予約 TOPへ戻る

犬の方がリーダーになっていない?許してはいけない行動とは

アニホック往診専門動物病院

犬の方がリーダーになっていない?許してはいけない行動とは

犬にとって上下関係はとても重要なことです。 犬が飼い主さんよりも優位だと考えていることもあります。下位の者に、どのような行動をとるのか、知っておきましょう。 犬が自分の方が優位だと思っている行動

飼い主に飛びついたり吠えたりする

犬の思い通りにさせてはいけません。落ち着かせて、指示をきちんと聞けるようにします。

無視したり、いうことを聞かない

 

散歩中に前を歩き、リードを引っ張る

犬は、上位の者が先頭を歩きます。

ごはんやおもちゃを取ろうとすると怒る

普段から、食事中に食器に触れたり、途中でマテをかけたり、しつけておきます。

飼い主にマウンティングする

マウンティングは、上下関係を決めるためにも行われることがあります。許してはいけません。 こういった、家族に対しての攻撃行動は、若い雄犬に多く見られます。接し方を、もう一度見直してあげましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院