予約 TOPへ戻る

スコティッシュフォールドの特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!

アニホック往診専門動物病院

スコティッシュフォールドの特徴と性格は?飼い方のコツを教えて!

スコティッシュフォールドの歴史

スコティッシュホールドはイギリスのスコットランドから始まりました。元々は別の猫だったのですが、進化を遂げてスコティッシュホールドが産まれたと言われています。 他の猫は耳がピンと立ったまま成長していく中で一匹だけが耳を立てることが出来ず、スコテッシュホールドという猫の種類が誕生しました。 何故突然変異したスコティッシュホールドが拡散したかというと繁殖したからです。突然変異をした猫と他の猫が混ざると遺伝の関係で耳の垂れた猫が産まれます。その耳の垂れた猫はスコティッシュホールドを名づけられ、今でも繁殖しながら成長しています。 スコティッシュホールドという名前がつけられたのは1994年になり名付けられました。今でも特に人気の猫とされて日本人にも人気があります。 耳の垂れた猫もかわいいということでとても人気が出ました。

スコティッシュフォールドの性格

スコティッシュホールドは、のんびりやです。猫はいつものんびりした性格が多いですが、中には人に警戒心が強い猫もいます。 しかしスコティツシュホールドは人間が来てもあまり動じることはないし、いつもぼーっとしてのんびり座っています。 だから常に感情が豊かと言われている猫でもあまり性格は出さないし、とてものんびりしていて一緒にいやすいです。 もちろん鳴くこともしないから人から見るととても落ち着きのある猫と思われています。いつものんびりしていて何か時間を忘れているようにも見えます。 やはり飼ってみると感情を表に出したこともないし聞いたこともなくて本当に珍しい猫です。 外国の猫の中では今ブームとなっている猫の種類で、とても有名です。多少は猫らしさというものもありますが、何か一緒に遊んでも動じないし常にぼけっとしています。 ただスコティッシュホールドは感情には出しませんが、どちらかというと受け身の性格が多く、ご飯が欲しくてもかまってほしくても心の中にしまっています。 こんな猫も珍しいというくらい穏やかでのんびりした猫です。

スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュホールドの特に特徴があるのは、耳が垂れているということです。元々イギリスから産まれた猫が突然的に進化して耳の垂れた猫から始まりました。 色は主に灰色が多いのですが、元々の起源は白色でした。 耳が垂れていて灰色で顔も口や鼻も丸みを帯びており、それが人気とされています。 もちろん眼も優れているし、眼の色もきれいで外国から産まれたというのが伝わります。尻尾も短いし足も少し短いと思える部分がありますが、マンチカンにも似ています。しかしマンチカンと徹底的に違うのは足の長さが少しだけ違うところです。 特に日本人がスコティッシュホールドが好きな理由は、スコティッシュホールドは辺りをきょろきょろ見回すことがあり、かわいい垂れ耳とかわいい瞳が人間にとって癒しにされます。ときどき今でも白色のスコティッシュホールドもいますが、殆どが灰色です。 灰色と耳垂れがポイントです。日本のテレビに最近何回も出てきているため、人気がとても高まっています。 マンチカンと比較するくらいの人気があり、かわいいこともポイントになっています。

スコティッシュフォールドの飼い方のコツ

スコティッシュホールドはいつものんびりしていて常に鳴かないから静かなところでも暮らせます。人から騒音だと言われることもないくらい静かだから飼いやすいです。 しかし運動量は少ないです。だから一緒に遊んであげると嬉しいけれど、運動量が少ないから太ることには気をつけるべきです。 あまり構いすぎても猫は疲れます。でも心の中では構ってほしいと思っています。 それから寿命があまりない方です。普通の猫は15年くらい生きることが出来ますが、スコティッシュホールドの場合、普通の猫より数年少ないです。だからキャットフードや育成には非常にお手入れが必要な部分もあります。栄養価がきちんとしているキャットフードをあげることで寿命を伸ばすことが出来るし、猫は神経質なところもあるから何か病気や怪我をした場合、きちんと最後まで面倒を見てあげる必要が特にあります。 スコテッシュホールドは外へ出かける猫というより家の中だけで飼うという人もいるから家の中でたくさん遊ばせるといいです。 猫は怪我をすると寿命が短くなりやすくなるし、人間と違って皮膚の再生力も遅いです。 スコティッシュホールドは子供を産む場合、骨に障害を持ちながら産まれるケースがたくさんあります。もし出産になったら要注意する必要があります。 骨に障害を持って産まれてくるというものばかりなので猫にとって危険性も高いです。 だから他の猫より飼いやすいというところはとてもいいのですが、出産となるととても難しいから気をつける部分もたくさんあります。 子供の頃からきちんと育成をしないと将来寿命に関わることもあります。

他の猫種の特徴や性格、飼い方のコツを見る

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院