予約 TOPへ戻る

ワンちゃんは、どうしてトリミングをするの?

アニホック往診専門動物病院

ワンちゃんは、どうしてトリミングをするの?

当たり前のように、ワンちゃんはトリミングをされていますが、なぜトリミングをしなければいけないのでしょうか? こちらでは、トリミングをする理由や、トリミングはどのようなことをしているのかをお話しします。

ワンちゃんのトリミングって?

ワンちゃんの被毛は、ほぼ全身が被毛で覆われていますよね。 ブラッシングやシャンプーをしたり、トリミングをしたりなど、ワンちゃんの被毛を清潔で健康に保つために行う、全てのことをグルーミングといいます。

⚪︎トリミング

ワンちゃんの特徴を発揮するため、その犬種のスタンダードにより近づけるために、ワンちゃんの余分な被毛をカットして、美しさを増大させることをいいます。 ハサミでカットすることをトリミングというと思われがちですが、バリカンなどでカットする方法もトリミングといいます。

⚪︎ブラッシング

ワンちゃんの被毛をブラシを使い毛玉や毛もつれをほどきます。 ブラッシングをすることにより、抜け毛やフケを取り除くことが出来ます。 ブラッシングには、マッサージ効果もあって血行が良くなり、新陳代謝を促進するという効果もあります。 ブラシにはいろいろな種類がありますが、犬種によって、ブラシをする部位によって、スリッカーブラシ、ラバーブラシ、ピンブラシなどを使い分けて行います。ブラシの大きさもさまざまで、ワンちゃんの大きさによって使い分けます。

⚪︎ベイシング

ワンちゃんを入浴させることをいいます。 温かいお湯でよく濡らしてあげて、シャンプーをかけて丁寧に洗って、しっかりとすすぎます。 シャンプーをすることでフケや嫌な臭いを取り除くことが出来ますし、血行もよくなります。

⚪︎クリッピング

トリミング用のバリカンを使って、ワンちゃんの被毛を短く刈ることです。 バリカンの刃には、いろいろな長さのものがあり、残したい毛の長さによって刃を選んで交換して使います。

⚪︎ラッピング

ラッピングペーパーという、ラッピング専用の用紙を使って行います。ワンちゃんの被毛を少しずつ分けていき、ラッピングペーパーで被毛を包んで巻き、折りたたみ、ゴムで留めます。 体の毛を伸ばしているシーズーやマルチーズ、ヨークシャー・テリアに行います。

⚪︎爪切り

ワンちゃんの爪は、一生伸び続けるものです。ワンちゃんの爪の中には血管が通っているので、爪切りで血管を切ってしまわないように気を付けながらカットします。 飼い主さんが抱っこしたときに、痛くないように角を落としながらカットして、爪やすりを使ったりもします。

ワンちゃんはどうしてグルーミングの必要があるの?

ワンちゃんの体は、定期的にトリミングによってお手入れをすることで、皮膚や被毛を清潔に保つことが出来ます。 トリミングをすることで、ワンちゃんと人間とがコミュニケーションがとることができますし、飼い主さんがをしてくれれば、より良い信頼関係も築くことができるのです。 そして、臭いも少なくなり人間との生活も快適に過ごすことができますし、皮膚病の予防にもなるのです。 トリマーがワンちゃんの体のチェックをしてくれるので、ワンちゃんの病気や体の異常、変化などに気づき、早期発見できることもあります。

トリミングの料金は、いくらくらいかかるの?

トリミングのシャンプー料金、カット料金は、地方によって、大きく差があります。 なので、トリミングの料金ははっきりと何犬はいくらですとは言えません。 その大きさ、毛の質によって、トリミングの時間や大変さも違っていて、一番トリミングの手間がかからない、スムースチワワやミニチュアピンシャーですと、2500〜3500円くらいでしょうか。 カットする毛も足裏の毛くらいですし、シャンプードライングもすぐに終わります。 ミニチュアダックスフントや、ロングコートチワワですと、3000〜4000円くらいです。 マルチーズやヨークシャーテリアですと、4500円〜5000円くらい、 シーズーやポメラニアンは、4500〜5500円くらいです。 柴犬や、コーギー、フレンチブルドッグなどのシャンプーですと、4500〜5000円くらいです。 柴犬やコーギー、フレンチブルドッグは、被毛が密に生えていて、なかなか乾かないのでドライングに時間がかかります。 トイ・プードルやミニチュアシュナウザーですと、5500〜7000円くらいです。 ミニチュア・シュナウザーやトイ・プードルは、トイ・プードルは、スリッカーブラシを使い被毛をまっすぐに伸ばしながら乾かすので、とても手間がかかります。 ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリーバーなどの大型犬は、10000円近くかかるかと思われます。 スタンダードプードルのトリミングは大がかりになるので、10000円以上かかります。 料金は、そのトリミングショップによって、いろいろで、幅が広いので、通えそうなところを絞り、比べてみるといいでしょう。 値段だけでは、決められないので、トリミングの様子や、トリマーとは合いそうかなど、チェックしてみてもいいでしょう。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演

病気・しつけ・介護など

カテゴリー

猫・犬・うさぎの動物病院