予約 TOPへ戻る

ワンちゃんの気持ちは行動と仕草で見よう!3つの気持ちの表し方

アニホック往診専門動物病院

ワンちゃんの気持ちは行動と仕草で見よう!3つの気持ちの表し方

犬は、人間と違って「言葉」を話すことができません。 体を使っての言葉「ボディーランゲージ」でしか、犬は言葉を表すことしかできません。 犬が行動で自分の気持ちを表すのは「3つある」と言われています。 さて、犬は行動や仕草で「3つの気持ち」をどう伝えようとするのかをお届けします。    

【犬が使うボデイーランゲージ。1つでなく最高3つ使います】

  犬がボディーランゲージを使うのは、「耳・口・鼻」と言われています。 他にもお腹を使う場合もあります。基本は3つと覚えていてくださいね。 「耳・口・鼻」を基本として使いますが、ひとつだけではく、2つ組み合わせるパターンと、3つとも使うことがあります。 それは、どういうケースなのかというのを、細かく見ていきましょう。 これからの紹介は、立て耳である程度長さの尻尾の犬であるということを考慮に入れますね。   1. 耳のみを使う場合 ぴったりと後ろへ耳をつけている場合で表情も穏やかで嬉しそうな時は、嬉しい時です。垂れ耳の子の場合は、わかりにくいのですが、ちょっと耳を上げていて穏やかな表情であれば、喜んでいると見て大丈夫です。 反対に斜め後ろに耳を多々押している時は、怒っているか、人間などに威嚇している時です。   2. 口と鼻を使う場合 鼻と上唇を上に上げて、前歯をむき出しにしている時は、大激怒している時です。「どうしたの?」と手を出すと噛まれて大きな犬種だと縫わなければならない時もあります。 最近、わかってきたことですが、犬も人間のように「笑顔」をしようとする子がいるとわかってきて、唸り声を出さずに、前歯をむき出していて鼻声でいる場合は、「笑顔」の表情をしている場合もあることが若手きているので、 唸り声か鼻声でいるかを、よく聞き分ける必要が出てきます。 犬が人間と一緒に暮らすようになって、「笑顔」って素敵ということを学んできているせいかもしれませんね。   3. 尻尾を使う場合 人間からみて一番犬の気持ちを理解しやすいのが、尻尾の振り方や丸め方です。尻尾を振る場合で、柔らかくゆっくり振っていれば「嬉しいの」と、振り方に硬さがあれば怒っているとも言われています。 尻尾を丸めていて足に挟んでいるのは、「怖い!」ということを表して、よく病院へ連れて行く時や、予防接種で動物病院もしくは集団接種場所に連れて行く時に、ほとんどの子が尻尾を丸めていますね。   4.お腹をゴロンと見せて、転がり回る場合は? 背中を見せて伏せて動かないもしくは、お腹を見せて転がり 回る場合は、「完全に服従します。参りました」という「完全服従」の姿勢 です。 お腹はすぐに臓器に触れることができるところなので、 動物にとっては最大の急所です。 最大の急所を見せてしまうということは、「もうあなたのいうことは聞きます からどうか許してください」という完全に飼い主さんなどに服従する姿勢 なのです。    

<1つから3つ使っての感情表現は個体差があります>

  「耳・口・尻尾」もしくはお腹の3つと紹介してきましたが、1つだけではわかってもらえないということで使える部分をフル活用して、ボディーランゲージで自分の気持ちを表します。 先に紹介した代表的な犬の気持ちの表現は、一般的な表現方法で、犬にとっては違うものだったということがあります。 犬にもそれぞれ性格があるので、一般論が当てはまらないというケースがあります。その代表例が「怒っているのかなと思ったら、笑顔で喜んでいた」というのが一番のいい例です。 だから、ひとつだけの部位を見て「喜んでいる」「怒っている」という判断をするのではなく、総合的に見て、犬とお付き合いをしながら、その子がどういう気持ちなのかというのを見ることが大切です。  

<ボディランゲージで伝えたい3つの犬の気持ち>

  体をフル活用して、犬が人間に伝えたい気持ちというのは、 「嬉しい!怖いよ・怒っているぞ!完全服従」という3つの気持ちを 行動や仕草で表しています。 この3つの気持ちを伝えたけれど、犬にストレスがかかっていて、その合図を送っている場合もあります。 それを「カーミングシグナル」といいます。 目を細める、視線をそむける・瞬きをするというのが「カーミングシグナル」の合図です。 ストレスの原因を取り除けば「カーミングシグナル」はなくなりますが、犬の様子をみながら、ストレス発散をしてあげてくださいね。    

<まとめ>

犬は言葉がしゃべることができないので、行動や仕草でしか自分の気持ちを伝えることができません。 代表例をあげて見ましたが、個々で性格が違うので、当てはまらないということもありますから、仲良くしていくことで、その子の性格などを見て、毎日が「楽しい!」とお互いが思える生活を作ってあげてくださいね。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院