予約 TOPへ戻る

犬の目やにや涙が多い

アニホック往診専門動物病院

犬の目やにや涙が多い

犬の目やにや涙が多い

目やにや涙が多い場合でも心配のいらないものもありますが、増えた場合や結膜の充血(目が赤い)、羞明(目をまぶしそうにシパシパさせること)などの症状を伴う場合は治療が必要になります。

犬の目やに・涙が出る原因

目やにや涙が多い場合でも、生理的なもので心配のいらないものもあります。
ただ、急に目やにや涙が増えた場合や結膜の充血(目が赤い)、羞明(目をまぶしそうにシパシパさせること)などの症状を伴う場合は、眼球や目の周辺器官(結膜や眼瞼)が何かしらの原因で炎症を起こしている可能性があり治療が必要になります。

考えられる病気

アレルギー

食べ物や花粉、ハウスダストなどが原因で起こります。犬のアレルギーの主な症状は、皮膚炎で、目の周りの皮膚に炎症が起こすと、結膜炎を引き起こして目やにや涙が出るなどの症状が現れます。

角膜炎

外傷や感染症、免疫異常などが原因で起こります。「目やにや涙が出る」ほかに、「目をこする」「目が赤い」「羞明」など症状があります。
また、角膜炎がひどいと角膜白濁や角膜潰瘍に進行してしまうことがありますので、早期発見・早期治療が大切です。

ドライアイ

涙を分泌する腺(涙腺)に対しての免疫異常によって涙の量が減ってしまう病気です。涙の量は減りますが、その代わりに黄色~緑色のネバネバした目やにが多量に出ます。そのため角膜表面が乾燥してしまい結膜の充血や角膜潰瘍、角膜の色素沈着などの症状が見られます。

まつ毛の異常

逆さまつげや通常の場所以外にまつ毛が生えてしまう(異所性睫毛)生え方の異常によっても目やに涙が多くなります。また、まつ毛の刺激によって結膜の充血、違和感や痒みなどの症状が見られます。

眼瞼内反症・外反症

瞼(まぶた)が内反や外反することにより起こります。そのため刺激によって目やにや涙が多くなったり、痒みや結膜の充血などの症状が見られます。

往診での診察の流れ

例えば)軽度角膜炎の場合

目やにや涙が多い場合、まず検眼鏡による視診、涙量の測定(シルマー試験)、角膜炎の有無の検査(フルオル試験)を行います。もし、一連の検査の中で角膜炎と診断ができたならば、抗生物質、角膜保護、消炎のための目薬や内服薬を処方します。また、目を気にしている場合、エリザベスカラーで目を傷つけないような工夫も必要になります。
角膜炎は急に悪化することがあるため、3~4日後に再診にて改善状況を確認します。改善していれば、再度7~10日後に再診にて、必要な検査で確認したのち、治療終了になります。

診療費の目安(税込)

例えば)軽度角膜炎の場合

診療内容 目的 価格 保険適用対象
往診料 5,500円
初診料 2,200円
シルマー試験 涙量の測定 2,200円
フルオル試験 角膜の傷の確認 2,200円
点眼薬(2種類) 症状の緩和 3,300円
合計 15,400円
保険負担分 保険負担70%の場合 -6,930円
飼い主負担額 8,470円
注意事項

実際の症状によって診療検査内容は異なります。
ご加入のペット保険の種類によって金額が変更となる可能性があります。

Contact

診療の予約はこちら

03-5730-1335(10時~21時)

または

ウェブから予約

LINE

事前のご相談も承っております

猫・犬・うさぎの動物病院