予約 TOPへ戻る

チンチラ(ペルシャ猫)の適温とは?夏と冬のエアコンの設定温度は?

アニホック往診専門動物病院

チンチラ(ペルシャ猫)の適温とは?夏と冬のエアコンの設定温度は?

チンチラ(ペルシャ猫)の適温と理想の湿度とは?温度変化に弱い?

チンチラに限らず猫の祖先は砂漠地帯に生息していたと考えられており、猫は一般的に人間よりも暑さに強い動物と言われています。 チンチラは美しく長い被毛を持つ猫種なので、どうしても夏などは暑そうというイメージが強い方も多いのではないでしょうか? しかしチンチラは被毛は長く暖かそうに見えますが、飼育する際の適温は約20~22度と言われています。これは一般の短毛種の猫と変わりはありません。 長毛種に比べると、短毛種の猫は短い毛が密集しており温かさを逃がさず保温できるので、長毛種も短毛種も飼育に適した温度は変わらないのです。 また、猫は前述した通り砂漠で生息してきた祖先を持つため湿度が高い環境がとても苦手です。 特に神経質な性格を持つチンチラは梅雨の時期から夏にかけて不快な湿度を感じると、食欲が落ちてしまったり適切なお手入れを行わないと皮膚病になってしまったりすることがあります。 湿度が高いことのみが問題になるのではなく、逆に湿度が低すぎて乾燥していても皮膚病の原因になってしまうことがありますので、適切な湿度の約40~60%を維持してあげましょう。 そしてチンチラを飼育する環境では、温度変化にも気を付けなければなりません。人間と同じく急激に温度が下がったり上がったりしてしまうと身体機能の調節が上手くいかず、体調を崩してしまう原因になります。 そのため1日を通して気温の上下が大きくなるとわかっている日は出来るだけエアコンを使用し、さらに常に温度と湿度が確認できるよう、電子温度計を設置してあげると良いでしょう。

チンチラ(ペルシャ猫)のための夏対策は?エアコンの設定温度は?

近年では真夏の過去最高気温が毎年更新されており、真夏日や猛暑日が毎日のように続いています。 もちろん住んでいる地域によっても多少変わってきますが、日差しの当たる部屋などは部屋の中でも40度を越してしまうこともあります。 そのため人間や犬よりも暑さに強いと言われているチンチラも夏の対策を取らなければ、熱中症になってしまったり体調を崩してしまうでしょう。 では、チンチラのための夏の暑さ対策は具体的にどのようなことを行ってあげればよいのでしょうか?いくつかご紹介いたします。

エアコンの使用

一番効果的な夏の暑さ対策は、チンチラの飼育環境にエアコンを設置し常に同じ温度を保ってあげることでしょう。 近年のエアコンは性能も良く、快適な温度を保つことが出来ます。また扇風機などを併用することによって、部屋を効率的に冷やせるようになっていますので、チンチラが部屋で快適に過ごすことが出来ます。 しかしエアコンを使用する際にはいくつか注意しなければならない点があります。 まずは設定温度です。チンチラの飼育環境にエアコンを設置する場合、一般的に人間が快適に過ごせる温度で設定してしまうと猫にとっては寒すぎてしまう場合があります。 そのため、夏のエアコンの設定温度は冷房で、25~27度に設定してあげましょう。 また暖かい空気は上に、冷たい空気は下の方に溜まってしまう性質があるので、猫のベットなどが下の方にある場合には少し高めに設定してあげると良いでしょう。 エアコンの設置場所や窓からの日差しの入り方で部屋の温度は変わってくるため、必ず温度計で温度確認を行ってから設定温度を決めてあげましょう。 そしてエアコンを使用する際には、やはり電気代がかかってしまうことを忘れてはいけません。しかし最近では長い時間エアコンを稼働させておくことでエアコン代を抑えられる場合もあるようです。 また、エアコンを付けたままチンチラを留守番させる場合に必ず注意していただきたいのが、エアコンのリモコンの置き場所です。 壁にかけるタイプなら良いのですが、猫が通る場所や床に置いたままにしてしまうと猫が踏んでしまった時に誤って暖房になってしまう恐れがあり、非常に危険です。 実際にその事故で熱中症になってしまい動物病院に運ばれる犬や猫も少なくありません。 命に関わることもありますので、猫だけで留守番をさせる時は、必ずエアコンの設定を確認するとともにリモコンの位置も気を付けて注意してあげましょう。

扇風機の使用

地域的に涼しい地域などの場合は、チンチラの暑さ対策としてエアコンを使用せずに扇風機のみの使用で良いところもあるでしょう。 山林などの場合は扇風機も使用せずに、換気を行い外の風を取り入れるだけで十分涼しい場合もあるようです。地域によって温度は大きな違いがありますので、住んでいる場所によって夏の対策を変えてあげましょう。 また換気をしながら扇風機を回す際は、網戸や窓から猫が脱走しないように注意が必要です。特に2階以上のアパートやマンションの場合、網戸が外れ落下事故の危険がありますので充分注意しましょう。

ブラッシング

チンチラの被毛はダブルコートと言われ、アンダーコートと呼ばれる内側の毛とオーバーコートと呼ばれる外側の毛の二層で出来ています。 このアンダーコートは、温度調節のため冬に増え夏に薄くなるという特徴を持っており、長毛種であるチンチラの温度管理に役立つようになっているのです。 しかしこのアンダーコートは絡まりやすく、特に冬毛から夏毛に変わる換毛期にしっかりとブラッシングをして抜け毛を取り除いておかないと毛玉になってしまうことがあります。 毛玉になってしまうと皮膚病の原因になってしまうだけでなく、そこに湿気が溜まり体感温度が高くなってしまうため暑さを感じやすくなってしまう恐れがあります。 そのため真夏になり暑さを感じる前に、必ずしっかりとブラッシングを行い、不要な抜けたアンダーコートを取り除いてあげましょう。 しっかりとブラッシングが出来てアンダーコートを取り除くと、チンチラ全体の毛量が明らかに減り一回り小さく見えることがありますが、問題はありません。

全身毛刈り

長毛種であるチンチラは、夏の暑さ対策で全身毛刈りを行う飼い主も多くいます。 長くフサフサとした毛をつるつるに刈ってあげることにより見た目も涼しくなりますし、何より真夏のお手入れが非常に楽になります。 チンチラにとってもやはり毛が無い方が涼しいようで、暑い夏を快適に過ごすことが出来るでしょう。 チンチラの全身毛刈りは主に動物病院やペットショップで行っています。猫の性格によっては少し麻酔をかけて行う場合もありますので、カットの方法なども含め獣医さんやトリマーさんと良く相談して決めると良いでしょう。 しかしこの全身毛刈り、猫にとって涼しくなりすぎてしまうことがあるようです。 そのため猫が寒がる様子が見られたら、エアコンを使用する際は少し設定温度を上げたり、寒いときに丸くなれる毛布を用意してあげたり、少し工夫してあげましょう。

チンチラ(ペルシャ猫)の冬の寒さ対策は?体温維持が重要?

冬は猫はこたつで丸くなると言われているように、一般的に猫は暑さに強いですが寒さに弱い動物です。フワフワの被毛を持っているチンチラも例外ではありません。 猫は冬の寒いとき、極力動かずにじっとすることで暖を取っています。猫は自分にとって快適な温度の場所を探す能力に長けており、お気に入りの場所を見つけるとそこからあまり動きません。 真冬は窓際で日向ぼっこをする光景も良く見られるでしょう。 しかし天気によっては日光が入らず日向ぼっこが出来なかったり、夜間などに部屋の温度が氷点下になってしまったりするときは、猫も凍えてしまうことがあります。 猫の体温は平均38度で、恒温動物になるので基本的には外気の温度に体温は左右されないのですが、老猫や病気などで体力が落ちていたりすると部屋の温度とともに体温が下がってしまうことがあります。 低体温になると免疫が落ちてしまったり風邪をひいてしまったりする恐れがありますので、チンチラの体温がしっかり維持できるように工夫してあげましょう。 自宅で出来る冬の寒さ対策をいくつかご紹介いたします。

エアコンの使用

夏の暑さ対策と同じく、エアコンを常時使用して温度を保つ方法が一番有効です。また、日の光が当たる日中は付けずに、寒くなる夜間のみエアコンを使用する方法もあります。 地域によっても気温が大きく変わってきますので、温度計を使用し昼間にどのくらい温度上昇をするか確認をして適度にエアコンを使用してあげると良いでしょう。 真冬のエアコンの設定温度の目安は暖房で約20~22度です。あまり高く設定してしまうと電気代が多くかかってしまうだけでなく暑すぎてしまうこともあります。 またエアコンを使用する際には、乾燥しやすくなってしまうため湿度にも注意してあげましょう。加湿器を同時に使用してあげると湿度も上がり、快適に過ごすことが出来ます。

ヒートマットの使用

冬の寒さ対策にはチンチラが普段寝ているところに、ヒートマットを使用してあげることも良いでしょう。ヒートマットはホームセンターなどで様々なタイプと大きさのものが販売されています。 ヒートマットでおすすめは、裏と表で違う温度で使用できるタイプです。多くは高温と低温のリバーシブルになっているので、猫の好みの温度で使用することが出来ます。 ヒートマットを使用する際には、直接マットの上に寝てしまうと低温やけどを引き起こしてしまう可能性があるので必ず毛布などを敷いてから使用しましょう。 また留守番でケージなどに設置してあげる場合には、暑すぎる原因になってしまいますのでケージの全面にヒートマットを使用することはせずに、必ず猫が暑くなったときに逃げることが出来る場所を作ってあげましょう。

猫用こたつを使用する

部屋に猫が入れるこたつが設置してあれば良いのですが、無い場合は猫用のこたつを使用してあげることも冬の寒さ対策になるでしょう。 猫用こたつとして販売されているものもありますが、手作りすることも出来ます。小さい子供用のテーブルに毛布を掛けて覆い、下にヒートマットを敷くのみで簡単に猫用こたつが出来上がります。 人間用のこたつのように上から暖かくはなりませんが、下からのヒートマットからの熱が逃げることがなく、また一か所に寝る習性のある猫は毛布に覆われていることで寒さが入り込んでこないので温かく過ごすことが出来ます。 比較的簡単に作ることが出来ますし、猫も狭くて暗いところを好む傾向がありますので気に入ってくれることが多いです。ぜひ一度作ってみてあげてください。

チンチラ(ペルシャ猫)が熱射病になる温度と湿度とは?

チンチラの長毛は湿気や温度がこもってしまう性質があるため、短毛種に比べると熱中症になりやすいと言われています。 前述した通り、チンチラにとって真夏の快適な部屋の温度は約25~27度になります。 これが30度を超えてしまったり、また温度がさほど高くなくても湿度が60%以上になってしまったりすると熱中症になる危険性が高まってしまいます。 エアコンを使用して部屋の温度を一定に保っていればよいのですが、真夏などで日光が当たりどんどん部屋の温度が上昇してしまうと40度を超えてしまうこともありますので、注意が必要です。 熱中症になると猫は口を開けて呼吸する、ぐったりするなどの症状が出ることが多く、重症になると意識がもうろうとし命に関わります。 少しでも猫に変わったことがあれば早急に動物病院を受診しましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院