予約 TOPへ戻る

犬の尿道炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬の尿道炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の尿道炎の症状

犬の尿道炎(にょうどうえん)とは、尿道内の粘膜が炎症を起こす病気のことです。 尿の色が濃い、尿が濁っている、尿の回数が増える、排尿中に痛がる、血尿、発熱、食欲不振、排尿の姿勢をしているのに尿が出ないなどの症状が見られます。

犬の尿道炎の原因

犬の尿道炎は、尿道口から侵入した細菌によって引き起こされることがほとんどです。 雄は、短足の犬種ほど地面に陰茎がつきやすく、細菌感染が起こりやすい傾向にあります。 雌は、排尿の際に尿道が地面につきやすいため、細菌感染が起こりやすいです。

犬の尿道炎の治療・予防

細菌が原因だった場合、抗生物質や消炎剤などの投与が行われます。 予防として、去勢することや、生活環境を清潔に保つことが重要になります。

犬の泌尿器の病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院