予約 TOPへ戻る

子犬をブリーダーから購入する時に気をつけるポイントってありますか?

アニホック往診専門動物病院

子犬をブリーダーから購入する時に気をつけるポイントってありますか?

子犬をお迎えする場所は、ペットショップだけではなくて、繁殖元である 「ブリーダー」から直接お迎えすることができます。 純血種の子犬を望む人であれば、理想の子に出会う機会になりますが、 ブリーダーさんの中には、厳しい審査をする方もいれば、悪質なことをするブリーダーさんもいます。 子犬をブリーダーさんから購入する時に気をつけて欲しいポイントを紹介しますね。    

【いいブリーダーさんは地道に探すのみ】

  ブリーダーさんによっては、ネット販売形式を取っていて、空輸や陸送など 写真でしか見せてくれないところがあります。 実際の子犬の健康状態などを見ることができない・懐いてくれるかわからないなど、実際の子犬を見ないでお迎えすることは危険です。 子犬をお迎えしたい方で「ブリーダーさんから」と決めている場合は、 地道にいいブリーダーさんを探すのみです。   1.すぐに子犬と合わせずに面談を繰り返すブリーダーさんは信頼できます ブリーダーさんは、我が家で生まれた子犬が粗末に扱われることを大変嫌います。それは、「生き物」を扱っていますから、命を粗末にしてしまう 飼い主さんもたまにいる為に、すぐに子犬と対面させないブリーダーさんは多いです。 飼育環境が整っているか、一生買い続けていくことができるかなどの面談を 重ねた上で、子犬たちを見せてくれるブリーダーさんは、後々信頼できるブリーダーさんです。   2.独自の保証制度や、健康チェックを必ずしているかも大切です ペットショップでも規定の日数内に病気で亡くなった時の保証制度が ありますが、きちんと返金処理などの対応をしてくれないところがまれにあります。 ブリーダーさんでも、ショップ同様の保証制で対応してくれる ところはありますし、健康チェックをして引き渡すところはありますので、 保証制度や引渡し前に健康チェックをしているブリーダーさんから購入することは非常にオススメします。   3.子犬を見せてくれる時にしつけや犬種のくせを教えてくれる方もオススメ ようやく子犬を見せてもらえてるようになった時、 犬を飼うのが初めてという方に対して、親切に犬種の特徴を説明して、 そのお家で適応できるかを必ず確認します。 飼うという意思がしっかりしていれば、しつけの仕方、必要なものの販売も行なってくれるところがありますよ。  

【こういうブリーダーさんからは購入は控えた方がいいです】

  いいブリーダーさんは、犬に対して、非常に愛情を持って接している せいか、無責任な人には絶対譲らないようにしていますし、体調チェックは欠かしていません。 残念なことに、犬を「商品」として扱うが為に、ひどいブリーダーさんもいます。 残念なブリーダーさんはたくさんいますから、これらの点を是非チェックしてください。   1.ホームページでしか子犬に会うことができない。 子犬を選ぶのは、実際にブリーダーさんのお宅にお伺いして実際に会うことが 非常に大切ですが、「空輸もしくは陸送のみ」とインターネットでしか対応しないブリーダーさんがいます。 実際の子犬の体調を確認できないまま、子犬が輸送中に衰弱する恐れがありますし、先天性異常などの確認ができないまま引き取らなければいけなくなることにもあります。 この手のブリーダーさんからは絶対に買わないでくださいね。   2.法外な値段をふっかけられるブリーダー ブリーダーさんから直接お迎えする方が多くなってきている理由は、 優良な血統の子や、特定の犬種の子を迎えることができるという点です。 他の理由としては、ブリーダーさんから直接購入だと、中間業者を通さないので、その犬種の本来の値段と言える金額で引き取ることができます。 ところが、一部のブリーダーさんの中には「健康管理費」などの名目でいろんな費用を取っていこうとする方がいます。 一旦保留して、おかしいと思った時は、お断りしましょう。   3.もしお迎えした子犬に何らかの問題があった時は? 家にお迎えをしてみて、様子がおかしいので動物病院を受診した際に、 先天性異常が見つかった場合、契約時に保証制度を設けているブリーダーさんなら、連絡をして話し合いとなります。 もし、保証制度があるにも関わらず応じない、保証制度すらなくて、対応に困った場合は、「日本動物福祉協会」に相談することで対応して頂けます。  

【まとめ】

  筆者が以前飼っていた犬は、ブリーダーさんと普段から懇意にしていたという ことで、実際に見せてもらって「タダでいいよ」ということで、引き取りました。 我が家が犬好きということで、私たちを信用してくれてのことです。 心あるブリーダーさんは、生まれてきた子犬の将来を案じながら、新しい飼い主さんに引き渡します。 その為に、すぐに子犬を見せずに新しい飼い主さんの責任感を試しているところはあります。 ブリーダーさん選びは大切ですが、飼い主となる方の責任感も大切ですね。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院