予約 TOPへ戻る

トイプードルの目やに・涙やけの原因と対策!フードとの関係はある?

アニホック往診専門動物病院

トイプードルの目やに・涙やけの原因と対策!フードとの関係はある?

トイプードルの目やにや涙やけの原因は?

色の淡いトイプードルを飼育していると、目の下に目やにの塊が付着し、毛に色が付いてしまういわゆる「涙やけ」という状態になってしまうことがあります。 では目やにや涙やけは何が原因になってくるのでしょうか?

目やにの原因

健康な状態でも目やには出ます。正常な場合の目やには、古い細胞や老廃物を排出するために出されるもので、これは生理現象です。 目やには結膜から出るムチンという粘液を主成分にするもので、目を外部の刺激から守る役割もあります。起床時に多く発生し、まばたきをすることによって塊となり目頭に溜まることが多いでしょう。 しかし目やにの原因には、目の病気が隠れている可能性があります。詳しくは後述いたしますが、いつもより目やにが多くなっていたり形状が変わったりした場合には要注意です。 定期的な目やにのチェックは欠かさず行ってあげましょう。

涙やけの原因

トイプードルは目の真下にも多くの毛が生えているため、涙やけしやすい犬種です。 涙やけは、主に涙や目やにが多く発生することで起こります。正常の場合の目やにをそのままにしてしまい、細菌などが発生してしまった場合にも涙やけが起こります。 涙が流れ続けてしまっている場合などは、流れるたびに拭くことはなかなか難しいことが多いため、涙やけの原因となってしまいます。

トイプードルの目やにや涙やけと病気の関係は?

トイプードルの目やにが多く涙やけがひどい場合、いくつかの病気の可能性があります。目やにの形状とともに、疑いのある病気をいくつかご紹介します。

角膜炎

眼球の表面を覆っている角膜が、何らかの原因で傷ついてしまった場合などに起こります。痛みやかゆみを伴う場合が多く、足で引っ掻いて悪化させてしまう場合もあります。 角膜炎の場合には涙の量が多くなり、目を開くことが出来なくなることもあります。目やには白く濁り、サラサラの形状のことが多いでしょう。

結膜炎

角膜の外側にある結膜に傷がついたり炎症が起きた状態です。角膜炎と同じく、涙の量や目やにが多く発生します。また細菌やウイルス感染で起こることもあり、その際には黄色い目やにや黄緑色の目やにが出ます。 全身の健康状態が悪かったり、免疫力が低下していたりすると細菌やウイルスに感染することがあるため注意が必要です。

流涙症

流涙症は涙がどんどん溢れてきてしまう病気です。涙管の炎症や腫瘍などにより涙を排出することが出来なくなり、涙が目の方に逆流してきてしまうのです。 トイプードルは先天的に涙管が圧迫されているため流涙症になりやすいと言われており、涙やけの原因となることが多いです。

緑内障

緑内障は眼球の圧力が上昇し、眼球が盛り上がった状態になります。痛みを伴うため足で引っ掻いて悪化してしまうことも多く、失明の恐れもある怖い病気です。 緑内障の場合は黄色く、粘着性のある目やにが多く出ることが特徴で、眼圧を下げる治療が必要です。

逆さまつ毛

通常上向きに生えているべきまつ毛が、何らかの原因で下向きに生えてしまった状態です。まつ毛が常に眼球に刺激を与えて炎症を起こしてしまうため、大量の涙や目やにが出ます。 逆さまつ毛で出る目やにはさらっとしていることが多く、透明か少し白っぽい形状です。

トイプードルの涙やけがトマトで治るって本当?

トイプードルの涙やけが、トマトを与えることで完治すると言われているのですが、科学的根拠はありません。 それどころかトマトには犬にとって毒になる成分が含まれている部分があるため、与える際には細心の注意が必要になります。また、食べ過ぎるとお腹を壊す可能性もあるのです。 そのため、涙やけを治すためにトマトを与えるのはやめておいた方が良いでしょう。

トイプードルの目やにの色や臭いは大丈夫?

人間でも起床時に目やにが出るように、トイプードルも健康な状態で目やにを出すことがあります。 病気での目やにとの大きな違いは色や臭いです。正常な目やには量がさほど多くなく、透明度の高い目やにとなります。臭いもほぼありません。 前述したような病気の可能性のある、緑色や黄色い目やに、また臭いが強い目やにが出た場合にはなるべく早めに動物病院を受診しましょう。 しかし正常な目やにでも、溜まり過ぎると涙やけの原因となってしまいますので、定期的にケアしてあげるようにしましょう。

トイプードルの目やにとドッグフードは関係ある?

トイプードルの目やにの原因として、食物アレルギーが関連していることがあります。 ドックフードには様々な原材料が使用されており、その中の成分にアレルゲンとなる物質が含まれていると、アレルギー反応として目やにが多く出てくるのです。 そのため定期的に与えているドックフードを変更することによって、目やにが改善してくる可能性があります。

トイプードルの目やにの対策と治し方とは?

トイプードルの目やには、生理現象である場合には気が付いた時に拭いてあげる程度で問題ありません。 しかし病気が隠れている可能性もありますので、少しでも異常がある場合には動物病院で診察を受け適切な治療を行うことが、何よりの対策になるでしょう。 治し方は、目やにの原因となっているものが何かによって大きく変わってきますが、主には点眼薬での治療となります。 なかには日常的に目を守るための目薬もありますので、獣医師と相談しながらその犬に合った治療を行ってあげましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院