犬の乳がんを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の乳がんは注意すべき病気の一つです。中高齢のメス犬で多く見られ、乳腺腫瘍の50%は悪性腫瘍であると言われています。
この記事では、犬の乳がんの主要な症状、発生原因、治療法、予防策について、詳しく解説します。

症状

犬の乳がんの最も一般的な初期症状は乳腺のしこりです。これらのしこりは硬く、表面が不均一であることが多く、触診により容易に感知できます。しこりは一つだけでなく、複数存在することもあります。
また、皮膚に変色やひきつれが見られる場合も乳がんの兆候である可能性があります。
さらに、愛犬が乳腺を気にして舐めたり噛んだりする行動も、異常があるサインとして重要です。

犬の乳がんが進行すると、腫瘍が拡大し乳房周辺の腫れや赤みが現れます。また、食欲の低下や嘔吐などの全身的な症状が伴うこともあります。
これらの症状が見られた場合は、すぐに動物病院を受診することが重要です。

原因

犬の乳がんの発生には複数の要因が関与していますが、遺伝的要素が一つの大きなリスクと考えられています。特定の犬種に発症が多い傾向が見られることから、遺伝的背景が影響していることが示唆されます。さらに、加齢も重要な要因であり、特に7歳以上の犬に多く見られます。
また、女性ホルモンも乳がんリスクに大きく影響を与えます。避妊手術を行っていない女の子の犬は、避妊手術を受けた犬に比べて乳がんのリスクが高くなるとされています。

治療方法

犬の乳がんが初期段階で発見された場合、手術が最も有効な治療方法となります。手術では、がんが発生した乳腺だけでなく、隣接する乳腺も含めて切除します。
早期の段階で完全に切除することができれば、再発のリスクを大幅に低減できます。
また、病理検査によりがんの種類を特定した後、必要に応じて化学療法を行うこともあります。化学療法は、手術だけでは除去しきれなかったがん細胞を殺すために用いられます。

進行した乳がんの場合、治療の選択肢はより複雑になります。放射線治療は、手術で完全に摘出できなかったがん細胞を対象に行います。これにより、がんの拡散を抑え、痛みを管理する助けとなることがあります。
また、乳がんの症状緩和のためには、痛みの管理や食事管理など、生活の質の向上のための対処療法も重要です。

さらに、治療後は再発を防ぐために身体検査や画像診断などの定期的な検査が必要です。また、適切な体重管理と食事は再発のリスクを減らすために推奨されます。

予防策

乳がんを予防するためには、避妊手術を行うことが有効な予防策です。
手術を早期に行うことで乳がんの発症リスクを大幅に減少させることができます。
また、健康的な体重を維持することも重要であり、肥満は乳がんのリスクを高める可能性があるため、バランスの取れた食事と定期的な運動が大切です。

加えて、乳がんの早期発見と治療のためにも、定期的な検査に加えてご自宅でもチェックを行うようにしましょう。日頃から愛犬とのスキンシップの一環として乳腺を触診し、異常があればすぐに獣医師に相談することが重要です。

まとめ

犬の乳がんは、適切な予防と早期発見が可能であれば、治療の成功率を高めることができます。飼い主の皆様には、定期的な健康診断やご自宅でのチェックを日頃から心がけていただきたいと思います。
もしも乳がんの疑いがある場合や、異常を感じた場合には、すぐに動物病院を受診しましょう。

犬の腫瘍の病気一覧

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演