予約 TOPへ戻る

チワワを抱っこするときの注意点は?嫌がるときの対処法は?

アニホック往診専門動物病院

チワワを抱っこするときの注意点は?嫌がるときの対処法は?

チワワが抱っこをせがむのはどんなとき?

甘えん坊な性格の持ち主で、好奇心旺盛なチワワは飼い主に抱っこされることが大好きという子が多いでしょう。 ではそんなチワワが抱っこをせがんでくるのはどのような感情の表れになるのでしょうか? 1番多い感情は、飼い主に対して甘えたい時、構ってほしい時です。長く飼い主から離れてしまっていた場合や留守番をしていた時など、寂しかった時に抱っこをせがみます。 このような時はチワワも不安に思っていることが多いため、出来る限り抱っこの要望には応えてあげるようにしましょう。チワワとのコミュニケーションをはかることも出来ます。 また他にもチワワは突然の来客や動物病院の待合室にいる時など、自分と飼い主の周りに知らない人がいる時も不安を感じて抱っこをせがむことがあります。 気が強いチワワは吠えたり威嚇したりするのですが、控えめなチワワは飼い主に抱っこされることで落ち着こうと試みます。そんな時はチワワにストレスを与えないためにも快く抱っこをしてあげましょう。

チワワの抱っこの仕方や注意点は?

ではチワワを抱っこする際はどのようにして行うと良いのでしょうか? チワワを抱っこする前に、まずは体中を触って嫌がることがないかを確認してあげましょう。どこかを触って嫌がるようですと、抱っこした時に不意に暴れてしまい思わぬ怪我に繋がってしまうことがあるため注意が必要です。 嫌がらないことを確認したら、後ろからチワワの両脇を優しく両手で持ち、そのまま飼い主の体にピッタリと引き寄せます。そして片方の手を脇に通し、もう片方の手でお尻をしっかり包み込んであげましょう。 飼い主の胸元で、お座りをしているような状態になり、脇を支える手に少し前足の体重が乗る程度がチワワにとっても飼い主にとっても負担の少ない抱っこの仕方になります。 脇を支えることによって、万が一暴れてしまった際も落下しないように抑えることが出来ます。 抱っこをする際の注意点として、チワワの前から脇を抱えてお尻を下げるような恰好を取らせることはしないようにしましょう。 チワワを縦にしてお尻で体重を支える姿勢は、腰に負担がかかることで、椎間板ヘルニアなどの病気の原因にもなってしまう恐れがあります。 また、あまりにチワワが抱っこを嫌がる場合には無理矢理抱っこをしないようにしましょう。人間が噛まれてしまったり、チワワが落下してしまったりと怪我に繋がってしまうことがあるためです。 その際はバスタオルで全身を包み、視界が見えないようにすると落ち着いて抱っこできることもあります。バスタオルで包むことによって飼い主が噛まれる危険も減少しますのでおすすめです。 タオルで包まれると安心感が生まれるのか、落ち着いてくれるチワワも多くいます。どうしても暴れてしまうけれども抱っこして連れて行かなければならない場合などに、試してあげましょう。

チワワが抱っこを嫌がるのはなぜ?どういうとき?

全てのチワワが抱っこが大好きなわけではなく、もちろん抱っこを嫌がるチワワも多くいます。チワワが抱っこを嫌がる時に、考えられる状況を挙げてみましょう。

怪我をしている

抱っこをすると痛い時はもちろん抱っこされることを嫌がります。 抱っこをする際に押さえるところに怪我をしている恐れがあり、特に今までは嫌がらずに抱っこさせてくれていたのに、急に嫌がるようになった場合には要注意です。 脇の下などに外傷がないか、膿んでいないか、またお尻も怪我や肛門腺の自壊などで痛みを伴う病気になっていることがありますので、注意深く観察してあげましょう。

抱っこが基本的に嫌い

チワワにも個体差がありますので、もちろん生まれつき抱っこがどうしても苦手で嫌いという犬もいます。 またブリーダーなどの環境で小さいころから人間に抱っこをされることを経験せずに育ってきた場合には、そもそも抱っこされることがどのようなことかわかっておらず、恐怖心を抱いてしまっている場合もあります。 そのような場合はチワワのストレスになってしまうことも考えられますので、無理に抱っこをしようとはせず、長い目で見てあげるようにしましょう。 優しく抱っこをし「抱っこは嫌なものではない」という事を覚えさせることによって、徐々に抱っこを嫌がることが少なくなる場合もあります。

反抗期

人間にも反抗期があるように、犬にも生後半年くらいから反抗期と呼ばれるものがあり、その時期に自我が目覚めます。 そのためそれまでは素直に抱っこを受け入れていても、急に嫌がってしまったり怒るようになってしまったりすることがあるでしょう。 反抗期は個体差があり、すぐに終わってしまう犬もいれば2歳くらいまで続いてしまうことがありますが、ここで抱っこすることをやめてしまうとずっと抱っこが嫌いになってしまうことがあります。 そのため反抗期がやってきて抱っこを嫌がっている場合には1日1回は優しく抱っこをしてあげる習慣をつけて、抱っこが嫌いにならないようにしてあげましょう。

抱っこの仕方が苦しい

抱っこを嫌がる原因として、飼い主の抱っこの仕方が原因の場合もあります。 飼い主の腕がチワワの首を必要以上に絞めてしまっていたり、体を強く抑えてしまっていたりしませんか?また足先や尻尾などを持たれることを犬はとても嫌います。 前述した正しいチワワの抱っこの仕方を参考にして、チワワが嫌がらない抱っこをしてあげましょう。

抱っこにトラウマがある

抱っこをしている際に何か怖いことがあった際に、トラウマで抱っこが嫌いになってしまっている可能性もあります。 良くある事例としては、飼い主が抱っこをしている際に誤って落下し怪我をした場合や、急に大きな音がして驚いてしまった場合などです。 ほんの小さなことでも神経質なチワワにはトラウマとして残ってしまい、それ以来抱っこを嫌がるようになってしまうこともあります。 そのような時は焦らず、ゆっくりと時間をかけてトラウマを解消してあげると良いでしょう。焦って無理に抱っこをしてしまうと、更にストレスになってしまうこともありますので注意しましょう。

チワワを抱っこしてはいけないのってどういうとき?

人間の赤ちゃんも抱き癖が付くと言われているように、チワワも子犬の頃から甘やかして育ててしまうと抱き癖がついてしまうことがあります。 特に離れていてストレスを感じているわけでもない、知らない環境に連れてきたわけでもないのに ずっと抱っこしてくれと騒ぐ時はただの甘えで抱っこをせがんでいる場合があるので、状況に応じて我慢をさせることも大切です。 犬はしつけの面から、飼い主が主導権を握るというトレーニングが求められます。しかし常にチワワの要求を受け入れてしまっていると主導権が犬になってしまい、他のしつけでも苦労してしまうことがあるでしょう。 また飼い主も抱っこをせがまれても家事をしていた場合など、いつでも抱っこできるわけではありません。そのため「待て」や「ハウス」の命令によって我慢することが出来るようなしつけが必要です。 しつけとして我慢が出来た場合には、ご褒美として抱っこをしてあげるのも良いでしょう。 チワワがどのような状況で抱っこをせがんでいるのかを良く見極めて、ただの甘えで抱っこを求めている時は抱っこをしてはいけないこともあるという事を頭に入れておきましょう。

チワワが抱っこが好き過ぎて困っている?対処法は?

もともと甘えん坊で抱っこが好きなチワワの中には、抱っこが好き過ぎる子もいます。そんなチワワには飼い主もずっと抱っこするわけにはいきませんので困ってしまう方も多くいることでしょう。 そんなとき、どのように対処したら良いかをいくつかご紹介いたします。

お散歩用バギーを使用する

散歩中など、出かけている際に抱っこをせがんで仕方ない場合にはお散歩用バギーに乗せて散歩することが良いでしょう。 抱っこをすると目線も高くなり、色々なものを見ることが出来るので抱っこを好むチワワも多いのです。そのため、同じようにバギーを使用しお散歩に行くことで抱っこをせがむことがなくなることがあります。 ペット用バギーには色々なタイプのものが販売されています。多頭飼いで使用できるタイプや、座席が高くなっているものまで様々です。その個体に合ったものを選んであげると良いでしょう。 稀に人間用のバギーで代用する方もいますが、落下し怪我の危険性が高まりますので必ずペット用のものを使用しましょう。

抱っこひもを使用する

犬用の抱っこ紐を使用するのも一つの対処法です。人間の赤ちゃんのように抱っこひもを使用し体に密着させる抱っこひもですが、こちらも様々なタイプがあります。 抱っこひもには犬種別に分かれていることが多いため、落下などの事故防止のために選ぶ際には必ず小型犬用もしくはチワワ用を選ぶようにしましょう。 また小さいチワワと言っても、長時間使用するとやはり肩の部分や腰に負担がかかってしまう場合もあります。 生地が厚く肩紐の幅が広い抱っこひもは肩への負担が軽減できます。また胸元で高さが調節できるタイプでしたら、飼い主と犬が密着するため安定感があり犬も安心できます。 人間もチワワも快適に使用できる抱っこひもを選んであげましょう。 しかし犬の健康状態(足の怪我など)によっては使用出来ないこともありますので、その際は使用の前に必ず動物病院に相談してから使用してください。

おもちゃなどで気を紛らわす

抱っこが大好きなチワワを、自宅でずっと抱っこしているのは難しい場合も多いでしょう。そのような時は犬用おもちゃを使用し気を紛らわすことも一つの方法です。 おもちゃは犬にとって好みがありますので、色々と種類を試してみてチワワが気に入るおもちゃを使用することが大切です。 なかでも、おやつが少しずつ出てくるおもちゃだと時間をかけて楽しむことが出来ますのでおすすめです。一度興味がそちらに向くと、抱っこをせがむことがなくなる犬も多いので、試してあげましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院