予約 TOPへ戻る

犬の気管支炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬の気管支炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の気管支炎の症状

気管支炎(きかんしえん)は、気管支に炎症が起きている状態の病気です。 乾いた咳をするようになったり、物を吐き出すような咳を持続的に行います。後者については、外見上は吐き気と見間違えることがあるため、注意が必要です。ただし、二次的感染による発症では、湿った咳が出ることもあります。 気管支炎は、急性気管支炎と慢性気管支炎に区別できます。症状が一定期間続いた場合には、慢性気管支炎と呼ばれます。

犬の気管支炎の原因

ウイルス感染が原因となる場合が多いです。免疫力が下がった犬の体にて感染を引き起こします。刺激の強い煙や花粉などを誤って飲み込んでしまい、発症する場合もあります。

犬の気管支炎の治療・予防

ウイルス感染が原因の場合は、抗ウイルス剤や抗生物質などを投与することで、根本の原因であるウイルスを除去するための治療を行います。同時に、咳を止めるの鎮咳剤や炎症を止める消炎剤を投与します。 また温度・湿度が安定した場所で、数日間安静に過ごすことで快方へ向かいます。 予防としては、普段の生活での飲み誤り、食べ誤りを防ぐために、犬の身近にあるものに注意しましょう。 また免疫力を維持するために、過度なストレスを与えないよう、ストレス軽減にも気を配るようにしましょう。

犬の呼吸器の病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院