予約 TOPへ戻る

ワンちゃんのごはんについて知っていますか?与える時間や量はどうやって決めたらいいの?

アニホック往診専門動物病院

ワンちゃんのごはんについて知っていますか?与える時間や量はどうやって決めたらいいの?

ワンちゃんのごはんはの重要性について、知っていますか? ただ、お皿にドッグフードを入れて、床に置いていませんか? 食事の時間は、ワンちゃんにとってしつけの基本とも言える、とても大切な時間なのです。ドッグフードは、ワンちゃんの健康や体重管理を考えた大切なものです。 こちらでは、ごはんのしつけのポイントや、時間などについてお話しします。

ごはんを与える時の注意点はある?

①いつも同じ場所で与えましょう

ワンちゃんは、寝る場所、排泄する場所、食事の場所などをある程度決めて生活する動物です。 散歩中に拾い食いをしてしまったり、家で、お留守番中に盗み食いをしてしまったりなどを防ぐために、いつも決まった場所で食べさせ、ほかの場所で食べるということをさせないように、しつけてあげましょう。 外での拾い食いは、たばこや他の犬のフン、腐ったものなど、食べてしまっては危険です。

②食事を与える前に待たせること

ワンちゃんに、ただ食事を与えてはいけません。 待てをさせたり、お手やおかわりなど、指示を出して、それに応じて、我慢をさせた後に与えます。 飼い主がリーダーであると分からせるのです。。食事というご褒美があると、いままで出来なかったことも、成功しやすくなります。

③残したときは片付けてしまう

もしもドッグフードを残してしまったら、すぐに片付けましょう。 いつまでも、床に置いてあると。いつでもごはんを食べられると思ってしまい、あまり食べなくなったり、だらだら少しずつ食べるという癖がついてしまうこともあります。だらだら食べていると、肥満の原因にもなるので、習慣つけてはいけません。 しっかりと、食事の時間に完食してくれるようにも、すべて食べなかった場合は、すぐに片付けてしまいましょう。

ワンちゃんの食事の時間は、どうやって決めたらいいの?

  飼い主が食事をする前に、ワンちゃんにごはんを与えてはいませんか? ワンちゃんの食事は、ほかの家族全員が食べ終わった後に与えるといいでしょう。 ワンちゃんには、必ず1番最後に食事をさせるということです。 帰宅時間の遅い家族がいたりする場合は、かなり遅くなってしまい難しいと思うので、ワンちゃんと食事の時間をともに過ごしている家族が食べ終わった後に、与えるのがベストです。 昔からの犬の社会において、食事をする順番は上位の犬から食事を始め、肉の美味しい部分を食べ、最後の方の下位の犬たちは余った骨をしゃぶったり、残飯を食べるのです。 なので、食事をする順番は、家族の中で偉い順番だと、ワンちゃんは認識するのです。 ワンちゃんに、吠えられて食事の催促されても、それに応えて食事を与えるということもしてはいけません。 自分の命令を飼い主きいて、指示に従いごはんをくれたと認識してしまいます。 そのようなことになっては困るので、食事の時間は、飼い主が決め、ワンちゃんの都合に合わせてはいけません。

ドッグフードは、どれくらい与えたらいいの?

ドッグフードの量について、大切なことは、必ず毎日与える量を決めて、その量を与えるということです。 ドッグフードの袋や缶詰には、何kgの犬に対して、何gくらいを与えるという表が記載されています。 ですから、その量を基本として与えてみましょう。 その基準の量を与え続け、自分のお家のワンちゃんにちょうどいい量を調節していきます。 基準の量で、もし太っていくようであれば、ドッグフードの量を減らし、痩せていくようであれば、増やしていきましょう。 ワンちゃんは体が小さいので、人間が数粒だけだと思っていても、犬にするとかなりのカロリーとなってしまいます。 ですから、必ず重さを計り、決まった量を与えることが大切なのです。 おやつを与えた日には、ドッグフードを少し減らすというやり方もいいでしょう。 食事の時間はワンちゃんにとって、いろいろなしつけを覚えたり、飼い主との信頼関係も築くことができ、体重を管理したり出来る、特別な時間なのです。 きちんと、いつもと同じスピードで食べているかや、食いつきや、喜び方などの違いから、体調の変化に気付くこともできます。 なので、ごはんを置いたら終わりではなく、食べ終わるまでそばにいて、様子をよく観察しましょう。 病気の早期発見に繋がることもあります。 家族で、ごはんの量やおやつの量を把握しておくことも大切です。こっそりおやつを与えたり、おかわりを与えている家族がいると、体重管理も出来なくなります。 全員で気をつけて、決まりを守りましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院