予約 TOPへ戻る

犬のトイレトレーニング第三弾

アニホック往診専門動物病院

犬のトイレトレーニング第三弾

犬のトイレトレーニング実践編

トイレトレーニング第三弾は、いよいよ実践編です。 本、ネット等でよく見かけるのが、「犬をよく観察して、おしっこをしそうだったらトイレに連れていく。」です。 しかし、これが難しい。一日中べったり犬を観察することがまずほぼ不可能です。 さらに、結局どれがトイレサインなのかわからないという話も聞きます。

寝起き・食後・運動後を狙ったトイレのしつけ方法

犬がトイレをするタイミングで多いのが、寝起き・食後・運動後です。これを利用します。 朝起きたらまずはトイレスポットに連れて行きます。オシッコが出るまで外には出しません。 切なく鳴いても心を鬼にしましょう。どうしてもダメだったら、朝ごはんをあげてもう一度チャレンジ。 犬は見られていると緊張してしまうので、トイレスポットに入れたら、見ないふりを続けてください。 上手に出来たときは、沢山褒めてあげてください。朝、晩これを繰り返します。 慣れてきたかなと思ったら、トイレスポットのドアを開けてみてください。それでもトイレを中でできたらほぼ合格です。 外に出ておしっこしてしまう場合は、閉じ込める方法を繰り返してください。 トイレスポットでするようになったら、最終的に一枚分になるまで、敷き詰めていたトイレシートを少しずつ減らしていきます。 トイレトレーニングは根気よくイライラしない!これが大切なポイントですね。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院