予約 TOPへ戻る

ダックスフントのロングの魅力、性格とは?

アニホック往診専門動物病院

ダックスフントのロングの魅力、性格とは?

そもそもダックスフントにはどんな種類がある?

ダックスフントはカラーの種類が多いことでも知られています。まずはカラーをご紹介しましょう。劣性遺伝の問題があるため、カラーの規定が細かくされています。珍しい毛色を生み出すための繁殖を抑える措置です。

ダックスフントのカラー

ダックスフントと言えば、ブラック&タンとレッドが1番多く見かけるカラーですね。しかし、ダックスフントの人気と共にたくさんのカラーが誕生しています。

単色カラー

単色カラーで認められている毛色は「レッド」「レディッシュイエロー」「イエロー」です。 レッドは明るい色から暗い色まで色味に幅があります。色々なカラーが誕生する前からダックスフントの定番カラーですね。 イエローはレッドに近いレディッシュ、黄味がかったイエローです。 白に近くなると劣性遺伝の可能性がある場合もあるので繁殖の際には注意が必要です。2017年1月にダックスフントの犬種標準が改正され、クリームが認定外となりました。 ジャパンケンネルクラブ「ダックスフントのクリームについて」 単色でありながら、毛色に黒が混ざっているシェーテッドと呼ばれる子も単色と分類されます。耳の先や背中、尻尾の先などに黒い毛が混ざっています。

二色カラー

二色のカラーはベースとなる色にタン、又はクリームの斑ががあります。この斑の位置は決められていて、斑が拡散しすぎていると評価が下がってしまいます。 組み合わせは「ブラック&タン」「チョコレート&タン」などになります。

その他のカラー

その他のカラーとしてはまだらを意味する「ダップル」と縞模様の「ブリンドル」があります。 ダップルのベースの色はブラック、レッド、グレーなどの暗い色になります。シルバー&ダップルやブラック&ダップルなどがいます。 ブリンドルはベースの色はレッドかクリーム(イエロー)となります。 珍しい毛色として白色ベースにまだらの入ったパイボールド、淡い栗毛色のイザベラなどがあります。但しこちらの毛色もジャパンケンネルクラブの犬種スタンダードとしては認められていない毛色となります。

ワイヤーヘアードのカラー

毛質の種類で分類されるワイヤーヘアードだけ、カラーが特殊です。 枯葉色(ドライ・リーフ、テッド・リーフ)や、猪色(ワイルドボア)と呼ばれるカラーです。明暗の違いが存在します。

珍しいカラーには注意が必要

犬種の人気とともに、色々なカラーの子が誕生しているダックスフントですが、無理な繁殖が行われることにより、障害を持って誕生してしまう仔犬も存在します。 ジャパンケンネルクラブではこういった繁殖を抑制するために、犬種スタンダードとして各犬種のカラーを設定しています。 これから外れたカラーの仔犬は血統書を発行する際にカラーの前に×印が印字されるそうです。詳しくは、ジャパンケンネルクラブの該当ページよりご確認頂けます。 ジャパンケンネルクラブ『犬種スタンダードで認められていない毛色について』

毛質(被毛)の種類

ダックスフントは短毛のスムースヘアード、長毛のロングヘアード、剛毛のワイアーヘアードの3タイプとなります。 基本であるスムースヘアードにスパニエル系の血が混じってロングヘアード、テリア系の血が混じってワイアーヘアードが誕生しました。

ダックスフントのサイズバリエーション

サイズの分類も3種類あり、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンです。但し、生まれた時から種類が分かれているのではなく、生後15ヶ月を過ぎた時点で測定を行い、その際のサイズで振り分けられます。 各国で規定サイズには多少の違いがありますが、ここではジャパンケンネルクラブの規定サイズでご紹介します。

カニンヘン

ダックスフントの中で最も小さいサイズとなります。測定時の胸囲が30cm以下、体重は3.2~3.5kgを理想とします。 このカニンヘンという言葉はドイツ語の『ウサギ』という意味があります。

ミニチュア

測定時の体重が5.0kg以下であること、胸囲は35cmが理想とされています。スタンダードより小さいことからミニチュアと名付けられています。

スタンダード

体重は9.0kgから12.0kgとされています。

ダックスフントのロングの魅力とは?

被毛のタイプのひとつである、ダックスフントのロングですがスタンダードやワイヤーヘアードと、どこが違うのでしょうか? 1番に挙げられるのは3タイプの中で一番穏やかな気性である点でしょう。 猟犬として生まれたダックスフントはとても賢く、機敏で好奇心旺盛です。人や犬に対しても友好的です。辛抱強い一面もあり、家族として迎えるのに優秀な犬種と言えるでしょう。 家族と共に過ごす事も大好きなので、お子さんのいる家庭でも上手に家族に馴染んでくれるはずです。個体差はあるものの、比較的穏やかで優しい気質のロングヘアードはペットとして一番向いているとも言えます。

ダックスフントのロングの歴史とは?

ダックスフントはドイツ原産の犬です。12世紀ごろから狩猟犬として活躍してきました。ダックスフントという名前もダックス=アナグマ、フント=犬というドイツ語からつけられたものです。 胴が長く短い足、しっかりとした骨格はこの狩猟の為のスタイルです。巣穴に逃げ込んだ獲物を追いかけ、時にはたくましい前足で穴を掘り、低い体高を利用して穴の中まで入り込み、獲物を追い出すという役目を果たしてきました。 猟では主人の命令は絶対、獲物を捕らえるまでは忍耐が必要、ここからダックスフントの飼い主への忠誠度や辛抱強い性格が続いていると思われます。

ダックスフントのロングはどんな性格?

ダックスフントのロングはとても人懐こく、愛嬌もたっぷりなので、お子さんのいる家庭でも安心して飼育できる性格です。お子さんと犬の相性も大切ですが、しっかりしつければ、子供を攻撃する事はありません。 ダックスの賢さや活発さを引き継ぎながらも、鋭さや厳しさが少しだけマイルドになっているのがロングヘアードの性格です。 また、飼い主を信頼すると、とても甘えん坊になる一面もあります。

ダックスフントのロングのお手入れの仕方を解説!

週に1回~2回、ブラッシングをしてあげましょう。抜けた毛が体についたままだと、皮膚のトラブルの原因となります。 またダックスフントは体力のある犬種です。日光浴もかねて1日に1~2回、外で運動する機会をあげましょう。規則正しいお散歩と自由に動き回る時間を持てるのが理想的です。

ダックスフントのロングの健康上の注意点

ダックスのかかりやすい病気とかからないための予防法をまとめてみました。

椎間板ヘルニア

特殊な体格を持つダックスの弱点は椎間板です。負担がかかり過ぎると『椎間板ヘルニア』を発症してしまいます。 椎間板ヘルニアを避けるためには、適度な運動によって筋肉、背筋を鍛える事と、適切な食事量を守り、肥満を避ける事が大切です。食欲旺盛なダックスフントは肥満になりやすいので、おやつなどもルールを決めて与えましょう。

耳のトラブル

大きく垂れた耳もダックスの特徴です。蓋のように耳が被っているため通気性が良くなく、中耳炎や外耳炎などのトラブルを起こす子もいます。 普段から耳の匂いをチェックして、耳の清潔を保ちましょう。

ダックスフントのロングの値段はどれくらい?ブリーダーの探し方とは?

ダックスフントのロングの価格はカラーや生後の月数などによって大きく開きます。一般的にペットショップで販売されている価格は15~30万円です。 ネットなどのブリーダー紹介サイトでも、これに近い金額で提示されています。ペットショップではなくブリーダーさんから入手したい場合は、ネットで検索するとサイトが出てきます。 新しく家族に迎える仔犬との相性も大切ですが、良いブリーダーさんから仔犬を入手したいですよね。犬を物のように扱う悪質なブリーダーも増えてきています。 仔犬の健康状態やその後の成長を考えても良いブリーダーと出逢いたいですね。

ブリーダーに確認しておくべきこと

良いブリーダーから、健康な仔犬を購入するための注意点です。

犬舎の見学をさせてもらえるか?

衛生的で良い環境で犬を育てているブリーダーなら、犬舎の見学を拒む理由はありません。現在は動物愛護管理法で『仔犬の現物確認』と『対面説明』が義務付けられています。 但し、仔犬は予防接種前は免疫力が不完全の為、ウィルスなどへの感染の恐れから犬舎への一般の人の立ち入りを断るブリーダーもいます。 理由や対応などを見て判断しましょう。

母犬と会わせてもらえるか

母犬の状態でもブリーダーの管理の仕方がわかります。親犬を大切にしているブリーダーなら安心ですよね。

仔犬の月齢

販売サイトでも仔犬の誕生日が記載されていますね。生後、何日経っているでしょうか?生後45日以下の販売は制限されています。 小さい子ほど可愛いのはわかりますが、生まれたての赤ちゃんはお母さんの母乳から免疫力、一緒に生まれた兄弟犬と過ごす事で社会性が身に付きます。この大切な時期をきちんと親犬と過ごさせてあげることも大切です。

購入後の相談を受けてもらえるか?

犬を愛しているブリーダーならば、自分のところで生まれた仔犬はとても大切で、新たな家族の元で幸せに育ってほしいと願っています。 しつけや健康上の事などで、相談にのってくれる気持ちのあるブリーダーなら購入後も安心です。

ブリーダーの所在地

生まれたての仔犬にとって長旅はとても負担になります。車でお迎えに行くにしても車に酔う子もいます。空輸など、あまりにも条件が厳しい時にはもう一度考えてみてください。 どの位の移動が可能なのかもブリーダーの方に相談する事をおすすめします。決定前にたくさんコミュニケーションをとって信頼関係が築く事が大切です。 事前にしっかり確認して、新しい家族となる子を迎えてあげてください。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院