予約 TOPへ戻る

あなたのお家のワンちゃんは冬も散歩へ行っていますか?散歩での寒さ対策は?

アニホック往診専門動物病院

あなたのお家のワンちゃんは冬も散歩へ行っていますか?散歩での寒さ対策は?

寒い真冬や吹雪の日、おうちのワンちゃんは、お散歩へ連れて行ってもらっていますか? 春から秋までは毎日お散歩へ行くワンちゃんが多いかと思いますが、冬はどうでしょうか? 凍えるような吹雪の日のお散歩は、人間も参ってしまいますよね。 こちらでは、そんな冬のワンちゃんとのお散歩での、寒さ対策についてお話しします。

ワンちゃんとの寒いの散歩の対策には、どんなものがあるの?気をつけることは?

①あったかい服を着せてあげる

最近では、ペットショップなどで、暖かいフリースの服、毛糸のセーターや、ダウンコートなど、いろんな種類の冬物の服やコートなどが売られていますよね。 小型犬だけではなく、大型犬用の服もたくさん売られています。 それらの冬用の服は、寒さから身を守れますし、雪が降っている日には、体があまり濡れません。大型犬ですと、頭や背中に雪が積もって、散歩の後に体が濡れてしまいますよね。 コートを着せていれば、頭やしっぽ、足だけをタオルで拭いたり乾かしたりすればいいのです。 洗い替え用に何着か揃えておくと、毎日散歩へ行くことができるので便利です。 成犬になって、初めて服を着せると、服を嫌がって暴れたりしてしまったり、歩かなくなってしまう子もいるので、子犬の頃から服に慣れさせてあげましょう。

②ワンちゃん用のブーツをはかせてあげる

服やコートだけではなく、靴やブーツなども売られているのを知っていますか? ワンちゃん用に4本足用の靴やブーツも売られています。 雪の上を歩くと、靴を履かずに歩くと、冷たくて散歩をすること自体嫌がってしまう子もいますが、靴やブーツをはくと、直接足が雪に触れることがなく、冷たくないのです。 帰宅後に足を洗ったりする手間も省けるので、飼い主側の利点もあります。 靴も、服と同じで小さな頃から慣れていないと歩かなかったりすることがあるので、お家の中で靴下や靴を履かせて、練習しておくといいでしょう。

③体調が悪い日には最低限の散歩を

ワンちゃんが、食欲がなさそうだったり、吐いたり下痢をしていたりする日は、体調が悪かったり、何か病気の可能性があります。 いつもの元気がないときなどは、冬の散歩はトイレだけの最低限の散歩にしたほうがいいでしょう。 寒い日の散歩に慣れていないワンちゃんですと、なおさらです。 冬の外遊びは、体力も消耗するので、元気な時にだけにしてあげましょう。

散歩の後のポイントは?

①ワンちゃんの体をよくあたためてあげる

寒い外に出かけて、雪道を歩いたり、走り回ると、長毛種のワンちゃんの毛に雪玉がたくさん出来てしまいます。 散歩が終わり家に帰ったあと、そのまま家に入ると、家の中が濡れてしまいますし、ワンちゃんの体も冷えてしまいます。 何十個もある雪玉を除去するのは、中型犬以上になるとですと大変です。 思いっきり雪遊びをした日には、そのままお風呂にいれてあげるのも、いいでしょう。 温かいお湯につかると、毛についた雪玉もとけますし、ワンちゃんの自信もあったまることが出来ます。 お風呂に入った後も、入念にブラッシングをしてあげることが大切です。 お風呂に入る時間がない時には、雪玉を丁寧にとってあげて、タオルで拭き、エアコンやストーブをつけて、部屋の中の温度を上げて暖かくしてあげましょう。

②ドライヤーでよく乾かすこと

雪が積もったところを歩いたり、雪の日に頭や背中などに雪が積もると、散歩後家に入ると、その雪が溶けて、ワンちゃんの毛がビショビショに濡れてしまいますよね。 そのまま濡れた状態で放置してしまうと、ワンちゃんの体が冷えてしまいます。 冷えたことで体調を崩してしまうこともありますし、濡れたまま、体を掻いたり、ゴロゴロしたりすると、毛玉が出来る原因にもなってしまいます。 毛が濡れてしまった場合は、ドライヤーでよく乾かしてあげましょう。 ドライヤーでよくブラッシングをしながら、乾かしてあげます。特に、耳や胸、四肢の飾り毛やしっぽなどは、しっかりとブラッシングをしてあげましょう。 ワンちゃんとの冬の生活は、温かい家の中でばかり過ごしてしまいがちです。 冬の間、ワンちゃんがお家の中にばかりいる生活をしていては、何も刺激がなく退屈しているかもしれません。 そして、いつも通りのフードの量では、体重が増えてしまうこともあります。 運動不足の解消にもなるので、雪山を登らせたり、雪の中駆け回ったり、外で遊ばせてみてはいかがですか? いつもと違った環境で、ワンちゃんもはしゃいで遊ぶかもしれませんよ。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院