予約 TOPへ戻る

犬とのお出かけ!最低これだけは気をつけて欲しいこと

アニホック往診専門動物病院

犬とのお出かけ!最低これだけは気をつけて欲しいこと

犬が我が家にやってきて、大きくなってくると、「どこかに一緒に出かけたい」と思いますよね? ところが、最低限気をつけてあげて欲しいことはあります。どういうことに気をつけてあげるといいか、ご紹介しますね。

【車での移動の場合】

  犬を車に乗せてドライブする場合、抱っこしていれば大丈夫かと思われる方も多いようですが、事故の時にエアバッグが原因で命を落とす子もいます。 シートベルトがつけられるクレートに入れてあげて、後部座席に乗せてあげましょう。 普段からクレートに入る癖をつけておくと、ペット宿泊OKのホテルでトイレシーツや食事のトレーと水のみ場を用意すると、とても楽です。 犬で一番多い車でのお悩みは「車酔い」です。 そわそわし始めたり、ぐったりしはじめると、車酔いの合図です。2時間起きぐらいに休憩を入れてあげましょう。 もし吐いてしまってもいいように、クレートにトイレシートとタオルを入れておいてあげると、汚した時にすぐに交換ができます。    

【電車での移動の場合】

  電車で移動の場合は、大型犬はさすがに無理なのであきらめるしかないのですが、小型犬の場合は、犬用のキャリーバッグに入れて移動できます。 荷物扱いとなりますから、駅の窓口で規定の料金を支払いします。 ここで注意して欲しいのは、必ずペットショップで売られている、しっかりとした作りのキャリーバッグに頭も完全に入れておくということです。 同じ車両の人全てが「犬好き」というわけではありません。とても怖がる方もいらっしゃるし、トラブルの原因になります。 しっかり、体全体が入ってくれるキャリーバッグでの電車移動は鉄則と覚えておいてくださいね。    

【ドッグカフェなど飲食店の場合】

  お店の方も心得ていらっしゃいますが、後片付けのことを考えておきましょう。 ビニールシートと粘着シート、ウェットティッシュは持って行くと便利です。床を汚さないし、粘着シートで椅子についた毛を取ることもできます。    

【最後にこれは守ってください】

  見知らぬところに出かけると、犬はハイテンションになって飛び出してしまうケースが多々あります。必ずリードはつけて話さないようにしてあげてください。迷子札を首輪につけておくというのも安心ですが、マイクロチップを装着していると、見つかるのも早いので是非おすすめします。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院