予約 TOPへ戻る

マンチカンの子猫の育て方、ブリーダーについて知っておくべき事は?

アニホック往診専門動物病院

マンチカンの子猫の育て方、ブリーダーについて知っておくべき事は?

マンチカンの子猫の値段はどれくらい?

マンチカンは突然変異種です。1944年にイギリスで短足の猫が初めて発見されて以降、1953年にはロシア、1964年にはアメリカのニューヨーク、1970年にはニューイングランドで発見されています。 北半球に突然現れた短い足の猫は、1983年にアメリカのルイジアナ州で保護された猫をきっかけに繁殖が開始されました。そして1995年に新種の猫として公式認定を受けました。 マンチカンの名前は、小さい体と短い足の特徴から「短縮」を意味するマンチカン(マンチキン)の英語から由来しています。また世界的童話の「オズの魔法使い」に登場する小人の意味もあります。 小さな妖精のように可愛いマンチカンの体重は、オスで3~4㎏、メスは2.5~4㎏と小型種に相当します。

足の長いマンチカンもいるの?

足が短い姿が特徴のマンチカンですが、実は足が一般的な猫と同じ長さの個体もいます。マンチカンは遺伝子の突然変異で誕生した猫で、同じ短足同士の交配による子猫は短命です。 そのためマンチカンの交配は雑種と交わった歴史があり、長い足の猫種も生まれます。また短足のマンチカンは全体の2割ほどで希少価値が高く、足の長い品種に比べて高価です。

マンチカンの毛色や長さは?どのような性格をしているの?

マンチカンは雑種交配された歴史があるため同じ柄の猫がいないと言われるほど、バリエーション豊かな毛色をしています。また被毛の長さは長毛種と短毛種の2タイプがあり、目の色も多彩です。 そして性格は大人しく穏やかです。また好奇心旺盛で人懐っこい性格をしており、他の猫や動物とも仲良くでき、多頭飼いにも向いています。

マンチカンの子猫はどれ位の値段なの?

マンチカンの子猫を手に入れるには、ペットショップで購入するかブリーダーから直接入手する方法があり、その販売元で値段が大きく異なります。 まずペットショップは、ブリーダーや取引市場から子猫を仕入れているので、直接ブリーダーから購入するよりも高価で、平均価格は約15~30万円です。 足の長さや月齢によっても異なり、短足で10~50万円、長足で5~20万円と大きな差があります。 一方、ブリーダーから購入する場合は約10~40万円となります。またブリーダーから入手する際は直接交渉が可能なので、言い値から減額できるケースがあるので話し合いをしてみても良いでしょう。

マンチカンの子猫の育て方とは?

小型で足の短いマンチカンを実際に育てる場合、どのような注意が必要なのでしょう。 マンチカンは運動が苦手な猫に見えますが実際は筋力があるので活動的であり、他種と交配した歴史があるので病気にも強い丈夫な猫です。 そのようなマンチカンの子猫を育てるためには、家族として受け入れる前に部屋の準備をしっかりと行う必要があります。

マンチカンの子猫に準備する物は?

まずは子猫の居場所として、ケージを用意します。猫用の2段式になった屋根のあるケージが理想です。犬用のサークルは上下に行動ができる猫にとって簡単に脱走ができてしまうので不向きです。 続いてケージの中にトイレを設置します。生後2か月程度までの小さな子猫には、プラスチック製の浅い平箱にトイレシートを敷き、その上に軽くて小さい猫砂か細かく切り裂いた新聞紙を入れます。 トイレの準備が整ったら、子猫が寝るためのベッドを用意します。子猫だけでは寒さに対応できないので、寒い季節は動物用のヒーターや湯たんぽを設置しましょう。 そして、いつでも新鮮な水が飲めるように給水機も用意します。容器がひっくり返らないように、陶製の重い容器がおすすめです。 ケージ内の環境が整ったら、猫が生活する室内にも1~2個のトイレを用意します。猫は薄暗く静かな所をトイレとするので、室内の思い当たる場所に設置しましょう。 その他の備品として、コミュニケーションを取るために猫じゃらしやボール等のおもちゃを用意します。マンチカンは遊ぶことが大好きななので、おもちゃの種類は問いません。 但し子猫は歯の生え変わりにより歯茎を痒がるため、噛めるおもちゃがおすすめです。

マンチカンの子猫のお手入れは自分でできるの?

犬の場合はドッグサロンで被毛や爪のお手入れができますが、猫は環境が変わると性格が豹変する場合があるので、飼い主さんが子猫の頃からブラッシングや爪切りをする必要があります。 以下では猫の爪の切り方についてご紹介します。 猫の爪は半透明をしており、横から見ると神経と血管がピンク色に見えます。その部分から2mm手前を切りましょう。もし怖がるようならバスタオルや毛布で包むと大人しく切らせてくれる子が多いです。 また爪の生え変わりの手助けやストレス発散のため、爪とぎを用意しましょう。爪とぎが無かったり劣化したりしていると、壁や柱、ソファ等の家具で爪を研がれてしまうので爪とぎは必ず状態の良いものを設置しましょう。 次に被毛のお手入れです。マンチカンは寒冷地の猫のため被毛がダブルコートであり、短毛でも柔らかく抜けやすい毛質です。特に長毛種はブラッシングを怠ると毛玉ができるので、1日1回はブラッシングをしましょう。

マンチカンの子猫には何を食べさせたらいいの?

マンチカンに限らず、成長期の子猫には消化が良く栄養化の高い食事を与えましょう。 猫は肉食動物のため、穀物を主原料としているフードは消化に時間が掛かり、消化不良を起こして嘔吐や下痢の原因になる場合があります。 また生後2ヶ月程度の子猫にはドライフードをお湯で柔らかくしたものを与えて下さい。彼らは成猫のように強いあごの力が備わっていないため、フードを噛み砕くことができません。 但し硬いドライフードは歯に付いた歯石を取るので、生後6ヶ月を過ぎた頃からは硬い状態のドライフードを与えましょう。 またご飯をあげる回数は、1日3回を目安に分けて与えて下さい。1日2回でも問題はありませんが、消化機能が未発達な時期なので少量を数回に分けて与えた方が体への負担は軽減できます。

マンチカンの子猫におすすめのフードの与え方をご紹介!

マンチカンの子猫の給餌量は体重と月齢によって異なるため、フードのパッケージに記載されている説明を確認してから与えて下さい。 また子猫の食欲と消化の様子を観察してしましょう。食べた後に嘔吐や下痢をしている場合は消化不良を起こしているので、給餌量を数回に分けるもしくは、柔らかくした状態で与える等の工夫を施すことをおすすめします。

マンチカンの子猫をしつける方法とは?

温厚で人懐っこく、好奇心も旺盛なマンチカンはしつけがしやすい猫種です。しかしどんな猫種でも子猫の時期はイタズラをして飼い主さんを困らせます。そのような時、子猫をどのように叱ったらいいのでしょうか。 まずはトイレのしつけについてです。子猫はケージ内にトイレを設置すれば殆どの場合はそこをトイレと認識します。 しかし猫の中には自分のベッドの上や廊下でトイレをしてしまう子もいます。その場合はおしっこをシートやティッシュで吸い取り、トイレの中に置いて下さい。自分のおしっこの匂いを判断し、トイレを覚えられます。 また粗相をしたベッドや場所は糞尿の匂いが残らないように重曹やクエン酸等を使って掃除をしましょう。匂いが残っているとトイレと勘違いをして、繰り返し粗相をします。 間違って粗相をした場合は、強く怒らずにひと言注意しましょう。筆者が飼育している猫達の中には粗相をしてしまう子がおり、その子が怖がる程叱ったがために隠れて粗相をするようになってしまいました。

マンチカンの子猫の里親になるには?

マンチカンの子猫を飼いたいと思っていても、商品のようにお金を出して購入することに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。そのような人には、里親になることをおすすめします。 しかしマンチカンは人気がある猫種なので、子猫が里親に出されることは殆どありません。もし里親募集に出されたとしても、直ぐに里親が決まります。 どうしてもマンチカンの子猫の里親になりたい人は、保護センターにその旨を連絡するか、まめに募集サイトをチェックしましょう。タイミングが合えばマンチカンの子猫に出会えます。 また実際に里親になる場合、その子猫自体は無償でも保護期間中に接種した予防接種や不妊手術の経費等を請求されることがあります。もちろんそれらも無償で里親を探している人もいるので、引き取る前に確認をして下さい。

マンチカンをブリーダーから譲り受けるには?

マンチカンの子猫を家族に迎えるには、ペットショップから購入する方法や里親を探している子猫を探す等の方法があります。しかし理想に合った健康的な子猫と出会うためには、ブリーダーを訪ねることが良案です。 ペットショップの利点は気軽に子猫を見られる上、飼育グッズをその場で購入できることです。しかし子猫が育ってきた環境が分からない欠点もあります。また猫が幼いほど高値で販売されているのも考えものです。 通常子猫は生後8週齢以上母猫と共に過ごすことが理想とされていますが、その前に引き離される例もあります。母猫や兄弟からの離別が早いと、社会性が身に付かず精神的に不安定になりやすいです。 ペットショップで熟慮をした上で購入をしたのなら問題はありませんが、お店で衝動買いをした猫に問題行動を起こされたからという理由で保健所に連れて来られるという例も少なくありません。 その点ブリーダーから譲り受ければ、育った環境や両親も知ることができ、アフターケアもしっかりと対応してくれることが多いので安心です。

子猫が母猫の元で育つ利点とは?

飼い主さんが愛情を注いで育てれば生後8週齢以下でも問題が無いと思う人もいるのではないでしょうか。しかし人間が代わりに育てれば良いというものではありません。 また性格は猫種によって異なりますが、根本の性質は生まれて育った環境と母猫との関係にあります。母猫は子猫に母乳を与え、トイレの世話をするだけではありません。 子猫を愛情と温もりで包み込み、生きる術を教えてます。時には母猫自身のシッポを猫じゃらしのようにして子猫と遊ぶ時もあります。 筆者が飼育しているメス猫は、推定年齢が生後1ヶ月の時に捨てられているところを拾いました。人間に対して警戒心は無いものの、時折、妖怪のような表情で人間を見ていることがありました。 不憫な生い立ちもあり少々甘やかして育てた結果、自分勝手な性格が目立ち、飼い主である筆者や同居している小型犬にいたずらを仕掛けることが多々ありました。 しかし出産をしてからは献身的に子猫の世話をし、子猫達が成猫になり、孫ができてからは徐々に穏やかで家族思いな性格へと変化していきました。 猫は単独行動を取る生き物ですが、一定の期間は親兄弟や家族と共に過ごす必要があります。実際に生まれた時から親兄弟と生活している子猫はのんびりしており、穏やかな性格をしているので、とても飼いやすいです。

マンチカンの子猫をブリーダーから譲り受けるには?

マンチカンは人気がある猫種なので、自宅で小規模に繁殖しているブリーダーが大勢います。インターネットでも情報発信をしているので、まずは「マンチカン ブリーダー」と検索をしてみて下さい。 その中で気になるブリーダーをピックアップし、メールや電話等で連絡をします。その時相手が話しやすい人物であるかもチェックするべきです。子猫を譲り受けた後、気軽に相談ができるパートナーとなるので大切なことです。 連絡が取れたらブリーダーの猫舎に伺い、子猫の飼育環境を確認して下さい。そのため見学に行ける範囲のブリーダーと連絡を取ると良いでしょう。 ブリーダーによっては感染症を警戒して見学を断る場合があります。しかし筆者としては子猫との相性や健康状態を確認する必要があると判断しているので、見学を実施しているブリーダーから譲り受けることをおすすめします。 また子猫の両親も見せて貰えると、子猫がしっかりと親元で育っていることを確認できます。両親と兄弟を1度に確認できれば、子猫が社会生活を学んでいることが分かるので最も理想的です。 子猫と飼い主になる予定の人物の相性、そしてブリーダーに好感が持てれば、後は値段交渉と血統証等の手続きでマンチカンの子猫を家族に迎えられます。

マンチカンのブリーダーの見極め方とは?

数多くいるブリーダーの中には、悪質なブリーダーがいるのをご存知でしょうか。マンチカンは人気のある猫種のため、知識が無く営利のみを目的としたブリーダーがいます。 劣悪な環境でマンチカンを繁殖し、生後7週間も満たない子猫を商品のように販売している業者がいます。このようなブリーダーが繁殖をしているマンチカンは辛い思いをしているため、性格に難がある場合も多いです。 飼いやすいマンチカンに出会うためにも、良心的なブリーダーの見極め方をご紹介します。良心的なブリーダーはマンチカンに関する豊富な知識があり、子猫が育っている環境を快く見学させてくれます。 また正式のブリーダーは、動物取扱業者登録番号を持っています。この登録をしていない場合、法律上は動物取扱業を営むことができず、その事実が発覚した場合は罰金に処せられます。 動物取扱業者登録をするためには、一定の知識を保有していると認められた人が必要です。筆者もこの登録をするため、ジャパンケネルクラブの講習を受講したことがありますが、真面目に取り組めば難しいものではありません。 「猫の知識」「見学」「登録者番号」の3点を確認すれば、ブリーダーの見極めができます。まずは相手のブリーダーに子猫の質問をたくさんしましょう。嫌がるようなら知識のない証拠です。 見学の有無について確認をし、断るようなら見せられない環境で飼育しているのでしょう。ブリーダーの中にはウイルス感染の予防で見学を断るブリーダーもいますが、ガラス越しでも見学の交渉することをおすすめします。 正式なブリーダーであれば、動物取扱業者の登録証や子猫の両親の血統証を快く見せてくれるので、それも見極める方法の1つです。

ブリーダーより専門的なキャッテリーとは?

一般的に血統のある犬や猫の繁殖をしている人達をブリーダーと呼びますが、猫の世界には、世界的な血統登録機関や愛護団体の認定を受けているキャッテリーという信頼性の高いブリーダーが存在します。 マンチカンの純血種を譲り受けたい人は、一般のブリーダーよりもキャッテリーに相談することをおすすめします。 キャッテリーが扱う猫はキャットショーで受賞歴のある猫かその血筋の猫で付加価値が高く、子猫が高価です。しかし整った環境で大切に育てられているので、健康面は安心できます。 キャッテリーによっては、子猫を迎える準備が整っていない人の見学を断る場合があります。送り出す立場にあるキャッテリーも子猫の幸せを考えているからこそ、猫の終生まで世話ができる誠意ある飼い主さんを求めています。 真剣にマンチカンを家族に迎えたいと考えている人は、キャッテリーから譲り受けることも検討してみてはいかがでしょうか。

マンチカンの子猫がかかりやすい病気とは?

前述の通り、マンチカンは比較的丈夫な猫です。しかし両親ともに短足の場合、遺伝子の関係で子猫が突然死をすることがあります。そのため他種との交配が認められています。 そんなマンチカンですが、混合ワクチンは必ず接種をしましょう。混合ワクチンが予防する病気は命に係わる病気がメインです。 その種類は複数あり、最低でも猫汎白血球減少症(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)、猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎(ねこういるすせいびきかんえん)を含む3種混合ワクチンは必ず受けて下さい。 以下では、これら3種類の病気を簡単にご紹介します。

猫汎白血球減少

猫汎白血球減少は、猫パルボウイルスによるウイルス性の感染症です。発熱、嘔吐、下痢が主な症状で、若年の猫ほど死亡率が非常に高く、子猫の場合は90%の確率で命を落とすといわれています。

猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症は、風邪のような症状と共に口の中に潰瘍が出来る感染症です。死亡率は30%と高い確率です。

猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)

猫ウイルス性鼻気管炎は猫風邪と言われているウイルス性の感染症です。6~12週目の子猫に多く発生する病気で、これ単独での死亡率は高くありませんが、合併症になると死亡する場合があります。 筆者が飼育している猫は生後1ヶ月程度でわが家に迎え入れた時点で、獣医師から軽度の猫風邪と診断されました。治療は点眼のみで、3日目の夜には回復をしました。早期発見および治療を行えば、怖い病気ではありません。

足の短いマンチカンに多い病気とは?

寒冷地原産のマンチカンは脂肪の付きやすい体質の上、足が短いので掛かりやすい病気が2つあるのでご紹介します。
椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)
マンチカンが肥満になると椎間板ヘルニアを発症する可能性があります。 椎間板ヘルニアとは、背骨の間でクッションの役割をしている椎間板が潰れて変形する病気です。飼い猫が足を引きずって歩いたり、運動量が激減したりした場合はこの病気を疑って下さい。 椎間板ヘルニアの予防は、脊髄に負担を掛けないために肥満に注意をし、適度な運動をさせることです。また激しい運動は体へ負担を掛けるので、1日2~3回、1回あたり10分を目安に運動をさせましょう。
毛球症(もうきゅうしょう)
マンチカンの毛質は柔らかく抜けやすいので、毛繕いの際に飲み込んでしまう毛の量が短毛種と比べて多いです。その飲み込んだ毛が固まりとなり、消化器官に詰まることを毛球症もしくは、ヘアボールと言います。 毛玉症の予防は、飼い猫が抜け毛を飲みこまないようにブラッシングをこまめにすることです。換毛期は抜け毛が多いので、念入りにグルーミングをして下さい。 以上がマンチカンの子猫を飼育うる上で気を付けるべき病気です。マンチカンを家族として迎えたい人は、ぜひ信頼できるブリーダーやキャッテリーに飼育方法や病気について相談してから譲り受けて下さい。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院