予約 TOPへ戻る

犬の値段!価格の高いのと安いのとは何が違うの?教えて!

アニホック往診専門動物病院

犬の値段!価格の高いのと安いのとは何が違うの?教えて!

犬をお迎えする場所としては、ペットショップがほとんどで、ブリーダーさんからお迎えするというのは少ないのですが、同じ犬種なのに、5〜10万円という差額が出ているケースが多々あります。 ペットショッップでは、88万円のブルドッグであったり、混合ワクチン完了のトイ・ブードルが100円で売られていたということもあります。   犬にも適正価格があるはずなのに、どうしてこんな差がでてきてしまうのでしょうか?    

【価格設定は、相場があるけれど自由設定ができるのです】

  それぞれの犬種でだいたいの相場はあるのですが、ペットショップやブリーダーで譲渡価格が自由設定ができるのです。 海外では、「犬を売る」ということは禁止している国が多いのですが、日本は、まだ「犬をあるところで買う」という考えが強いので、価格の付け方も少しひどいと感じてしまうでしょう。 1. 価格をつける時のポイント 価格設定をする時に、値段をつける人が見る点は、これらをみます。 ・可愛らしさ ・ボディ ・毛色 ・サイズ ・頭部 ・あご ・尾 ・四肢 すでに先天性疾患が出ている子は、店頭や誰かに譲渡されることはありません。 反対に将来成長とともに治る疾患(代表例が腸ヘルニア)が見つかった場合は、 売りには出されますが、他の子よりはかなりの減額で売られることになります。 値段をつけるポイントをあげてみましたが、犬種によって標準基準があって、異なります。 あごや頭部の場合は、目立たない程度の受け口や頭の形などでも大きな減額となってしまいます。 サイズでも、小型犬なのに、少々大型の子も生まれる確率はありますが、これも減額のポイントになりますし、色も単色しかでない犬種で赤ちゃん犬が一部他の色が混ざっている場合も減額対象になります。 2. 血統が悪い、チャンピオンの家系ではない ミックス犬では血統書は発行されませんが、純血種の子は、ブリーダーは血統書発行をJFC(ジャパンケンネルクラブ)に依頼をします。 普通の血統書では、その子の3代先の犬の名前などが表記されますが、名前の下に、「CH」という表示を見たことはありますか? 「CH」は、チャンピオンの略称で、いろんな国でのドッグショーでチャンピオンになっている証拠で、「CH」の前に国名の略称が入っている子が多い家系ほど「血統がいい」ということで、高額取引の対象になります。 その他にもいろんな資格を持っている両親から生まれた子も高額取引されやすいです。 3.売れ残ってしまった子 混合ワクチンが2回ぐらいまで済んでいる子は、減額されにくいし、容姿も何もかもいい子は、すぐにお迎えされるのですが、対面してみて、 個人の好みになりますが、「可愛くない」「腸ヘルニアがある」「受け口」など、犬種としてマイナス要素があると、飼い手がつかなくなります。 混合ワクチンが3回完了して、生まれてから半年以上経ってしまうと、ペットショップとしても、置いておくわけにはいかないので、最初は、 15万円だった子が、最終的には8万円まで販売価格を落として売るということをして、なんとか飼い主がつくようにします。 *可愛らしい子なのに、どうして10万円を切るような値段をつけられているか、ペットショップによっては素直に管理表を提示の上で、説明してくれます。  

【え?!なんでそんなに高額なの?その理由ってなに?】

  今までは、標準基準で減額になるポイントや理由を紹介しましたが、 「え?この子がどうしてそんなに高額なの?」というケースがあります。 悲しいことに、人間のエゴでもありますが、高額になる要素があります。 1,高額になる理由 では、これらの要素が高額になる要素になります。 ・人気色 ・希少色 ・人気犬種や希少犬種 ・血統書の内容 ・メス犬 ・その時期のブームの影響 2,え?そういう理由なの? びっくりするような高額になる理由なのですが、ここ最近トイ・プードルやチワワは小型犬でかわいいという理由から高額取引が多いです。 トイ・プードルはチョコレート色が非常に人気で、高額の取引が続いています。 犬種によっては「こんな色はあまり出ない」というのも高額で取引されます。 メス犬が高いのは、ブリーダーの元で生まれた時に、自宅でまた繁殖をさせる 為に、手元に残すケースが多く流通が少ないので、高いのですが、 一番高額となる要素は、誰が見ても「可愛い」と見える子や、その時のブームが大きいです。  

【まとめ】

  ペットショップから犬をお迎えするケースもありますが、ブリーダーから直接お迎えするケースもあります。 一部のブリーダーでは、面談を重ねた上で、無料譲渡(ワクチン代などは別)するところもあります。飼育放棄しないかチェックする為です。 値段をつけるのは、人間の勝手事情なので、飼いたい犬に何か事情があっても責任を持って、最期まで面倒はみてあげましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院