予約 TOPへ戻る

また失敗してると怒る前に・・・その犬のトイレの作り方で大丈夫?

アニホック往診専門動物病院

また失敗してると怒る前に・・・その犬のトイレの作り方で大丈夫?

犬との生活は毎日楽しいですよね。そうでもない? よく聞くのがトイレのしつけが難しい。失敗してることが多い。 特に男の子の飼い主さんから聞かれます。

犬のトイレのつくり方に問題がある?

それはもしかしたらトイレのつくりに問題があるのかもしれません。 まずトイレの作り方ですが、どうしてますか?ゲージにシートを敷いている方が多いのではないでしょうか? 間違いではないです。

男の子の犬の場合は

ただ、男の子の場合は片足をあげて用を足す習性があります。 もしかして犬はちゃんとゲージの中でしているけれど中から外におしっこが出ちゃってませんか? 男の子の飼い主さんは床だけでなく壁の部分にもシートをつけましょう。壁のあるタイプのトイレもあります。 利用してみるのもいいかもですね。

他にはどんな方法があるの?

じかにゲージにシートを貼る方法でもいいと思いますが、貼り付け方に注意が必要です。 取れて落ちてしまったりシートがひらひらしていたらあまり意味がないですからね。 あと、シートを下に敷いているだけの場合、犬がゲージで動くことでシートがずれてしまったりして、きちんとおしっこを吸収してくれていないことも。 そうするとおしっこを踏んだ犬が部屋の中を歩き回るなんてことも。 シートの上にカバーをつけられるタイプですとゲージの端っこでぐちゃぐちゃになったシートを見ることもなくなりますよ。 他にもいろいろな方法がありますので自分の犬にあった方法を試してみてください。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・介護・予防など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院