予約 TOPへ戻る

チワワの鼠径ヘルニアの症状とは?手術代はどれくらい?

アニホック往診専門動物病院

チワワの鼠径ヘルニアの症状とは?手術代はどれくらい?

鼠径ヘルニアとは?ヘルニアにはどんな種類がある?

ヘルニアとは、体内の組織や臓器が本来あるべき場所から何らかの理由で飛び出してしまっている状態のことを言います。 臓器や組織、脂肪などがお腹の中を保護する組織の隙間から飛び出してしまうことが多く、飛び出した組織や臓器の種類によって様々な症状を引き起こします。 その中でも鼠径ヘルニアは、鼠径部と呼ばれる後足の付け根部分のヘルニアのことを指します。 鼠径ヘルニアの多くは脂肪や腸管が飛び出ることが多いのですが、膀胱が飛び出してしまうと排尿障害を引き起こしてしまうため大変危険です。 雄、雌のどちらでも見られ、また片側のみの場合と両側の場合があります。片側のみの場合は、左側が多いようです。 では鼠径ヘルニアのほかにはどのような種類のヘルニアがあるのでしょうか?

横隔膜(おうかくまく)ヘルニア

横隔膜ヘルニアはお腹の中にある横隔膜が先天的もしくは外傷などで破れてしまい、その部分から腹部にある消化器官が胸部を圧迫してしまうことで起こります。 肺を圧迫するため呼吸困難などの症状が起こり、多くの場合は手術で横隔膜の縫合を行う必要があります。

臍(さい)ヘルニア

臍ヘルニアはおへその部分のヘルニアで、おへそから臓器が飛び出し、でべそのような状態になるのが特徴です。 臍ヘルニアの多くは脂肪や腸管が飛び出し、大きさは小指程度の大きさからこぶし大の大きさまで様々です。 一般的に不妊手術とともに手術を行い穴を塞ぎますが、そのままにしてしまうと腸閉塞などを引き起こす危険があります。

会陰(えいん)ヘルニア

主に雄犬の老犬に見られるヘルニアで、肛門横の会陰部に穴が開いてしまい膀胱や直腸が飛び出してしまいます。 発症すると便を出す際にヘルニア部分に詰まってしまうため、便秘や排便困難を引き起こします。また膀胱が飛び出てしまうことで排尿困難になることもあります。 会陰ヘルニアも手術での治療が一般的ですが、老犬のため手術に耐えることが出来ないと判断される場合は内科治療になることもあります。

小脳ヘルニア

小脳ヘルニアは後頭部の頭蓋骨の部分に何らかの原因で穴が開いており、そこに小脳が入り込み圧迫されてしまうことで起こるヘルニアです。 脳疾患になるため神経症状が起こり、ふらつきや痙攣発作(けいれんほっさ)が起こります。脳圧が上がってしまうと命に関わることもあります。 小脳ヘルニアは先天的疾患になり、キャバリアやマルチーズなどに多く見られます。

腹壁(ふくへき)ヘルニア

腹壁ヘルニアは、お腹周りの脂肪や筋肉で出来た腹壁が破れてしまい、臓器や組織が飛び出てしまうヘルニアです。先天的で起こることもありますが、多くは事故や怪我などの外傷で多く発症します。 外傷の治療とともに、外科手術で縫合し治療をするのが一般的です。

椎間板ヘルニア

上記のヘルニアとは違い、椎間板ヘルニアは脊椎で発症します。脊椎のクッションの役割を果たす椎間板物質が何らかの原因で飛び出し、神経を圧迫することで激しい痛みを引き起こします。 椎間板は腰部と頸部(首の部分)に存在しており、どちらもヘルニアを引き起こす可能性があります。 腰部の椎間板ヘルニアは胴が長いダックスフンドやコーギーに、頸部の椎間板ヘルニアはビーグルやチワワに多く発症し、状態によって手術や投薬で治療を行います。 椎間板ヘルニアを一度発症してしまうと、多くの場合リハビリや再発防止のための工夫が必要になるでしょう。

チワワは鼠径ヘルニアになりやすいの?子犬に多いって本当?

鼠径ヘルニアの多くは遺伝が関連していると言われ、子犬のうちから鼠径ヘルニアを発症します。そのため動物病院の健診等で見つかることが多く、子犬に多い病気と言われています。 子犬のうちに発見することが出来れば、その鼠径ヘルニアが日常生活に支障をきたすものなのか、すぐに処置をした方が良いものなのかを判断することが出来ます。 そのため自宅で鼠径ヘルニアを発見した場合はなるべく早く動物病院で検査してもらいましょう。 また、鼠径ヘルニアは小型犬に多く発症すると言われていますので、チワワもなりやすい犬種です。 その他の犬種ではミニチュアダックスフンドやミニチュアピンシャー、ポメラニアンやウェストハイランドホワイトドックなどに多く発症すると言われています。

鼠径ヘルニアの原因とは?

鼠径ヘルニアの原因は、多くは先天的なもので遺伝が関連して発症すると言われていますが、はっきりとした原因は未だに解明されていません。 稀に後天的に起こる鼠径ヘルニアの原因としては、交通事故などによる外傷や出産などで腹部に圧がかかった時に鼠径部に穴が開いてしまうことが挙げられます。 ただ、後天的に鼠径ヘルニアが起こる場合は生まれつき鼠径部に異常があることが多く、それが素因になって発症すると言われています。

鼠径ヘルニアの症状、治療法とは?

では鼠径ヘルニアを発症した犬はどのような症状が起こるのでしょうか?また、治療法に関してお伝えします。

鼠径ヘルニアの症状

鼠径ヘルニアの外観は特徴的です。鼠径部と呼ばれる後ろ足の付け根の部分に膨らみが触れます。症状が軽いうちは手で押し込むと戻ったように感じますが、穴が開いているため腹圧でまた膨らみが表れます。 しかしあまり押し込んでしまうと飛び出ている臓器に悪影響を与えます。腸捻転などを引き起こす可能性もあるため、鼠径ヘルニアの部分は強く押さないように注意しましょう。 軽度の鼠径ヘルニアの場合は、仰向けになると重力の関係で膨らみが触れなくなることもありますが、完全に戻った訳ではないため立った状態になるとまたヘルニアが触れるようになります。 症状は、ヘルニア部分の穴がどのくらいの大きさか、また飛び出してしまっている臓器が何か、そしてどのような状態で飛び出ているかによって大きく変わってきます。 ヘルニア部分の穴が小さく、飛び出ているものが脂肪のみの場合の多くは無症状です。また腸管などが飛び出ている場合でも穴が小さい場合は無症状の事も多いです。 穴が大きく多量の腸管が飛び出てしまっている場合は腸閉塞を引き起こすことがあり、その際は嘔吐や下痢、便秘などの消化器症状が表れます。 そのままにしてしまうと腸管が壊死してしまい、場合によっては命に関わってしまうため注意が必要です。 またヘルニア部分から膀胱が飛び出てしまっている場合は排尿障害が起こり、排尿が困難になってしまうことがあります。飛び出てしまった部分の膀胱が上手く収縮できず、全ての尿を排出することが出来ないためです。 また雌犬の場合だとヘルニア部分から子宮が飛び出てしまうこともあります。軽度だと無症状のこともありますが、大きく飛び出ていると腹痛や元気消失などの症状が表れます。

鼠径ヘルニアの治療法

鼠径ヘルニアの治療法は、基本的にヘルニア部分に飛び出してしまっている臓器をもとの位置に戻し、ヘルニア部分の穴を塞ぐ必要があります。 ヘルニア部分から飛び出ているものが脂肪のみで、軽度であれば経過観察になることもあるでしょう。特に子犬の場合は成長とともに筋膜がしっかりと出来上がり、自然に治ることも期待できます。 その際は定期的な健診で動物病院に通う必要があるでしょう。 しかし成長や妊娠、肥満によって腹圧がかかり、悪化することも充分に考えられますので一般的には外科手術が推奨されています。 外科手術では全身麻酔をかけて開腹しての手術になります。緊急的な症状が出ていない限り、麻酔をかける負担を減らすために不妊手術とともに行う場合が多いでしょう。 外科手術では基本的に臓器を元の位置に戻しますが、腸閉塞などを引き起こし腸管の壊死を引き起こしている場合は一部腸切開を行い、壊死している部分を切り取る場合もあります。 その際は通常の鼠径ヘルニアの手術とは異なり、経過観察が必要となりますので入院日数も1週間程度と長くなるでしょう。

鼠径ヘルニアの治療費、手術代はどれくらい?

まず、鼠径ヘルニアを診断してもらうのに診察料がかかります。病院によっても異なりますが、初診の場合約2,000~5,000円になるでしょう。 そしてどの程度の穴が開いているのか、ヘルニア部分から飛び出している臓器が何なのか、また外科手術に対する術前検査などに約1~3万円の検査代がかかります。 外科手術になると約5~10万円の手術代になることが多いですが、術後の経過によって入院が長引くことも考えられますので高額になることもあります。 また一般的な動物の健康保険では補償されないこともあるため、注意が必要です。

鼠径ヘルニアを予防する方法とは?

基本的に鼠径ヘルニアは遺伝性疾患のため予防は出来ません。そのため飼い主の鼠径ヘルニアに対する知識と、いかに早期発見、早期治療出来るかが大事になってきます。 明らかに触って分かる大きさの鼠径ヘルニアであればわかりやすいのですが、穴が小さい場合は飼い主にはわかりにくい場合があります。 ブリーダーやペットショップなどから購入する際には引き取る前にヘルニアが無いかどうかしっかり確認をしましょう。そして出来るだけ早めに一度動物病院に行き、健康診断を行いましょう。 しかし一度健康診断で問題なかったからと言って、安心はできません。成長とともにヘルニア部分の穴が広がっていき、大きくなって見つかる場合もあります。 自宅でも定期的に体全体を触り、コミュニケーションを図りながら異変に気付けるようにしましょう。 その際もし鼠径ヘルニアが見つかっても、急いで手術をした方が良いか、もしくは不妊手術と一緒に行う方が良いかは獣医と相談の上決めていくと良いでしょう。 また遺伝的疾患となるため、鼠径ヘルニアを発症したチワワは繁殖には使用しないことを徹底するのも大事です。 そして後天的な鼠径ヘルニアの場合は興奮させない、肥満にさせない、食後に運動をさせないなどの方法で、腹圧がかかることを控えることで予防できます。 成犬になってから急に鼠径ヘルニアが出てきた場合は後天的である可能性が大きいため、その他の怪我などの可能性があります。気が付いた際には早急に動物病院を受診し検査を行いましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院