予約 TOPへ戻る

犬の歴史を知ってる?うちの子の先祖はなにをしていたの?

アニホック往診専門動物病院

犬の歴史を知ってる?うちの子の先祖はなにをしていたの?

犬の家畜化が始まったのは、1万2000年前から1万5000万年前ころだと言われています。 その時代はあまりに古い時代なので、正確な時期はわかっていません。そして、いろいろな説がありますし、今後変わって行く可能性もあります。  

◎どうして犬の家畜化がはじまったのか?

    いろいろな説がありますが、オオカミから犬になっていったという説が有力です。 人間とオオカミがともに生活していると、お互いメリットがあるということから、共同生活が始まったのではないかと言われています。 人間にとってのメリットは、オオカミがいるおかげで、他の猛獣の存在、近づいてきたことを知ることができました。他には、人間が武器などの道具で追い詰めた獲物を、オオカミがしとめてくれるというメリットがありました。 オオカミにとってのメリットは、人間とともに狩りが出来たということと、人間に食べ物を分けてもらえるということです。 オオカミの中から、賢かったり、性格が穏やかだったり、人間が飼いやすいオオカミを厳選して繁殖していき、どんどん人間とともに生活しやすいオオカミになっていき、犬を作ったという説が有力です。 人間の社会とオオカミの社会は、似ているところがたくさんありました。   ①社会性が強いというところ。 人間もオオカミも、群れで生活をしていて、集団で獲物を捕まえていました。   ②一夫一妻制というところ。 人間もオオカミも、生涯連れ添う伴侶を選びます。   ③縄張り意識が強いところ。 外敵などの危険から、大切な家族を守るために縄張り意識が強かった。   ④複雑なコミュニケーション能力が発達しているところ。 狩りなどをするときに、仲間との複雑なコミュニケーションが発達していました。仲間の中で協力し合い、分配することができました。    

◎人間と暮らしていた犬の役割は?

    ①狩りをしていくことで、探知能力や走ることが役立った ②他の野生のオオカミや、危険な動物が近づいてくることを知らせてくれた ③人間が撃ち落とした獲物を運んで来てくれた ④羊などの家畜を見張ってくれていた このような、さまざまな役割があって、その役割に合わせた性質を持った犬種が作られていきました。    

◎どのような目的で作られていったのか?

  ●狩猟犬 ゴールデンレトリーバーやアメリカン コッカー スパニエルなどです。 主に、鳥獣を狩るための犬種です。 狩猟犬は4種類に分けられます。 ⚪︎セッター ⚪︎ポインター 鳥がどこにいるかを、人間に教えたり、獲物を回収することが仕事です。 ⚪︎スパニエル セッターとポインターとほとんど同じ仕事をしますが、しげみに落とされた獲物を回収するのが得意です。 ⚪︎レトリーバー 獲物を回収することが仕事で、主に水の中に撃ち落とされた獲物を回収するのが得意です。 ●牧畜犬、牧羊犬 シェットランド シープ ドッグ、ボーダーコリー、ウェルシュ コーギー ペンプローグなどです。 牧羊犬は、忠実で勇敢で賢い犬種です。 羊や牛を誘導したり、外敵から守るために家畜の見張り役を任されていました。 ●ハウンド犬 ハウンド犬は、視覚型と嗅覚型に分かれていて、 視覚型は、足が長く走るスピードが早く、遠くの獲物も見つけることができます。 アフガンハウンド、サルーキ、ウィペットなどがいます。 嗅覚型は、足が短く嗅覚が優れていて、土の中などの獲物を探すことが得意です。体つきもがっちりとした犬種が多いです。 ダックスフンド、ビーグル、バセットハウンドなどです。   ●テリア犬 ウエストハイランド ホワイト テリア、ブルテリアなどです。 もぐらやネズミの巣穴にもぐり、捕食していました。 ●愛玩犬 チワワ、キャバリア キング チャールズ スパニエル、パピヨンなどです。 家の中で手軽に飼育できるように作られた犬種です。 小型で体の手入れが楽な犬種が多く、甘えん坊が多いです。 ●警備犬 作業犬 セントバーナード、バーニーズマウンテン ドッグなどです。 大型犬が多く、体だけでなく頭が大きい犬種が多く、海や山での救助、ソリを引いたり、番犬、闘犬もこのグループです。   ●非狩猟犬 チャウチャウ、ダルメシアン、ビションフリーゼなどです。 狩りをすることもなく、番犬でもなく、どのグループにも属さない個性的な犬種です。 いまでは、コンパニオン ドッグと呼ばれています。   自分のおうちの犬が、どのグループに属するのか、先祖はどのような役割があり、どのような仕事をしていたのかがわかると、どのような遊びが喜ぶのかもわかってきます。 走ることが仕事だった犬種は、たくさん運動させないとストレスがたまってしまいますし、番犬をしていた犬種は、来客時に大声で吠えてしまうことも多いでしょう。 きちんと犬種による性質を理解してあげながら、関わっていきましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院