予約 TOPへ戻る

東京都下、神奈川県北部、埼玉県中部・南部、千葉県西部も一部往診可能 |10時~21時(年中無休)

アニホック往診専門動物病院

往診専門!病院嫌いのネコちゃんもご自宅で安心受診。ネコちゃん健康応援 往診専門!病院嫌いのネコちゃんもご自宅で安心受診。ネコちゃん健康応援

事前予約で待ち時間なし。
東京都下、神奈川県北部、埼玉県中部・南部、千葉県西部も一部往診可能

アニホック往診専門動物病院 藤野獣医師監修

お問い合わせ

キャンペーン価格

猫フィラリア予防 + 血液検査 + 猫ワクチン

通常 31,900円22,000円

猫フィラリア予防 + 血液検査

通常 25,300円18,000円

血液検査 + 猫ワクチン

通常 22,000円15,000円

猫フィラリア予防 + 猫ワクチン

通常 22,000円15,000円

※単体の価格はお問い合わせください

※税込・往診料・初診/再診料込

ネコちゃんの健康状態把握してますか?

ネコちゃんは人間の
3倍のスピードで歳をとります

気が付いたら病気になってしまい、苦しそうなんてこともよく聞きます。これからも愛するネコちゃんと長く過ごせるように、健康診断・病気予防をしましょう。

お問い合わせ

何が出来るの?

猫フィラリア予防

フィラリア感染症は、フィラリア幼虫を持った蚊に刺されることによって猫の体内に侵入します。 成長したフィラリア成虫は肺や心臓の血管に寄生し発症します。フィラリアに感染しても症状が現れにくく、 症状が現れたときにはすでに体は危険な状態で、命が脅かされていることが多くあります。
最近の調査報告では、フィラリアにかかっている猫は以外と多く、室内だけで生活している猫でも感染していることがわかっています。

猫ワクチン(猫3種混合ワクチン)

完全室内飼育の猫ちゃんでは、3種混合ワクチンが主流です。3種混合ワクチンでは、 猫汎白血球減少症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症が予防することができます。

猫汎白血球減少症

パルボウイルスによる感染症で、下痢や嘔吐など腸炎のような症状を引き起こし、 体力のない子猫や老猫にとっては命取りになることもあります。ウイルスは人の衣服などに 付着して家の中に入ってくる可能性があるので完全室内飼育の猫ちゃんであっても、感染するリスクがあります。

猫ウイルス性鼻気管炎

ヘルペスウイルスによる感染症で、鼻水・くしゃみ・発熱など、風邪の症状を引き起こします。 ヘルペスウイルスは、体内に隠れ、猫ちゃんの免疫力が落ちると再び症状が現れる特徴があります。

猫カリシウイルス感染症

カリシウイルスによる感染症で、風邪症状の他に口内炎や舌の潰瘍など、口の中に症状がみられることです。 口の中の違和感や痛みからよだれが増えたり、食欲が落ちたりします。ヘルペスウイルス同様に一度回復しても長期間ウイルスを排出し続けます。

血液検査(にゃんドッグ)

にゃんドックは、血液検査で肝臓や腎臓などの健康状態をチャックする検査です。 ネコちゃんは成長が早く、飼い主さんが気づかないうちに病気が進行していることも少なくありません。 病気は一見元気そうに見えても、外見からは判断できないものが多いので、 1年に一度血液検査を受け健康管理をしてあげましょう。

検査項目

生化学19項目(クリックで開きます)
総蛋白(TP)
高い場合の疑い

脱水、炎症、B細胞性腫瘍

低い場合の疑い

消化管や腎臓からの喪失、肝不全

アルブミン(ALB)
高い場合の疑い

脱水

低い場合の疑い

消化管や腎臓からの喪失、肝不全

A/G比
高い場合の疑い

-

低い場合の疑い

-

総ビリルビン(T-Bill)
高い場合の疑い

肝疾患、溶血性疾患、胆汁うっ滞

低い場合の疑い

-

AST(GOT)
高い場合の疑い

胆細胞障害、筋障害

低い場合の疑い

-

ALT(GPT)
高い場合の疑い

肝細胞障害

低い場合の疑い

-

ALP
高い場合の疑い

胆汁うっ滞、ステロイド性(犬)、甲状腺機能亢進症、肝リピドーシス、若齢動物

低い場合の疑い

-

r-GTP(GGT)
高い場合の疑い

胆汁うっ滞

低い場合の疑い

-

リパーゼ(Lip)
高い場合の疑い

膵臓疾患、腎血流量低下

低い場合の疑い

-

尿素窒素(BUN)
高い場合の疑い

循環血流量低下、腎疾患、尿路閉塞

低い場合の疑い

肝不全

クレアチニン(Cre)
高い場合の疑い

循環血流量低下、腎疾患、尿路閉塞

低い場合の疑い

-

総コレステロール(T-Cho)
高い場合の疑い

甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、胆汁うっ滞、食後

低い場合の疑い

肝不全、門脈体循環シャント

中性脂肪(TG)
高い場合の疑い

食後、犬種特異的高脂血症など、T-Choとともに判断

低い場合の疑い

-

カルシウム(Ca)
高い場合の疑い

腫瘍性疾患、上皮小体機能亢進症

低い場合の疑い

低アルブミン血症、慢性腎臓病、急性膵炎

無機リン(IP)
高い場合の疑い

腎疾患、若齢動物

低い場合の疑い

-

血糖(Glu)
高い場合の疑い

糖尿病、生理的高血糖(食後、興奮時)

低い場合の疑い

肝不全、副腎皮質機能低下症、インスリノーマ

ナトリウム(Na)
高い場合の疑い

水分の喪失

低い場合の疑い

消化管や腎臓からの喪失、浮腫

カリウム(K)
高い場合の疑い

腎臓からの排泄低下

低い場合の疑い

消化管や腎臓からの喪失

クロール(CI)
高い場合の疑い

通常、Naに付随して変化

低い場合の疑い

通常、Naに付随して変化

お問い合わせ

ご利用の流れ

1

問い合わせフォームまたは
お電話(03-5730-1335)でお問い合わせ!

2

獣医師よりご説明を行い、往診の日程を確定します。その際、ご不安な点やご質問などありましたらお伝えください。

3

ご自宅へ訪問。お申し込みの検査・お薬の処方を実施。

4

お会計(クレジットカードでのお支払いでお願いします)

5

血液検査をご利用の場合は、検査結果をLINE/郵送などでお送りします。異常値がある場合は獣医師よりお電話で直接ご説明いたします。

よくある質問

Q 往診って何ですか?病院とは違うのですか?

A 病院にお越しになるのではなく、獣医師がご自宅まで訪問し診療を行います。病院がきらいなネコちゃんや、高齢・多頭飼いなどで通院が困難な場合、病院の待ち時間が長くなかなか病院に行けてない方にご利用いただくことが多いです。

Q 問い合わせたら費用は掛かりますか?

A お問い合わせ段階では費用は掛かりません。獣医師が訪問し検査・薬の処方を行った後、お会計になります。

Q 支払いはクレジットカードは利用できますか?

A はい。クレジットカードでのお支払いをお願いしています。クレジットカードでのお支払いができない場合は、コンビニ支払いの用紙をお渡ししますので、後日お支払いください。

Q 犬も飼ってます。一緒に診てもらえますか?

A はい。犬用のプランもございますので、お問い合わせの際にお伝えください。

Q 最近ネコちゃんが元気がありません。一緒にみてもらえますか?

A はい。お問い合わせ後のお電話でご相談ください。

Q 血液検査だけ利用できますか?

A はい。価格などは獣医師へお問い合わせください。

Q 土日祝日でも対応可能ですか?

A はい。土日祝日の受診も受け付けています。平日も含め10時~21時までのお時間で訪問可能です。

Q 対応エリアはどこですか?

A 東京都下、神奈川県北部、埼玉県中部・南部、千葉県西部も一部往診可能 です。具体的にご自宅の住所が往診可能なエリアかはお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

必須ご希望のプランをお選びください

料金表はこちら

1.猫フィラリア予防 + 血液検査 + 猫ワクチン

通常 31,900円22,000円

2.猫フィラリア予防 + 血液検査

通常 25,300円18,000円

3.血液検査 + 猫ワクチン

通常 22,000円15,000円

4.猫フィラリア予防 + 猫ワクチン

通常 22,000円15,000円

必須お名前

必須フリガナ

必須メールアドレス

必須メールアドレス (確認用)

必須電話番号

必須ご住所

※番地までご入力ください。

必須ネコちゃんの名前

任意往診希望日

■ 希望日がある方

任意ご希望ご連絡手段

任意その他

下記をご確認いただき、予約を完了してください

必須往診車を止めるスペースがありますか?ない場合は、パーキング利用料金のご負担をお願いしています。

必須お支払いはクレジットカード・QRコード払い(paypayなど)をお願いしております。それ以外の支払い方法を希望の場合は事前にご相談いただきますようお願いいたします。

任意webへの症例例記載に関するお願い

アニホックホームページに症例例を個人が特定できないような方法で記載させていただきます。記載を希望されない方はチェックを入れてください。

猫・犬・うさぎの動物病院