予約 TOPへ戻る

トイプードルのでぶの基準はどれくらいから?肥満解消の方法とは?

アニホック往診専門動物病院

トイプードルのでぶの基準はどれくらいから?肥満解消の方法とは?

トイプードルの肥満の基準ってどれくらい?

トイプードルが肥満とされる基準は何kgからなのか、ご存知ですか?可愛がっているトイプードルがもし肥満だったら…と心配になりますね。 トイプードルの平均体重は約2~4kgとされています。しかし、トイプードルは他の犬と比べても体格の幅がとても広い犬種です。平均体重を超えているからといって、肥満であるとは言い切れません。体重だけでは判断が難しいです。 そこで、トイプードルの適切な体型を知るのにボディ・コンディション・スコアという評価方法があります。トイプードルの体に触るなどのチェックを行い、その結果を5段階に分けて適切な体型かどうかを判断します。 飼っているトイプードルが肥満なのか、簡単にすぐチェックできますのでぜひ試してみてください。

ボディ・コンディション・スコアによる体型チェックの方法

1.トイプードルの体を真横から見ます。ウエストのくびれ具合をチェックします。 2.トイプードルを真上から見ます。同じようにウエスト部分のくびれ具合をチェックします。 3.助骨部(前足のすぐ後ろ、付け根からお腹にかけての辺り)を触って、手のひらに骨の感触がうっすらと感じられるか調べます。被毛が多い場合は毛の下に手を入れて、なるべく地肌に近い部分を触ります。 4.同じように横からウエスト部分を触って、くびれ具合を調べます。 5.腰の上の方(背中に近い辺り)を手で触り、腰骨がどのくらい浮き出ているかを調べます。

ボディ・コンディション・スコアの5段階評価

チェックした項目が、ボディ・コンディション・スコアの5段階の内のどこに当てはまるかを確認します。 トイプードルはBCS4、BCS5に当てはまると肥満だと言えます。ダイエットが必要となってくるでしょう。愛犬が肥満かどうかの目安として役立ててください。

BCS1(痩せ)

助骨、腰骨、骨盤が外から見てはっきりと分かります。触っても脂肪がありません。腰のくびれとお腹の吊り上がりが顕著に見られます。

BCS2(やや痩せ)

触ると助骨が分かります。上から見て、腰のくびれが顕著に見られます。横から見て、お腹の吊り上がりもはっきりとあります。

BCS3(理想的)

触るとうっすらと助骨が分かります。上から見て、腰のくびれがあります。横から見て、お腹の吊り上がりもあります。

BCS4(やや肥満)

触るとやや脂肪がありますが、助骨が分かります。上から見て、腰のくびれがありますが顕著ではありません。横から見て、お腹の吊り上がりがややあります。

BCS5(肥満)

厚い脂肪があり、助骨に触れても分かりません。腰椎(背中の中央から尻尾の付け根辺り)や尻尾の付け根部分にも脂肪があります。腰のくびれはほとんど見られません。お腹の吊り上がりがなく、垂れ下がっています。

トイプードルの肥満の原因は?

トイプードルが肥満になる原因はいくつか考えられます。

ドッグフードの食べ過ぎによる肥満

トイプードルに市販のドッグフードを与えている方は多いと思いますが、1日に与える適切な給与量は確認していますか?目分量で与えていては、食べ過ぎているかもしれません。 トイプードルは目の前にある食べ物をお腹一杯になるまで食べてしまいます。たくさんあげてしまうと、それを全て食べてしまい、カロリーオーバーで肥満の原因となります。 市販のドッグフードのパッケージには、体重に応じた適切な給与量が記載されています。どのくらい与えているのか、一度確認しましょう。

おやつの食べ過ぎによる肥満

おねだりする姿が可愛いからとおやつを与え過ぎてしまうと、肥満の原因となります。1日に何度もおやつをあげていないかチェックしてみましょう。

人間が食べるおやつの与え過ぎによる肥満

人間が食べるパンやクッキーなどのおやつを与えていると肥満になりやすいです。トイプードルは人間用の甘くて美味しいおやつが大好きです。しかし、人間のおやつはトイプードルにとって高カロリーな食べ物です。 少しだけ与えているつもりでも、回数が多いのかもしれません。与え過ぎていないか、見直す必要があるでしょう。

運動不足による肥満

トイプードルは室内犬なので散歩が必要ないと思われるかもしれませんが、適切な運動をしないと肥満の原因となります。 トイプードルは動くのが大好きな活発な犬種です。運動不足は肥満はもちろん、ストレスの原因にもなるので注意しましょう。

避妊・去勢手術をしたことによる肥満

避妊・去勢手術をしたトイプードルは太りやすくなります。 生殖器を取り除くことでホルモンの分泌が減り、繁殖するために必要なエネルギーの消費が少なくなることが原因とされています。そのため、避妊・去勢手術をしていない子よりも肥満になりやすい傾向があります。 手術前と同じ量の食事を与えていても、消費エネルギーが減った分だけカロリーの摂り過ぎになっていることがあります。

肥満による病気のリスクとは?

肥満は様々な病気のリスクを招く恐れがあります。そのため、太っている子は通常よりも寿命が短くなるとも言われています。

関節の病気

体重が増えると関節への負担も大きくなります。関節炎などを起こしやすくなります。特にトイプードルは関節が弱いと言われているため注意が必要です。 小型犬であるトイプードルは、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、椎間板(ついかんばん)ヘルニアになりやすいです。肥満はこれらの病気になるリスクがさらに高まります。

心臓・呼吸器の病気

体中に脂肪がつくことにより、気管を圧迫し呼吸がしづらくなります。また、太った体に血液を送り届けるためには通常よりも心臓の働きが増えます。心臓への負担が増え、心臓病などのリスクが高まります。

糖尿病

人間と同じで、太り過ぎてしまうと糖尿病になるリスクが高くなります。糖尿病は進行すると肝障害などの合併症を起こすこともあり、危険な病気の一つです。

トイプードルの肥満解消・肥満対策とは?

トイプードルの肥満解消は家族の強い意志とサポートが大切になります。我慢している姿が可哀想だからと甘やかしてしまったら、ダイエットどころかリバウンドをしてしまう可能性があります。 目標体重を決めて、達成するまでは強い覚悟を持って行いましょう。病気を抱えていたり、何か心配がある時は、獣医師と相談しながらダイエットを始めるようにしましょう。

ドッグフードの量を減らす

市販のドッグフードを与えている場合、パッケージに記載されている給与量をきちんと守るようにしましょう。毎回計ってから与えるようにします。 もし守っているのに肥満になってしまったら、獣医師と相談しながら与える量を減らしていきます。極端に減らすのは栄養失調を招きますので、体調を見ながらゆっくりと進めていきましょう。

ドッグフードを減らして回数を増やす

ドッグフードの量を減らすと、慣れるまではお腹が空いて鳴くかもしれません。そういう時は与える回数を増やしましょう。 例えば1日2回与えていたら、減らした量のまま1日3回か4回に分けて与えます。小分けにして少しずつ食べると満腹感を感じやすくなります。

ダイエット用フードに変える

しっかりと体重をコントロールするには、低カロリーなダイエット用フードに変えると良いでしょう。食べる量を減らさずにカロリーを抑えられるので、ストレスも溜まりにくいです。 しかし、急にフードを変えると嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。慣れていない味だと食べない可能性もあります。フードを変更する時は時間をかけてゆっくりと慣れさせていきましょう。 今までのフードに少しずつダイエット用フードを混ぜて、1週間くらいかけてダイエット用フードに切り替えていきます。体調や便の様子など健康状態を確認しながら行いましょう。

手作りご飯やトッピングをヘルシーなものへ変更する

手作りのご飯やドッグフードにトッピングをしている場合、食材を低カロリーなものに変更しましょう。 肉類は牛肉よりも鶏のささみやむね肉に、野菜は根菜類よりもキャベツや白菜などの葉物野菜にするとヘルシーになります。

おやつをあげない

おやつは体重が増える一番の原因です。おやつを与えないようにしましょう。 しかし、どうしても止められない場合はカロリーが低いおやつに変更しましょう。鶏のささみやアキレス、野菜などに変えるとヘルシーです。ダイエット用のおやつもありますので、上手く活用してください。 おやつを与える時は、1日の食事量の10~20%以内に収めるようにしましょう。

運動量を増やす

肥満解消、対策には運動が大切です。散歩に連れて行ってしっかり体を動かしましょう。おもちゃなどで一緒に遊んであげることも良い運動になります。 あまり運動をさせていなかった場合、急に運動量を増やすのは危険です。怪我などの原因になります。散歩の時間や距離を少しずつ伸ばしていくなど、ゆっくりと運動量を増やしていきましょう。

トイプードルのダイエットに役立つグッズをご紹介!

ダイエットに役立つグッズを使えば、簡単に楽しくダイエットをサポートしてくれます。上手く使ってストレスを溜めずにダイエットを頑張りましょう。 それでは、トイプードルのダイエットに役立つおすすめのグッズをご紹介します。

コノコ(KONOKO) ゆっくり食べられる食器

フードの早食い、一気食いを防ぐことができる食器です。食器の中央と側面に突起があり、ゆっくりとフードが食べられる設計になっています。 S、Mの2サイズあり、食べる量によって大きさが選べます。ゴム底で滑りにくく、樹脂製の食器なので軽くて丈夫です。価格も税込み1,200円前後でお手頃です。

おやつボールコロわん!mini

中におやつやドッグフードを入れて遊ぶことができるボールです。 タイマー機能があり、セットした時間になるとベルが鳴ってボールを転がすとおやつが出てくる仕掛けになっています。ボールで遊ばないとおやつが出てこないため、良い運動になります。 おやつを入れるスペースが6つあり、それぞれ違ったおやつを入れることができます。1~6回、好きな回数分だけ遊ぶことができるので室内での運動にぴったりのおもちゃです。 価格は税込み4,000円ほどで少し高価ですが、お留守番中にも使えてしっかり遊ぶことができます。

WestPaw(ウエスト・ポウ) ゾゴフレックス ブーミ

引っ張りっこができるS字型のおもちゃです。ゾゴフレックスという水に浮くくらい軽く、丈夫な素材でできています。 柔らかい素材なので口の中を傷つけることもありません。引っ張りっこをしたり、放り投げて持ってこい遊びをしたりと、しっかり運動させたい時におすすめのおもちゃです。 価格は税込み1,500円前後です。汚れたら洗えるので、何度でも繰り返し遊べます。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院