予約 TOPへ戻る

トイプードルは寒さに弱いってホント!?最適な室温や防寒対策とは?

アニホック往診専門動物病院

トイプードルは寒さに弱いってホント!?最適な室温や防寒対策とは?

トイプードルは、寒さに強い?弱い?

犬は基本的に寒さに強いと思われがちですが、トイプードルはシングルコートといわれる被毛であり、密度が少なく寒さを感じやすいと言われています。 また、体高が低く地面の冷たい空気を感じやすくなっていることも寒さに弱い理由の1つになっています。

寒さに弱いトイプードルの防寒対策とは

まずは、ケージの環境を整えてあげましょう。ケージはペットにとって一番安心できる場所であってほしいですよね。 ケージの中に毛布をいれてあげるだけでなくケージの周りもダンボールや毛布で覆うことで保温性がグッとあがります。湯たんぽをいれてあげることも有効ですが巻いたタオルがとれてペットがやけどしないように湯たんぽケースを使うなど工夫しましょう。 また、散歩の際などは服を着せてあげることで快適さもアップしますので、気候に合わせた素材のものを選んであげましょう。保温しすぎは、かえってペットの負担になってしまうため注意が必要です。

トイプードルが暮らすための最適な室温とは

トイプードルが最適だと感じる温度は平均して20〜25度だと言われています。ただし、ペットそれぞれ異なりますのでペットの様子をしっかり観察するようにしてあげましょう。 体を丸めていたり、部屋の暖かい場所を探しているようなしぐさが見られたらすぐに保温するようにしましょう。 犬用のヒーターやホットカーペットなどの防寒器具も多く売っていますので適宜調節してくださいね。その際にはコンセントなどをかじってしまわないか安全にも気をくばるようにしましょう。 室温だけでなく冬場は湿度も低くなりがちですので、湿度も合わせて60パーセント程度に保つよう注意しましょう。湿度を保つことで室温を温かく保つことができますし、喉や皮膚の乾燥も防ぐことができます。

最後に

トイプードルはペットの中でもかなり寒さに弱い犬種です。少しでも快適に暮らせるように工夫してあげましょうね。 冬だけでなく、夏のクーラーの効いた部屋でも寒がって体調を崩してしまうことがあるため1年を通して温度調整には気をつけてあげてくださいね。 また、トイプードルと一言で言っても毛色によっても体感温度が変わってきます。寒がっていないのであればあらかじめ防寒対策をしすぎるのではなく、ペットの様子に合わせて調整してあげてください。 多頭飼いしていて違う犬種と共同生活している場合は、それぞれの犬種にあった対策を知ることでペットとの暮らしをますますエンジョイしましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院