予約 TOPへ戻る

ミニチュアなどダックスフント各種類の違いとは?

アニホック往診専門動物病院

ミニチュアなどダックスフント各種類の違いとは?

そもそもダックスフンドとダックスフント、どっちが正しい?

ダックスフンドとダックスフントはどちらが正しいのか不思議に思うことがあるかもしれません。 答えはどちらも正しいのです。 日本ではJKC(ジャパンケネルクラブ)がダックスフンドの言い方を用いているのでダックスフントよりも多少聞きなじみがあるかもしれません。 Google検索をするとダックスフントの方が検索結果数が多いようでもあります。ではダックスフンドとダックスフントの違いは何なのでしょう。 その前にダックスフントの言葉の成り立ちについてお話します。 ダックスフントはドイツが原産の犬種であり、ドイツ語で「Dachshund」と表記し英語も同じ綴りです。 さらに英語では「Sausage dog」という表現もあります。この「Dachs」とはタヌキ・アナグマを意味します。 また「Hund」は犬を意味し、合わせてアナグマ犬という意味になります。 ダックスフントの歴史をさかのぼると巣穴に潜むアナグマ・タヌキ・ウサギなどの小動物をそれらの臭いをたよりに探し当て狩りをする嗅覚を活用した猟犬だったのです。 余談になりますがこのような特製の猟犬のため穴にもぐりやすいよう短い手足に改良されたのが現在のダックスフントの短足胴長という典型的な体型となりました。 この「Dachshund」の末尾の「d」の読み方がドイツ語の場合濁音にならず「ト」と発音され、英語の場合は表記通り「ド」と発音されます。 そのためダックスフンドとダックスフントの2つの表記があるということになります。 どちらの表現を用いても間違えではありませんのでお好きな言い方をお選びいただくと良いでしょう。

ミニチュアなどダックスフントにはどんな種類がある?

ダックスフントの種類は、体のサイズを基準としたものが3種類、被毛が3種類ありその組み合わせがダックスフントの全種類になります。 ダックスフントの体のサイズは胸囲が基準となっており、大きいサイズからダックスフント(スタンダードダックスフント)、ミニチュアダックスフント、カニーンヘンダックスフントです。 これら3種類のサイズは各国のケネルクラブにより理想のサイズが定められています。 JKCが定める理想のサイズは、ドイツのDTK(ドイツテッケルクラブ)が定める基準に準じています。 DTKはダックスフントの品種改良により従来のダックスフントの特徴とかけ離れた犬種とならないようブリードスタンダードという厳しい基準を設けた世界最古のダックスフントクラブです。 クラブ名にあるテッケルとはその昔ドイツ国内で使用されていたダックスフントの呼称を指します。 ダックスフントは3種類ある被毛によってそれぞれのカラーバリエーションがあり、被毛色の組み合わせは大変多くなります。 まずスムースヘアードダックスフントは短毛がぎっしりと生えツルツルとした光沢が美しい滑らかな印象を与える被毛です。 次にロングヘアードダックスフントは長い毛で特に耳のあたりに緩やかなウェーブがあるのが特徴です。長い毛のわりには絡みにくく眉毛の印象もチャームポイントです。 そしてワイヤーヘアードダックスフントは字のごとく剛毛のような縮れ毛をしています。テリアに似た印象を与え口のあたりにあごひげが生えたように見えるのが特徴です。 このように被毛の3種類とカラーバリエーションによりかなりの組み合わせとなりますのでダックスフントを飼う際はしっかりと自分の好みを決めておくと迷いが少なくすみます。

種類ごとのダックスフントの体長、体重の違いを解説!

ここでは体型(胴囲)によるダックスフントの種類ごとに大きさや重さを解説します。

ダックスフントの体長、体重

ただのダックスフントと呼ばれるスタンダードダックスフントは3種類のうち一番大きいサイズです。 JKCの基準は、胸囲35cm以上で体重はおよそ9kgです。これはDTKとほぼ同じです。 体重だけはDTKは9kgまでとしていますがJKCは9kg~12kgほどの幅を設けている点が若干違うところです。 アメリカンケネルクラブやイギリスケネルクラブなどの基準は体重のみとなっておりサイズの基準に多少のバラつきが見られます。

ミニチュアダックスフントの体長、体重

ミニチュアダックスフントの理想的なサイズは胸囲35cmと言われています。JKCの基準では生後15ヶ月に達した時点で測定する胸囲が30cm~35cm、体重は5kg以下とされています。 DTKの規定は胸囲30cm~35cm、体重は3kg~4kgとされ日本よりも体重に関しては少なめの基準を設けています。 ダックスフントの登録数が圧倒的に多いのがミニチュアダックスフントでカニーンヘンダックスフント、ダックスフントと続きます。 登録数が一番多いので基準サイズからはみ出る犬種も比例して多く、実に体重が20kgに達している超肥満なミニチュアダックスフントも世界で確認できています。

カニーンヘンダックスフントの体長、体重

カニーンヘンダックスフントのカニーヘンとはドイツ語でウサギと言う意味です。 ウサギなどの小動物を嗅覚で追いかけて狩りをする際に巣穴に入りやすいよう改良されたため胸囲が一番小さい犬種です。 JKC(ジャパンケネルクラブ)の基準では生後15ヶ月に達した時点で測定する胸囲が30cm以下で、体重は3.5kgくらいが理想とされています。 DTKの規定は胸囲30cm以下、体重は3kg以下です。

種類ごとのダックスフントの性格の違いを解説!

胴囲別および被毛による各3種類のダックスフントには多少とも種類別による性格の違いなどがあります。ここではその種類別に解説します。

ダックスフントの性格

ダックスフント(スタンダードダックスフント)は、3種類の犬種の中で一番胴長で猟犬の面影を残しています。 好奇心が旺盛で活発なのは猟犬だった名残だからと言えます。人見知りが少なく人懐っこい性格ですが飼い主に対する忠誠心はきちんと持っています。 他の犬種より吠え癖がつきやすい傾向にあるのと多頭飼いや他の犬とのコミュニケーションは少し苦手と言われているので特に社会性に関するしつけには注意が必要です。

ミニチュアダックスフントの性格

ミニチュアダックスフントは、陽気でとても活発であるとともに好奇心が強く勇敢な性格でもあります。また3種類の中では頭が良く適応力があるのでしつけや訓練が比較的しやすい犬種と言われています。 しかし頑固さも持ち合わせているので甘やかし過ぎると扱いがむずかしくなることもあるので注意が必要です。まれに憶病な性格のミニチュアダックスフントもいます。 スタンダードダックスフントよりも勝気で他の犬種との相性を選ぶ傾向があり、小型犬といえども負けん気が強く自立している性格でもあるので理解が必要です。

カニーンヘンダックスフントの性格

カニーンヘンダックスフントの性格は温和で明るく、とても友好的な性格です。好奇心が旺盛で活発なのはダックスフント全ての種類に共通しており、忠誠心と協調を兼ね備えているのでしつけや訓練を受け入れやすいと言えます。 ダックスフントの種類の中で一番小型ですが身の程知らずな勇敢さを見せることもあります。猟犬がバックグラウンドにあり嗅覚ハウンドの特徴である鳴きながら獲物をさがすことから吠え癖や噛み癖がつきやすい犬もいるのでしっかりとしつけることが大切です。

スムースヘアードダックスフントの性格

スムースヘアードダックスフントは被毛タイプ3種類の中でも最も筋肉質であることが強調されます。スムースヘアードは従来のダックスフントの容姿を残しており、これぞザ・ダックスフントと言われるような典型的な姿かたちです。 機敏でとても活動的なので遊ぶことや散歩が大好きな反面警戒心が強く神経質な性格も見られるのがスムーズヘアード・ダックスフントです。 3種類の中で一番気が強いのもこの犬種ですが忠誠心があり人懐っこい性格でもあります。

ロングヘアードダックスフントの性格

ロングヘアードダックスフントはスパニエル系を先祖に持ちアイリッシュセッターやパピヨンなど温和で陽気な犬種が交配されたバックグラウンドのため全種類の中で最もおとなしく温厚で甘えん坊な性格です。 また最も人懐っこい性格はトイドッグの性質を強く出しています。辛抱強く飼い主に忠実でもあります。

ワイヤーヘアードダックスフントの性格

ワイヤーヘアードダックスフントはその毛質の特徴からもわかるようにテリア系が交配されています。 テリア気質を持ち合わせているため負けん気が強い性格が多く見られるのが特徴です。気性の荒さや気の強さはテリア気質の性格と言えましょう。 そして頑固な面も持ち合わせているのでしつけや訓練で手こずることもあるかもしれませんがきちんとした主従関係や信頼関係を築けば従順な犬種です。 ダックスフントの原産国であるドイツでは一番人気がありますが日本ではミニチュアダックスフントの人気にはかないません。

種類ごとのダックスフントの飼いやすさを解説!

犬を飼うということはダックスフントに関わらずすべての犬種において飼いやすさの基準はさまざまです。 犬を飼うにあたり一人暮らしなのかファミリーなのかシニアなのか乳幼児はいるのかなど家族構成、犬を飼う初心者なのか経験者なのかなど飼う人の経験値など人的な要因を考慮する必要があります。 また一軒家なのかアパート・マンションなのか庭付きなのかなど住居環境、一頭飼いか多頭飼いかあるいは先住犬か後飼いかなど犬の序列環境など犬を取り巻く環境条件も合わせて考えたい要因です。 それに自分の好みが加わると犬の飼いやすさは人それぞれ違ってきます。 自分にとって一番ふさわしい犬種が何なのかをじっくり考えてから飼い始めることをおすすめします。 さまざまな犬種がある中で、ダックスフントはどの種類も総じて飼いやすい犬種に分類されると言っていいでしょう。 人気の犬種がそのまま飼いやすい犬種というわけではありませんが、ダックスフントは長年に渡り常に人気の上位にランクされることから比較的飼いやすいと理解できます。 しかしダックスフントの特徴や性格をよく理解せずに可愛さだけで飼い始めたら最初のイメージと少し違ったとか甘やかせ過ぎてしまい手に負えなくなったりすることもあるので注意が必要です。 ダックスフントはとても活発で好奇心旺盛なので遊びや散歩の時間をできるだけたくさん取ってあげることが第一条件です。 被毛がダブルコートなので換毛期の抜け毛にはある程度の覚悟が必要です。抜け毛は勘弁して欲しいけれどダックスフントを飼いたいならばスムースヘアードダックスフントがおすすめです。 ダックスフントは体が小さくなるほど自立心が強くなるとも言われています。乳幼児がいるファミリーはスタンダードダックスフントや温厚なロングヘアードダックスフントがおすすめです。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院