予約 TOPへ戻る

犬の尿毒症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬の尿毒症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の尿毒症の症状

尿毒症(にょうどくしょう)は、深刻な腎臓の病気で、命に関わる病気です。腎臓に問題が発生し、尿を通じて排出されるはずの老廃物を排出できず、血中に毒のように老廃物が回る病気です。 下痢や嘔吐、食欲低下などの症状が確認できます。また腎臓に問題が生じているため、尿が出なくなります。 症状がさらに悪化すると、昏睡状態などに陥ることもあります。

犬の尿毒症の原因

尿毒症は腎臓病の末期で起きる症状です。腎臓病はステージ1からステージ4まであります。ステージ4では残っている腎臓の機能は5%以下となっており、深刻な腎臓病といえます。この状態になると、腎臓の機能低下によって、尿をうまく排泄できないようになります。

犬の尿毒症の治療・予防

尿毒症になるまでに、原因となる病気への治療が必要です。 尿毒症への治療としては、症状緩和のための定期的な点滴治療や徹底した食事療法などが行われます。 予防としては、尿毒症の原因となる病気への意識を持つように心がけることが重要です。特に慢性腎不全の発症リスクを下げるために、普段の食事や飲水量などを適切に保ちましょう。仮に腎不全の兆候が確認できた場合には、早期発見・早期治療を行うためにもすぐに動物病院で診察してもらうようにしましょう。

犬の泌尿器の病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・介護・予防など

カテゴリー

猫・犬の動物病院