予約 TOPへ戻る

犬が食べやすいフードボウルや器はどんなもの?

アニホック往診専門動物病院

犬が食べやすいフードボウルや器はどんなもの?

犬を飼うことになったら、まず準備するものの中に必ず、ご飯用と水用の食器があります。 どのような種類があるのか? 犬用の食器といっても、さまざまな種類があります。 プラスチック、陶器、ステンレスのもの、素材だけでも何種類もあります。 浅いものや深いもの、人間の食器のように、形も豊富です。 選ぶ時のポイント やはり、犬種に合わせて購入するのが重要です。 小型犬に、大きな食器ですと、フードが散らばってしまい、食べにくくなりますし、 中型犬以上の大きさの犬に、軽い食器では食べてる最中に押されてずれてしまいます。なので、ある程度の重さがある物を用意してあげます。 パグやフレンチブルドッグの子でしたら、鼻が短いので、広めの食器にしてあげないと、食べにくくなってしまいます。 きちんと、大きさや深さを見て、自分の子にあっているかをよく考えて購入しましょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院