予約 TOPへ戻る

一人暮らしにおすすめ飼いやすい猫種ベスト5

アニホック往診専門動物病院

一人暮らしにおすすめ飼いやすい猫種ベスト5

一人暮らしと猫

猫は「一人暮らしにおすすめの動物ランキング」のトップをひた走っています。そこからもわかるように、猫は非常に飼いやすい生き物です。 しかし、その中でもおすすめの猫という考え方は存在します。これは、猫の善し悪しではありません。迎え入れる側の環境に、どの猫がより適しているかということです。一人暮らしだと掃除が大変です。皆さん日中はほぼ家にいないため、室温にも気を使わなくてはいけません。「人間と猫、お互いの負担をいかに少なくできるか。」ということが大事ですね。 オススメの猫というのは、一人と一匹しかいないその状況により適応しやすい、その状況でもより快適に生活できるであろう猫ということです。ただ、猫好きとして言えることは、結局のところ「どんな猫でも愛おしい」なんですけどね。

具体的に言うと・・・

基準1:短毛?長毛? これは好みの問題だと思います。ただ、猫の抜け毛って結構厄介です。毛が生え変わる季節の変わり目なんかは特に大変です。毛が長いと、嘔吐(毛玉)しやすくなったり、ブラッシングが必須だったりということがあります。掃除も短毛種の方が圧倒的に楽チンです。 基準2:純血種 純血種は、ブリーダーやペットショップから譲り受けます。そのため、先天性の異常以外では、病気を持っていることは少ないです。譲り受ける際にお金が掛かりますが、それにみあった素敵な見た目をしています。 基準3:雑種(野良) 厳しい外の環境で生きていくため、体が丈夫で、気温の変化にもへこたれません。ただし、伝染病等にかかっている恐れがあります。見た目も様々です。変な模様で話題になる猫は、たいてい野良猫あがりですね。 一応このあたりが判断基準になるのではないかと思います。ただやっぱり「どんな猫でも愛おしい」ということは自信を持って言えます。

一人暮らしでも幸せにしてあげられそうな猫は?

・アメリカンショートヘア 猫の中でも、ダントツの知名度を誇ります。遊ぶの大好きな活発な子が多いので、毎日楽しく過ごせるでしょう。 ・スコティッシュ・フォールド 特徴的な垂れ耳で一躍有名猫になりました。短毛種なので抜け毛被害も少なく、性格もマイペースなコが多いようです。 ・雑種 体が丈夫で、見た目も多種多様です。筆者の経験から、野良上がりの猫の方が、なんだかんだで甘えんぼのような気も・・・ ・ペルシャ(チンチラ) 長毛種なのでこまめなお手入れは必要ですが、その価値のある美しい毛並みの持ち主です。性格も穏やかなコが多いみたいですよ。 ・ロシアンブルー 何とも言えないエキゾチックな美しさの持ち主。超短毛種なので、抜け毛トラブルの少なさは折り紙つきです。 猫のおすすめ度は、毛の長さと性格によるところが大きいですね。ただし、性格はあくまでも言われていることで、絶対ではありません。ビビビっときたら、きっと相性バッチリですよ。

一人暮らしでも飼いやすい猫は?

猫を飼いたい人に多いのが、犬と違って散歩行かなくていいし、ブラッシングもしなくていいし、吠えないし、楽だとおっしゃる方がいます。確かにあっている部分もありますけど、犬と違う苦労が猫にはあったりもします。なので、猫を飼う前にどんな猫であれば飼いやすいかをまずは学んでおきましょう。 飼いやすい猫の特徴をあげるとすると、以下の5つでしょうか。 ・おとなしい性格 ・性格がおおらか ・学習能力が高い ・鳴き声が小さい ・抜け毛が少ない ではこの特徴のある猫はどんな猫種でしょうか。

飼いやすい猫種

飼いやすい特徴を一番備えているのが「シンガプーラ」です。 体毛が短く、体が小さい、大人しい、声が小さい、食事量が少ないのが特徴です。集合住宅などで飼うにも適していますね。成猫になっても2~3キロと一般的な猫と比べても半分のサイズですので一人暮らしの部屋でも十分飼えますね。 性格は遊び好きで人懐っこい性格の子が多いですが、騒がしいのが苦手な性格なので、静かな環境を用意してあげること、多頭飼いには向いてないといえます。 次は「バーミーズ」です。 抜け毛が少なく、穏やかな性格の子が多いです。また鳴き声も小さいので、集合住宅での飼育にも向いているといえます。ただ、運動量は大目なので、一緒にたくさん遊んであげてください。 次に「ブリティッシュショートヘア」 顔も体も丸っこく愛らしいフォルムのこの猫は、性格はおとなしい物静かな子が多いです。鳴き声も小さいのでこの子も集合住宅でも飼いやすいです。 ただ、食事量が多いところと、身体能力が高くて運動量が多い特徴がありますので、運動できる環境を用意してあげてください。環境適応力や独立心が強いので、日中留守がちな家庭でも育てやすいといえます。 次は「ロシアンブルー」 シルバーブルーの被毛とエメラルドグリーンの目、珍しい色の猫なのでご存知の方も多いかと思いますが、飼いやすさもいい猫なんですよ。飼い主さんに従順で大人しくて声が小さく、お留守番も得意な猫です。食事量も抜け毛も少ないとっても飼いやすいといえます。ただ、神経質なところがあり、多頭飼いには向いていないといえます。飼い主さん以外にはあまりなつかないなどもありますので、多数の人が出入りするような環境での飼育は向いてないといえます。 最後に「スコティッシュフォールド」 とっても穏やかな性格で、人にも他の動物にも懐きやすい特徴があります。人見知りをしない甘えたがりな性格はとっても癒されると思います。短毛種と長毛種がいますが、お手入れの観点からでいえば短毛種がお勧めです。またたれ耳と立ち耳がいますが、先天的な病気が少ないとされている立ち耳がお勧めになります。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院