予約 TOPへ戻る

犬の尿崩症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬の尿崩症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の尿崩症の症状

尿崩症(にょうほうしょう)とは、腎臓の水分再吸収機能が低下している状態の病気です。 尿の量が急激に増加し、排尿の回数も増えます。また、放出した水分を補うために異常にたくさんの水を飲むようになります。 慢性化すると、体重の減少、痙攣などの症状も見られます。

犬の尿崩症の原因

尿崩症には中枢性尿崩症と腎性尿崩症といった2つの種類があり、それぞれ原因が違います。 中枢性尿崩症は、脳下垂体に炎症や腫瘍ができることによって発症します。脳下垂体からアルギニン・パソプレッシンと呼ばれる抗利尿ホルモンが正しく分泌されなくなり、尿量の調節ができなくなります。 腎性尿崩症は腎臓での抗利尿ホルモンに対する反応が低下することで発症します。抗利尿ホルモンが正しく分泌されていても、腎臓での反応が低下しているために水分再吸収がされなくなります。

犬の尿崩症の治療・予防

中枢性尿崩症の場合は、デスモプレシンの定期的な投与によって治療をしていきます。 腎性尿崩症の場合は、利尿剤の投与や低ナトリウム食での治療を行います。 また、無治療という選択肢もあります。この場合には、常に水が飲める環境を可能な限り整えておくことが重要です。

犬の内分泌の病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院