ミドリカナヘビの消化管うっ滞

動物種:ミドリカナヘビ

ミドリケナヘビ

年齢:不明

性別:メス

主訴

1ヶ月ほど前から食欲が落ちてきて、体重も減少してきた。目を瞑っている時間も多い。

 

身体所見

CB個体、体重:34.0g BCS:3~4

視診:閉眼、活動性の低下

触診:消化管の張り

検査内容

レントゲン検査:消化管内に大量のガスを確認、明らかな閉塞初見はなし

血液検査:未実施

診断

消化管うっ滞

治療方針

皮下補液、消化管機能改善薬の投与、飼育環境改善・温浴指示

→Day3から反応性が上がってきており、Day8から自食開始

コメント

カナヘビの食欲低下の原因は下記のことが考えられます。

室温が低い

変温動物のため室温が低すぎると活動量が低下し、食欲不振に陥ます。

ストレス

ヒトが触りすぎたり構いすぎることや、急にケージの模様替えや環境の変化があるとストレスによって食欲低下に陥ることがあります。

脱皮の影響

脱皮をする数日前から食欲が落ちてしまうこともあります。

今回は経過が長かったため直接の原因が何かははっきりしませんが、胃腸の動きが悪くなってしまったため消化管うっ滞を起こしてしまったと考えられます。

エキゾチックアニマル情報
Animal Information

エキゾチックアニマル情報一覧

フェレット
フェレットのインスリノーマ:症状から治療、予防まで完全ガイド
フェレットは人気のペットとして多くの日本の家庭で飼われています。その魅力は多く、愛嬌があり、遊び好きであり、少ないスペースで気軽に飼える点があります。しかし、フェレットにも多くの健康問題が存在し、その一つが「インスリノー
ウサギの歯が健康で幸せ!歯科疾患の予防とケアについて
東京都新宿区 高田馬場動物病院byアニホックでは、エキゾチックアニマル専門外来を行っています。エキゾチックアニマル専門に診療を行っている獣医師がうさぎやハムスターはもちろん、ヘビやトカゲ、猛禽類など多種多様な エキゾチッ
愛するうさぎの健康を守る:皮膚病の全てを解説 - 原因、症状、検査、治療から予防まで
東京都新宿区 高田馬場動物病院byアニホックでは、エキゾチックアニマル専門外来を行っています。エキゾチックアニマル専門に診療を行っている獣医師がうさぎやハムスターはもちろん、ヘビやトカゲ、猛禽類など多種多様な エキゾチッ
うさぎの外耳炎完全ガイド:原因、症状、検査から治療、予防まで
東京都新宿区 高田馬場動物病院byアニホックでは、エキゾチックアニマル専門外来を行っています。エキゾチックアニマル専門に診療を行っている獣医師がうさぎやハムスターはもちろん、ヘビやトカゲ、猛禽類など多種多様な エキゾチッ

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-8-26
興和ビルディングB1F-1F

03-3200-0076

診療時間

月・火・木・金・土・日

午前10:00〜12:00
午後15:00〜19:00

休診日

水曜日

※エキゾチック科は、木曜日日曜日のみ。