予約 TOPへ戻る

犬だってストレス解消したい!おすすめグッズ3選を紹介!

アニホック往診専門動物病院

犬だってストレス解消したい!おすすめグッズ3選を紹介!

現代社会は「ストレス社会」と言われていて、人間だってストレスが 原因で病気になることはあります。実は、犬もストレスを感じると、様々ですが「ご主人様、イライラするよ!」と 不思議な行動でストレス解消したいサインを出します。 ストレスサインを見逃さず、愛するワンちゃんがリラックスできること、 そして、ストレス解消に役立つグッズを紹介します。

犬のストレスサインって

毎日、暴力ではなく平和的にワンちゃんと生活をしていれば、 例えば、毎日遊んでやる、顔がくちゃくちゃになるぐらい撫でてやる、 適度に犬種にあった運動をさせてやっている、と人間とのスキンシップで ストレス解消をしていればいいのですが、十分ではないと、ワンちゃんによって 異なりますが、代表的にはこれらの行動が出てきます。

1,体の特定部分を舐め回す

代表的なワンちゃんのストレスサインです。犬の舌はザラザラしているので、皮膚を傷つけることになって、皮膚炎になってしまいます。 気がついたら、早めにやめさせましょう。

2,自分の尻尾を追いかけ回してぐるぐる回っている

見た目には、「面白いことして遊んでいるね」と思う方がほとんどですが、 実は、ストレスサインで「テイルチェインジング」と言われています。 自分の尻尾をおもちゃに見立てて、自分でストレスを解消しようとしています。 子犬の場合は遊びのひとつとされていますが、成犬の場合は、ストレスサイン もしくは「てんかん」の前兆サインとも言われています。 病院で「てんかん」ではないと分かれば、ストレス対策が必要ですね。 ストレスサインはこの2点以外にもありますが、普段から様子をチェックしていて、「あれ?いつもと違う行動や皮膚などが変」と気づけば、 わかりにくいときは動物病院を受診して、治療が必要なら治療を受けて、 ストレス解消方法を考えてあげるべきです。

ストレス解消!おすすめグッズ3選

ワンちゃんのストレスを解消させるには、真っ先に考えるのが 「散歩」かもしれませんが、おもちゃで人間と触れ合うことが ストレス解消と癒しになります。

1,ボール系のおもちゃ

犬は、狩猟能力が残っているので、丸いものやお人形を投げてやると、 大変喜んで追いかけます。 筆者の愛犬もたまごタイプのおもちゃ2個で遊んでいます。 ボール系のおもちゃで気をつけたいことは、「食いつき」「安全性」「耐久性」 「価格」の4点です。 興味を示すものはもちろんですが、サイズを間違え得ると飲み込んで窒息してしまうことがあります。ボールにどのぐらいの大きさのワンちゃんに 最適か表示されていますから、必ず適応サイズの表示を確認してください。 そしてボロボロになって、カスが体に入り込まないかも大切です。 人気タイプとしては、 ・コットンボール(ロープで編み込んで作られたボール) ・スクイークボール(転がしたり噛むと音がなるボール) ・メローボール(素材がTPEという耐久性にすぐれた素材なので人気あり) がまず3つ出てきます。

2,ロープ系のおもちゃ

犬の習性を利用したおもちゃで、引っ張り合いをすることでストレス解消 になりますし、布製かロープのものが多いので歯の掃除になります。 注意点は「食いつき」「安全性」「耐久性」「価格」の4点です。 ボール系のおもちゃにも言えるのですが、その子がすごく興味をもってくれるかというのがポイントで、せっかく買ったけれど見向きもしないということがあります。安全性はもちろんですが、ワンちゃんが引っ張るということから、 すぐに破けたり切れてしまうということがないこともポイントのひとつです。 人気なのは、 ・コットンロープタイプ(コットンのロープの両端を結んでいるタイプ) ・布製のタイプ(キャンディか長細いぬいぐるみで笛がついているもの) ・リングタイプ(紐の先に笛がついたぬいぐるみがついて輪っかなっている) この3タイプです。 特にコットンロープタイプが非常に人気があって、骨に見えたり、ジグザグに結んでいるタイプがあることや、500円までで購入できることで人気の高いおもちゃです。

3.コング

他のおもちゃとは一線を引くおもちゃ兼しつけ道具です。 サイズは犬種によって異なりますが、ひょうたん状なので、思うように噛めない 仕掛けです。 思うように噛めない構造が犬の「こいつ!こうしてやる!」という本能をくすぐるようで、中に餌やおやつを入れておけるので、噛んで遊んでいるうちに 餌やおやつが出てきてたときに大変喜ぶようになっています。 噛み癖防止といたずら防止にいいとして、長年のベストセラーです。

まとめ

お散歩がストレス解消ではなく、おもちゃを上手に使ってあげると、ストレス 解消になります。特に、コングはしつけにも役にたつ便利なおもちゃです。筆者が飼っている子は、ボールと骨状のコットンロープでよく遊んで喜んでいます。 問題行動は起こしていませんが、毎日の様子はしっかり見てあげてくださいね。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院