予約 TOPへ戻る

犬ににんにくを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

アニホック往診専門動物病院

犬ににんにくを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬ににんにくをあげても大丈夫?

我々の生活の中でも、健康食品として知られている「にんにく」ですが、愛犬が欲しがった場合、与えても良いものなのでしょうか? 結論から言うと、「少量ならば問題ないものの、大量に食べることは危険である」といえます。 一言に危険といっても何が良くないのかイメージがしづらいかと思います。 具体的に、どういう点が犬にとって危険であるか、調べていきましょう。

なぜ、犬ににんにくを与えてはいけないの?

どうしてにんにくを犬に与えることが危険なのでしょうか。 まず、危険だると言える理由の一つがにんにくの種類に関連します。 にんにくは「ユリ科ネギ類」に属する食材で、たまねぎと同じ仲間になります。 玉ねぎには「硫化アリル」という中毒の原因となる成分が含まれています。 この硫化アリルは、犬の体内に入ると「ヘモグロビン」を酸化させて「溶血性貧血」を引き起こします。 ただ、にんにくに含まれている硫化アリルの量は玉ねぎに含まれている量よりずっと少なく、犬がひとかけら程度のにんにくを食べるの分にはさほど問題はないとわれています。 しかし、硫化アリル自体が含まれていることには変わりがないので、食べ過ぎてしまうと中毒症状を起こしてしまうため、与える量には最新の注意が必要になります。 特に、小型犬は許容量が中型犬や大型犬よりも少ないため、一層の注意が必要となります。

犬がにんにくを食べるとどんな症状がでる?

にんにくを食べた際に起こる中毒症状については、血液中の赤血球が破壊されることによって下記のような症状が見られるようになります。
  • 貧血
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 胃痛
  • 腹痛
  • 頻脈
  • 血尿
  • 血便
  • 食欲減退
  • 衰弱
  • 皮膚炎
  • 痙攣
  • 発作
  • など。
上記一覧のほかに最悪の場合は死に至るケースもあります。子犬や貧血の症状が見られる犬には与えないように注意をしましょう。 また、致死量についても個体差があるため、一概には言えませんが適した量を超える量は与えないようにしましょう。犬の体調によっていつもと同じ量を与えても体調を崩す危険性があります。犬にどうしても与えたい場合は、適量より少なめに与えるか与えない方が良いでしょう。

犬がにんにくを食べてしまった!危険な量とは?

犬が中毒症状を起こす可能性がある目安量にいては、犬の体質や健康状態によっても変わってくるため、一概に「これ」という量を提示するのは難しいといえます。というのも、一度に多量のにんにくを食べて何の症状も起こさない犬もいれば、少し口にしただけですぐに体調不良になってしまった犬もいるためです。 症状が発症するまでに至る量は、犬によって様々で、多くの犬は少量ならば問題ないとされていますが、少しでも影響を及ぼす恐れがあるというものを与える必要は正直無いのではないかと思われます。 また、大型犬のようにある程度体格の良い大きな犬については多少中型犬や小型犬に比べて多めに摂取しても構わないという説もありますが、不確かな情報ではないほか、腸小型犬においては下痢をしただけでも衰弱してしまう可能性もあるため、更に最新の注意が必要です。

犬がにんにくを食べてしまった時の対処方法!

犬がもしにんにくを誤って摂取してしまった場合、どのような対処をしたらよいのか紹介していきます。

動物病院へ連れて行く

にんにくを食べてしまった場合、まずはでき限り早く動物病院へ連れていくことをオススメします。 玉ねぎほど中毒を起こす可能性は低いものの、玉ねぎの仲間である以上、深刻な症状に陥る前に病院で適切な処置を行うことが最良だといえます。 また、大量ににんにくを口にしてしまったとしてもすぐに病院で処置を行えるのであれば、消化される前に吐き出させる催吐療法が施される可能性があります。どうしても行けない理由が無い限りは、適切な治療を受けられる動物病院へ向かい、獣医師の処置を受けるように心がけましょう。

食べた物を吐かせる応急処置

距離や時間、交通手段などどうしても動物病院へ向かうのが困難な場合、素人が行うのはあまりにリスクがありますが自宅で催吐療法を行うことも可能です。 しかし、前置きとして催吐をさせるにあたり、吐瀉物が喉に詰まるなどして窒息の恐れなどがあることはあらかじめ注意をしておかなくてはいけません。 できれば獣医師に電話をしてから指示を仰ぐことが最善と言えますが、そうはいかない状況であるならば以下の方法を試してみましょう。
    1.3%オキシドールを、体重5kgに対して11mlをスポイトやシリンダーを使って犬の舌の奥の方へ流し込む 2.15分ほど待ち吐いたなら応急処置は完了なので、動物病院へ連れて行く。もし吐かなければ20分ほど空けて、再度オキシドールを飲ませます。 これは緊急時の対処法なので、体調不良になる危険性や気管支を傷つけるリスクを考えて本当に緊急の時以外では絶対に行わないでださい。 いかがでしたでしょうか。 玉ねぎよりは危険な成分の含まれる量が少ないとはいえ、中毒症状を起こす可能性のある食べ物には変わりありません。 犬の健康のために食べさせる、という点で考えると体調不良になるリスクをはらんでいるのであれば無理に食べさせる必要は無いといえます。 もしどうしてもにんにくを食べさせたい場合は、現在であれば犬用のサプリメントなどもあります。 無理に生のものを食べさせて中毒に陥る危険性を上げてしまうよりは、こういったサプリメントをドッグフードに混ぜて与えることで犬が食べられるように調整されたものを与えた方が、安心して食べさせられるのでおすすめです。

    記事監修
    動物病院病院 総長 藤野 洋

    アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

    日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
    卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
    2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

    日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
    卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
    2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

    【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

    病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院