予約 TOPへ戻る

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アニホック往診専門動物病院

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ゴールデン・レトリーバーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

ゴールデン・レトリーバーがなりやすい病気・ケガ

ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

ゴールデン・レトリーバーの特徴

ゴールデン・レトリーバーの歴史

ゴールデン・レトリーバーは、19世紀中ごろにもともと狩猟犬として開発された犬種です。その頃は盛んに鳥狩猟が行われており、その狩猟を手伝うための犬に注目が集まっていました。狩猟犬には我慢強さ、勇敢さ、足の速さ、泳ぎのうまさなどが重要であるため、それらの素質のある犬を交配させることにより誕生しました。 これらの交配を研究してゴールデン・レトリーバーを生み出した人は、スコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵(別名:ツウィードマウス卿)という人です。また、犬種としては1903年に「フラットコート-ゴールデン」として登録され、1920年には「ゴールデンレトリーバー」に名称が変更されたようです。

ゴールデン・レトリーバーの大きさ・見た目

ゴールデン・レトリーバーの大きさは、体高が51~61cm、体重25~34kgで、大型犬に分類されています。

ゴールデン・レトリーバーの性格

ゴールデン・レトリーバーは、もともと狩猟犬であるということもあり、体力や瞬発力のある犬種です。人に慣れやすくやさしい性格であることから、飼育しやすいと考えられています。 闘争心がそれほど高くなく、温厚であるため番犬としては不向きかもしれません。また、しつけをしっかりとせずに甘やかしてしまうとわがままな性格に育ってしまうため、飼育したての頃は注意が必要です。

ゴールデン・レトリーバーを飼うときの注意点

ゴールデン・レトリーバーは平均寿命が約12年といわれています。大型犬であるため、他の犬種よりも寿命が短くなってしまいます。大型犬は股関節や心臓への負担が大きい分、体に受けるダメージが大きくなってしまいます。ゴールデン・レトリーバーを飼育する上では、その点に注意する必要があります。 具体的には、毎日運動をさせてあげることや健康な食事です。毎日の運動に関しては、1日2回30分散歩をさせてあげましょう。また、元気な成犬の時期はドッグランなどに連れて行ってあげるのも良いでしょう。 健康な食事に関しては、毎日適量のドッグフードを与えましょう。必要以上にあげすぎたり ドッグフードではなく人間の食事などを与えてしまうと肥満の原因になりかねません。

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の犬種はこちら

その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院