予約 TOPへ戻る

犬の横隔膜ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬の横隔膜ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の横隔膜ヘルニアの症状

犬の横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)の症状としては、食欲不振、嘔吐、腹痛、呼吸困難などがあります。 これらは横隔膜に穴や裂け目がないばしょに穴ができてしまい、そこから臓器が飛び出してしまうことによって引き起こされます。

犬の横隔膜ヘルニアの原因

犬の横隔膜ヘルニアの原因としては、先天性のものと後天性のものに分けられます。先天性のものに関しては、生まれつき横隔膜に奇形が生じており、子犬の頃から横隔膜ヘルニアを発症していますが無症状であることもあるようです。 後天性のものに関しては、交通事故、落下、衝突など胸部に衝撃が加わる外傷が原因となります。活発である1歳未満の幼犬に多くなります。 割合としては、先天性よりも後天性のほうが多いようです。

犬の横隔膜ヘルニアの治療・予防

治療方法としては、外科手術により横隔膜の修復を行う必要があります。先天性の場合は、症状がわかり次第なるべく早く治療をしたほうがよいです。 また、目立った症状を発症していない場合は経過を観察する措置をとることもあります。

なりやすい犬種(好発犬種)

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院