予約 TOPへ戻る

犬の「待て」の重要性に気づいてない人多すぎませんか?

アニホック往診専門動物病院

犬の「待て」の重要性に気づいてない人多すぎませんか?

犬の「待て」の重要性を知ってますか

犬と暮らしている人と話していると「お手」とか「お座り」できるよ!って教えてくれる人が多いですが、「待て」は???と聞くとあまりきちんと教えていない方が多いようです。 皆さん、「待て」って大事ですよ。私たちと暮らす犬は人間の暮らしの中で生きていかなければなりません。 車や自転車が行き交う道路があり、多種多様の人がまわりにいる環境です。 お散歩中に赤信号に引っかかったとき、犬が急に道路に走り出しちゃったら?やっぱり「待て」と思いませんか?小さい子が持っている食べ物やおもちゃに反応して飛びつこうとしたら?「待て」って言いませんか? こんな大変な展開でなくても「待て」といいたくなる状況はあると思います。 そんなとき、きちんと「待て」を教えられているかいないかでだいぶ違いますよね。

「お手」も良いけどまずは「待て」から

「お手」とかもいいですが、まずは人間社会で暮らす犬が危険にならないように「待て」をきちんと教えてあげてください。 「待て」を覚えてくれれば犬だけでなく、飼い主の皆さんも犬と暮らす上で楽になりますよ。 犬は覚えるまで時間がかかりますが、覚えてしまえばきちんとやってくれます。犬と飼い主さん双方の為にも是非時間をかけて教え込んでくださいね。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院