予約 TOPへ戻る

犬とお出かけする注意点を知ってますか?ペット同伴ホテルから山、川、キャンプまでの基本知識

アニホック往診専門動物病院

犬とお出かけする注意点を知ってますか?ペット同伴ホテルから山、川、キャンプまでの基本知識

ペット同伴ホテルの基本

ペット同伴ホテルでは様々なルールがあります。 お家とは違う空間でペットと過ごすのもペットと飼い主さん双方勉強になるのではないでしょうか。 そこで基本的なルールをいくつか挙げたい思います。 1 入館前にトイレを済ませる。 ペット同伴宿には様々なペットの匂いがついています。普段粗相しない子でも興奮してつい…。なんて事もあります。必ず周りでトイレを済ませてからにしましょう。 2 入館前足を拭く。 これは基本ですね。多くのペット同伴宿が足拭きタオルを用意してくれています。しかし、中には無い宿もありますのでウェットティッシュなどを用意すると良いでしょう。 3 ペット仲間との触合いは慎重に。 ペットの中には他の子が苦手な子もいます。いきなり「遊んでー。」と飛びつたりしないように、リードをしっかり短めに握るか、抱っこしましょう。相手との相性を見極め、まずは匂いを嗅いでごあいさつからはじめましょう。 4 ベッド、布団には上がらせない 中にはOKのホテルもありますが、ほとんどでベッド、布団に上がるのはNGです。普段から訓練しておくか、どうしても乗ってしまう場合はクレートの中になどに入れましょう。 5 ペットを一人ぼっちにしない。 客室内フリーでも初めて場所は不安。パニックを起こして予期せぬ事をする場合も。また、飼い主を呼んで鳴き出し、他のお客様の迷惑になります。やむを得ず一人にする場合、短時間でクレートの中に入れて下さい。 6 備品を壊したり、トイレの失敗は宿に報告。 万が一ペットが備品を壊したり、トイレを失敗したりしたらきちんと宿に報告しましょう。あまり酷い破壊や失敗は別途修理代を請求される場合があります。ですがペット宿のほとんどは寛大に対処してくれます。当たり前だと思わず、謝罪しましょう。 7 予防接種の接種証明を持っていく。 各種予防接種をきちんと済ましていくのは基本ルールです。宿の中には証明が出来ないと泊まれない宿も多いです。持ち物の中に忘れず持って行きましょう。 当然の事ながら、宿のルールに従うのが原則です。家とは違うルールがある事をペットも飼い主さん理解して楽しい旅にしましょう。

犬を連れてドライブ

ペット旅行と言いますと自由に動ける車での移動が多いと思います。 そこでペットとドライブに行くにあたっていくつか注意点があります。 1 トイレは出発前に済ませる 車であれば比較的自由にトイレに出られますが、高速道路に乗った時などは何時間もトイレが出来ません。また、環境が変わり緊張や興奮でトイレが近くなる事もあります。トイレの出来るところでは出発前に必ずトイレをするのが鉄則です。 2 休憩と水分補給はこまめにとる 普段より緊張や興奮をするので喉が渇きやすくなります。さらに車の中は乾燥するので、冬でもこまめに水分補給を。長時間ドライブの場合、1~2時間ごとにクレートから出してトイレ休憩をとりましょう。 3 走行中はクレートに入れ、可能ならシートベルトで固定しよう。 これは人間がシートベルトをつけるのと同じ理由です。他にもドアを開けた時の飛びだし防止や、ペットが動き回って運転中に気を取られないようにするためです。どうしても車酔いするペットは必ずリードをつけて抱っこし、窓から顔を出すのは絶対止めましょう。 4 休憩地や目的地で楽しい思い出を作る 休憩地や目的地ではまず散歩やオモチャなどで遊んであげましょう。いきなり部屋でお留守番や嫌な事があるとドライブや旅行が嫌いになります。家の子は旅行には必ず新品のオモチャを持っていきます。お部屋に着いた新品のオモチャを出してあげて遊んであげるとリラックスしてお部屋になれてくれます。 5 車内の温度調節に気を配ろう 人間がちょうど良いと思っていてもペットには暑過ぎる事が多いです。換気やエアコンなどで温度調節をしてペットが体調を崩さない適温を保ちましょう。 その他に行く予定地の最寄りの動物病院を調べたり、持ち物チェックの為、ペット用旅行のしおりを作るのをおすすめします。 ペットとドライブを楽しんで下さいね。

犬と山へ行こう

忙しい現代社会。人間だけでなく人間と生活を共にするペットも疲れている事も。 そんな時おすすめしたいのが山での森林浴です。今回は山での注意点をあげたいと思います。 1 ダニ・ノミ・防虫対策をしっかりする。 山に多いのがダニ・ノミ・蚊なのどの虫です。 これらの虫は恐ろしい伝染病をもっている可能性があります。 ペットに感染させないためには防虫対策が一番です。 ペットの防虫対策は動物病院でダニ・ノミ防虫剤が処方してもらえます。首筋に垂らすだけの投与で一回につき一ヶ月ほど効果が続きます。 蚊はハーブで蚊の嫌いな匂いの防虫スプレーを作りましょう。ハーブはアロマオイルなどの精油はペットに有害な物もあります。注意が必要です。 人間の防虫スプレーはペットに有害ですのでやめましょう。 2 毒ヘビに注意 山には多くの生き物がいます。その中でも恐いのは毒ヘビです。 動いている物に反応する子は遊んでいるつもりで毒ヘビに噛まれてしまうことがあります。 もし噛まれてしまった場合はその場をすぐに立ち去り、すぐに動物病院に連れて行きましょう。 3 迷子に注意 山の中は目印が無いと人間でも迷ってしまいます。犬の場合帰巣本能があると言われていますが、初めての場所で飼い主さんの姿が見えなくなってパニックをおこす事があります。 もし、迷子になってしまった場合。地元の警察と役所、保健所に迷い犬として届けましょう。 4 山の生き物に出会さないようにする 山で遊んでいるとき恐いのはクマやイノシンの野生動物です。 クマやイノシンに会わないように鈴やラジオを携帯し、自分たちがここにいることをアピールしましょう。 また、タヌキやキツネは犬科なので犬にうつる感染症をもっている場合があります。可愛いからと言って餌付けはやめましょう。 山は予期せぬアクシデントに出会すことがあります。しかし、喧騒から離れた山の癒し効果は絶大。人間もペットも山の音や匂いを感じて癒されてはいかがでしょうか?。

犬と川へ行こう

暑い夏。ペットの連れて行ける場所が限られます。そんな時、比較的涼しい川遊びなんてどうですか?。 今回は川遊びの注意点をいくつか上げます。 1 必ずライフジャケットを着用 川は浅瀬からいきなり足が着かないくらい深い場所もあります。また流れも場所より急になります。 泳ぎの得意な子でも必ずライフジャケットを着用させましょう。 2 川の水を飲ませない 綺麗に見えても川の水には寄生虫や細菌などの危険な物がたくさん含まれます。 川の水を飲もうとしたら岸に上げ、持ってきた水を飲ませましょう。 3 川魚を食べさせない 泳ぎが得意な子が時々、川魚を捕まえる事があります。 生の川魚には寄生虫がいますので捕まえたらすぐに取り上げましょう。 4 レプトスピラ感染症を予防する 水辺ではネズミが媒介するレプトスピラ感染症に注意します。 綺麗な水に見えても川の上流にレプトスピラ感染症に感染したネズミの死がいがあると下流まで汚染されます。 川遊びの時は事前に レプトスピラ感染症のワクチンを動物病院で接種しましょう。 5 釣り人のいない川を選ぶ 釣り人の釣り糸や餌の動きに反応してしまう子もいます。 餌には針がついていますし、口に入ると危険です。 釣り人とのトラブルを避けるためにも釣り人のいない川で遊びましょう。 6 川の急な増水に気を付ける。 現在地で雨が降っていなくても、上流で雨が降っていると急に川が増水する事があります。 近くにダムがある場合、放水の際にサイレンが鳴りますので周囲の音にも気を配りましょう。 7 川に入った後はシャワーで体を洗う 川は真水だし、汚くないから大丈夫。と思っていませんか?。前述したように川には細菌や寄生虫などがたくさんいます。病気を防ぐためにも帰ったら必ずシャワーで体を洗ってあげましょう。 注意点さえ守れば川遊びも決して恐いものではありません。人もペットも安全に川遊びを楽しんで下さいね。

泊りがけのキャンプに挑戦

愛犬と楽しいキャンプのための準備はできましたか?。 いくつか注意点をあげて行きたいと思います。 1 ペットの糞尿を処理する キャンプ場、あるいはそれ以外の場所でもペットの糞尿を処理するのは飼い主さんの基本的なマナーです。糞の場合は残さず取り、取りきれ無い物は水で流します。尿の場合は上から水をかけて匂いを消します。 2 ノーリードにしない たとえペット連れOKのキャンプ場だとしてもペットが好きな人ばかりではありません。ペットが飛び付いて怪我をさせたなんて事がないように、移動の時はリードを短めにしっかり握りましょう。 繋ぐ時はペットが動かせない物に繋ぎましょう。テントを止めるペグなどは簡単に抜けてしまいます。ペットの安全を守るためにもしっかりした場所に繋ぎましょう。 3 火に近づけさせない 一般的に獣は火を恐がると言われますが、バーベキューの匂いに誘われ火に近づいて火傷してしまう子も多いです。注意しましょう。 4 いつものフードを食べさせる バーベキューだから味の付かないお肉を食べされば良いと思いがちですが、慣れないお肉をメインに食べるとおなかを壊す事があります。いつものフードをメインに少し控えて味の付かないお肉をあげるとよいでしょう。 5 花火や大きな音による逃亡に注意する キャンプと言えば花火やキャンプファイヤーで音楽をかける事も多いでしょう。 しかし、いつもと違う環境にいるペットは繊細になっています。大きな音にびっくりして逃亡なんて事もあります。実際、筆者の親戚の犬は花火にびっくりして山の中を二時間逃亡しました。幸い怪我もなく見つかったものの、行ったメンバーは皆肝を冷やしました。 いかがでしょうか。安全と健康に注意さえすれば、ペットとのキャンプは楽しい物です。筆者は先代のワンコと見た星空がすごく綺麗だったのを大切な思い出にしています。 みなさんもペットとの大切思い出を作って下さいね。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院