟していない頃のメロンを与えるようにしましょう。

メロンの与えすぎに気をつける

メロンで水分補給をしたり栄養補給をする目的で与えてしまうとチワワの身体に影響を及ぼす可能性があります。 食物繊維も豊富に含んでいるメロンは食べることで便秘解消にもなりますが、過剰摂取することで便が緩くなり下痢の原因になってしまいます。 さらにメロンはウリ科の食べ物なので、食べ過ぎで身体を冷やしてしまい腹痛も併発するおそれがあるため、必ず与える量は厳守しましょう。

腎臓病のチワワには与えない

メロンにはカリウムが含まれています。カリウムは本来代謝を良くして生体機能を支えてくれる成分ですが、お年寄りの犬や腎臓が弱い犬が摂取してしまうと腎臓に負担をかけることになってしまいます。 そのため腎臓病を患っているチワワには与えないようにしましょう。

糖尿病のチワワには与えない

果物は本来ブドウ糖や砂糖に比べると血糖値があがりにくい糖質です。メロンも例外ではなく血糖値はあがりにくい食べ物ですが、高血糖のチワワや糖尿病のチワワに与えると悪化するリスクが伴うので与えないようにしましょう。

メロンの皮は消化器トラブルの元になる

メロンの皮にも中身と同じように食物繊維が含まれています。しかしその性質が異なり、非常に硬質なものとなっています。 メロンの皮を与えることにより、消化器官を傷つけるなどの消化器トラブルを起こす可能性があるので与えないようにしましょう。また、メロンのわたや種も消化に悪いので与えないようにしてください。 やわらかそうなわたですが、繊維質なものなので犬にとって消化が難しいものです。タネもまるごと飲み込まないように気をつけましょう。

チワワにメロンは必要?

結論から言うとあまり必要ではありません。メロンを食べることはできますが、犬は本来ビタミンCなどの必要な成分は体内で生成することができる生き物です。 ビタミンA中毒や「ククルビタシン」という毒性の成分も含まれていることから、すすんで与えるべきものではありません。 私たちにとってはうれしいβカロテンやカリウムも、過剰に摂取してしまうとチワワや犬にとっては健康を脅かすものにもなりえるのです。 しかしチワワにとってもメロンはご馳走で、一緒に生活していると欲しがることがあります。 そのときはメロンが大好きなチワワにたまにのご褒美に与える程度で大丈夫です。 無理にメロンを食べさせる必要はないといえます。愛犬と楽しく生活していくためにもメロンの与え方に注意して、健康に影響がある食べ物があるということを十分に理解していきましょう。

ちなみにメロンパンは食べられる?

メロンパンはメロンに良く似ている模様がついたパンというだけで、一般的なメロンパンにはメロンの栄養素は一切含まれていません。 マスクメロンに模様が似ていることからメロンパンと呼ばれるようになったそうです。 小麦や大量の甘味料が含まれているのでチワワにとっても健康的とはいえないので与えないようにすることをオススメします。 ちなみにその系列でメロンアイス、市販のメロンジュースにもメロンの栄養素はほとんど含まれておらず下痢や糖分の過剰摂取になってしまうので与えないようにしましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院