予約 TOPへ戻る

ラグドールの餌やキャットフードでおすすめは?

アニホック往診専門動物病院

ラグドールの餌やキャットフードでおすすめは?

ラグドールの特性や体重の推移は?

ラグドールはもこもこした毛並みを持つ長毛の猫で、性格もゆったりとしています。抱っこも好きで大人しく、飼いやすい品種であることから人気も高くなっています。 中型の猫ですが体重は4kg~7kg程度まで成長し、成長が止まるまでに3~4年ほどかかります。中には10kgになる個体もいますが、体格が大きいならそんなに問題はないでしょう。 太りすぎていなければ、他の猫に比べて大きいだけと考えてもいいかもしれません。 どちらかといえば雄の方が大きめですが、それほど大きな差はありません。

ラグドールの餌代はどのくらい?

ラグドールは一般的な猫とサイズはそれほど変わりませんが、もこもこの毛並みに反して筋肉が発達しています。そのため動物性タンパク質を多めに摂取する必要があり、その分餌にもこだわる必要があります。 肉の種類などにこだわるのもいいでしょう。成長期を終えれば、餌代もある程度落ち着いてきます。餌代はおよそ1ヶ月あたり5000円から8000円程度でしょう。もちろんおやつ代なども考えれば、最低ラインよりも高めに考えておくほうがベターです。

ラグドールに適した餌の量や栄養バランス

ラグドールに向いているのは、肉や魚を多めに配合した動物性タンパク質がたっぷりのドライフードです。また胃腸が弱い個体もいるので、その場合には消化の良さを重視した餌を選ぶこともポイントです。 もちろん味の面や食べやすさを考慮するなら、缶詰やウェットタイプの商品を使うことも考えましょう。毛並みがふわふわしていることが大きな魅力にもなっているため、皮膚・毛並みを整える効果のあるビタミン類やオメガ3系不飽和脂肪酸、オメガ6系不飽和脂肪酸を含んだキャットフードを選ぶのも良いでしょう。 栄養バランスを整えてあげることで、高タンパクでも肥満になりづらくなりますし子猫の成長も促すことができます。餌の量は、体重1kgあたりに換算すると子猫は成猫の2倍ほどのカロリーが必要になります。 子猫の場合は活動量が豊富で、多くのエネルギーを使うからです。成長が落ち着いてくれば体重に応じて変えるようにしましょう。 体重1kgあたり80キロカロリー程度が餌の量の目安になりますが、成分や太り具合などに応じて餌の量も変化させていきましょう。

子猫におすすめなキャットフード選び

子猫はとても活動量が高く、その分栄養もたっぷり摂取しなければなりません。子猫用ドライフードには、成猫向けよりも豊富なカロリーや栄養素が含まれているほか消化のしやすさにもこだわっているのでラグドールの子猫にも最適です。

ロイヤルカナン

・キトン ロイヤルカナンのキトンは、十分な動物性タンパク質を摂取できるおすすめのキャットフードです。筋肉質な体へと成長するラグドールの子猫には、最適な子猫用ドライフードといえるでしょう。 子猫の消化器官に合わせて、キトンならではの独自の食物繊維を配合しているため腸内環境を良くしてくれます。添加物もなく、消化率が90%以上にもなるタンパク質、L.I.P.が魅力のひとつでもあります。

シンプリー

子猫のドライフード選びにこだわるオーナーにも最適な商品で、年齢を問わずに利用することができます。タンパク質などの成分もたっぷりで、お魚やお肉がしっかり含まれていることがポイントです。 人工添加物不使用なだけでなく猫が消化しにくい餌である穀物フリーのアイテムなので、子猫にも安心です。

成猫におすすめのキャットフード選び

ラグドールの成猫は、体重管理や食事のコントロールが大切になります。キャットフードの種類を選ぶ時は、なるべく太りにくく筋肉の発達に役立つお肉・魚メインのアイテムを利用するのがポイントになります。 そのためキャットフード選びにも気を使っていきましょう。また成猫は長い毛が特徴でもあるため、毛玉ケアが同時にできる商品を使うこともおすすめです。

ロイヤルカナン

・ラグドール ロイヤルカナンのラグドール向けドライフードです。生後12ヶ月~12歳頃までの成猫に向いています。ラグドールのブリーダーにも高い満足度を得ています。 もちろん栄養バランスにも配慮して、被毛の美しさや皮膚の健康を守るための脂肪酸がたっぷり配合されています。また心臓を守るための成分として、タウリン・EPA・DHAが含まれていることも魅力です。 ラグドールは心疾患などにかかりやすい性質もあるので、キャットフードで予防しておくことは大切なのです。オメガ3不飽和脂肪酸は皮膚の健康だけでなく、大きくなりやすいラグドールの骨や関節を健康に保つためにも役立ちます。 ・ヘアボール ケア ラグドールの中でも特に毛玉が気になるなら、こちらの商品を利用してもいいでしょう。通常のキャットフードに比べて毛玉の排出を手助けしてくれるので、毛玉を吐いてしまう猫にも適しています。 特別な病気ではなくても、毛玉を排出する力が弱い猫の場合は餌でサポートしてあげるのも効果的です。ラグドール向けのドライフードと合わせて利用するのも良いでしょう。

シンプリー

シンプリーのキャットフードは添加物も使わず、成猫の健康をしっかりサポートしてくれます。子猫の時期から与えても構いませんし、ずっと使えることからファンの多いメーカーです。 穀物フリーのキャットフードは猫にとって食べやすく、消化の面からも最適です。ラグドールは動物性タンパク質がたくさん含まれたキャットフードが向いています。そのような意味でも、シンプリーのキャットフードは適しています。 サーモンやニシンなども含まれており、魚の油も豊富に含まれます。もちろん肉も含まれていますし、総合的に栄養バランスが優れたキャットフードです。

ラグドールの体重管理と毛玉ケア

ラグドールの体重管理は、餌の種類や栄養素に気をつけることで行いやすくなります。見た目がもこもこしている種類なので、どうしても体重が重いように見られがちですが見た目だけでは分かりません。 皮などがたるんでいても、ぎっしりお肉が詰まっているわけでないなら問題はないでしょう。定期的にスキンシップを行って、太りすぎていないかどうかチェックしておくのが最適です。 また、適度にブラッシングを心がけることで毛玉を飲み込みにくくなりますので合わせて行うようにしましょう。シャンプーができるなら、毛の生え変わりの時に行うことで毛玉を飲み込むことが少なくなります。 ラグドールは人間に抱かれても嫌がることが少ないので、ブラッシングなどもしやすくなっています。長い毛の猫ですが、毛がもつれることも少ないのでブラッシングも比較的簡単です。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院