予約 TOPへ戻る

犬の食物性アレルギーを解説!症状・原因・治療・予防を知る

アニホック往診専門動物病院

犬の食物性アレルギーを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の食物性アレルギーの症状

犬の食物性アレルギー(しょくもつせいあれるぎー)とは、犬がある食品の接種をすることによって起こる、その食品に含まれる成分に対する異常な免疫反応のことです。 アレルギーの症状として代表的な疾患は皮膚の疾患で、初期症状は痒みや発疹、脱毛などがみられ、フケが出たり下痢や嘔吐、顔や耳の内側、目の周りや口回り、またの内側などの赤み、身体をしきりに舐めたり噛んだりするなどがあります。

犬の食物性アレルギーの原因

一般的な犬の食物アレルゲンは、ドッグフードに使用されることの多い「牛肉」「乳製品」「小麦」「子羊肉」「鶏肉」「鶏卵」「大豆」「トウモロコシ」「香辛料」「添加物」などが挙げられます。 犬の健康に欠かせないタンパク質を過剰摂取したり、長期間同じものを食べ続けることにより、アレルギー反応のある犬はアレルギーを起こしてしまいます。

犬の食物性アレルギーの治療・予防

アレルギー反応を起こす原因の食べ物を与えないように対策することが大切になります。 原因で挙げた食品などでアレルゲンを突き止めたら、犬にあったアレルゲンの含まれていない食事を与えることで症状も改善されていきます。 また、すでに食物アレルギーになっている犬の食事法として、「病院でアレルゲン除去フードを購入する」「アレルゲン食材の栄養素を別食品で補う」「プレミアムドッグフードを与える」などが挙げられます。 よくドッグフードの原材料を確認し、なるべく添加物を含まないものを選びつつ、アレルギー反応を起こしにくい「魚」「米」「豚肉」「ジャガイモ」などの食材を原材料にしたドッグフードを選ぶようしながら栄養バランスの良い食事をさせてあげるようにしましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬のアレルギーの病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院