予約 TOPへ戻る

犬のエナメル質形成不全を解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬のエナメル質形成不全を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のエナメル質形成不全の症状

犬のエナメル質形成不全(えなめるしつけいせいふぜん)とは、何らかの原因によって歯の表面にあるエナメル質が十分に発達しない病気です。 歯の表面がザラザラしている、歯が茶褐色になるなどの症状が見られます。

犬のエナメル質形成不全の原因

先天的にエナメル質の形成が不十分な場合があります。 また、生後1~4ヶ月ごろに感染症にかかった、傷がついた、栄養が不十分であったなどの原因からエナメル質形成不全を発症することもあります。

犬のエナメル質形成不全の治療・予防

強い力での歯磨きや、強く物を噛むなど、歯を削る行為はなるべく避けましょう。 また、定期的に動物病院で歯石除去を行うことが重要です。 症状が重度の場合は、歯にかぶせ物をつけることがあります。 早期発見し、早期にケアを行うことが肝心です。 気づきにくい病気でもあるため、動物病院で歯の検診をしましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。

犬の口腔・歯の病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院